プロフィール

sss

Author:sss

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

MASTER FXメルマガ
MASTER FXメルマガ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

569:東証大引け、3日続伸し約10カ月ぶりの高値水準 TOPIX11連騰

2009/07/31 (Fri) 23:38
涼しげだった今日は豆腐料理を食べに行き、さっぱりしてきました。
さて東京市場はアツイ展開が続いていますのでしっかり振り返っていきましょう。

日経平均終値、今年最高値の1万356円
http://s78.biz/k/xpcw

31日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸。大引けは前日比191円62銭(1.89%)高の1万356円83銭と、連日で年初来高値を更新した。昨年10月6日(1万473円9銭)以来、約10カ月ぶりの高値水準。主要企業による4?6月期決算の発表がヤマ場を迎え、決算内容を見て業績の底入れを確認した銘柄へ買いが膨らみ、相場全体を押し上げた。東証株価指数(TOPIX)は1990年4月27日?5月16日以来、19年3カ月ぶりの11連騰。大引けは13.32高の950.26と、6月12日に付けた年初来高値(950.54)に接近した。

前日の米株高も追い風になった。前日のシカゴ市場の日経平均先物が大きく上昇した流れを引き継ぎ、朝方から先物主導で買いが先行。米企業業績の底入れ観測を映し、前日に決算発表したソニーのほか、トヨタやキヤノンなど輸出関連の主力銘柄も買われた。ただ、上値ではいったん利益を確定するための売りもみられ、決算内容を好感して朝方に買われたソフトバンクや三菱電など下げに転じる銘柄もあった。

東証1部の売買代金は概算で1兆7434億円と、6月23日(1兆8537億円)以来の高水準。同売買高も23億9424万株と24日(25億9410万株)以来の多さだった。東証1部の値上がり銘柄数は全体の57%に相当する966、値下がりは同34%の578、変わらずは144だった。

みずほFG、三井住友FG、三菱UFJの3メガバンクが商いを伴って上昇。三井不や菱地所、野村不HDが買われ、業種別TOPIXでは「不動産業」が上昇率で首位だった。三菱商、三井物も高く、野村、大和も上昇。一方、前日まで12連騰した東芝が反落。GSユアサ、日産自、住金が安く、第一三共、NTTドコモも売られた。

東証2部株価指数は反発。大幸薬品、大研医器、日精機が上昇。半面、ラオックス、オーベクス、早稲アカが下げた。

連日東京市場も盛り上がりを見せてきたなと思っております。企業の決算発表もだいぶ出そろい様々な形で影響が出ているもののこれから期待の持てる展開になってきたのではないでしょうか。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
スポンサーサイト

池田のひとり言コメント(0)

568:夏のボーナス大幅減!堅実投資で自分の身を守りましょう!

2009/07/31 (Fri) 19:14
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
今日の東京株式市場は続伸して始まった。昨日の米国株式市場は反発。
外為市場で円相場が円安方向に振れていることもあり、東京市場では
買いが先行した。
主要企業の4-6月期決算で、企業収益の回復が顕著な企業が多く、
買い安心感が広がっている。日経平均は109円高で始まった後、一時
伸び悩む場面もあったが、下値は堅かった。
一方、上値では利益確定売りも多く、前場は比較的狭いレンジでの
推移となった。

後場に入って、アジアの株式市場が堅調に推移したこともあり、日経平均は
上げ幅を拡大。一時193円高まであった。決算を発表した企業が個別に
売買されたが、今晩米国で発表されるGDPを見極めたいとする向きも多く、
全体としては次第に模様眺めムードが強くなった。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

3銘柄

本日はダウの上昇と、円が安定して安い水準で推移、企業決算の好調などを
受けて大幅続伸する展開の中、配信3銘柄中1銘柄が利食いポイント達成!
ほかの2銘柄はデイでの利食いはできなかったものの仕込みとしては
絶好!週明けからの上昇に期待の持てる配信となった。

また、本日も新たな直近仕込み銘柄は次々と爆発&一段高し、利食い日和
となった。

【最近の配信結果】
●7月13日(月)に配信致しました伊予銀行【8385:終値 944円】が
上昇を続け、本日 992円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

●7月14日(火)に配信致しました良品計画【7453:終値 3,850円】が
上昇を続け、本日 3,950円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月14日(火)に配信致しました三菱UFJリース【8593:終値 2,610円】が
上昇を続け、本日 2,925円をつけました。
配信株価より112%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しましたゼビオ【8281:終値 1,797円】が
上昇を続け、本日 2,075円をつけました。
配信株価より115%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しました豊田通商【8015:終値 1,246円】が
上昇を続け、本日 1,464円をつけました。
配信株価より117%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しましたきんでん【1944:終値 749円】が
上昇を続け、本日 800円をつけました。
配信株価より107%の上昇を記録しております。

●7月16日(木)に配信致しましたコーセー【4922:終値 1,881円】が
上昇を続け、本日 1,940円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月17日(金)に配信致しましたトーカロ【3433:終値 1,223円】が
上昇を続け、本日 1,739円をつけました。
配信株価より142%の上昇を記録しております。

●7月21日(火)に配信致しましたグリーンホスピタルサプライ【3360:終値 46,700円】が
上昇を続け、本日 54,800円をつけました。
配信株価より117%の上昇を記録しております。

●7月21日(火)に配信致しましたNECキャピタルソリューション【8793:終値 1,270円】が
上昇を続け、本日 1,369円をつけました。
配信株価より108%の上昇を記録しております。

●7月22日(水)に配信致しました米久【2290:終値 882円】が
上昇を続け、本日 910円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月23日(木)に配信致しましたフューチャーアーキテクト【4722:終値 39,200円】が
上昇を続け、本日 40,950円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。

●7月27日(月)に配信致しました日本たばこ産業【2914:終値 258,100円】が
上昇を続け、本日 274,300円をつけました。
配信株価より106%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆

初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(7月分、8月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/

━━━━━

★有料会員の皆様には毎日を基本とし短期上昇銘柄をメールで配信します★

ミクシィID:http://mixi.jp/show_friend.p...=18658673
ザラ場でも日記更新中、マイミクも募集してます!

━━━━━

スナイパートレード http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

567:ゼロ金利政策は「アリスのワンダーランド」

2009/07/31 (Fri) 15:45
今日は少し涼しげな天気で冷房いらずだなと思って風を感じながら取引にいそしみました。

さて今日は日銀の金利についてのニュースをキャッチ☆

日本銀行は31日、1999年1?6月の金融政策決定会合の議事録を公表した。

事実上のゼロ金利政策導入を決めた2月12日の会合で、速水優総裁(肩書は当時)が「どの程度十分な効果を持つか正直申し上げて自信がない」と吐露。

ある委員は「童話のアリスの国のようなワンダーランドへ踏み込む」と感想を漏らすなど、効果に確信を持てないままゼロ金利政策に踏み切った生々しいやりとりが明らかになった。

当時は、98年暮れにかけて日本長期信用銀行や日本債券信用銀行が相次ぎ一時国有化された直後で、昨秋の金融危機直後の状況と共通点も多い。当時の教訓から、今回の危機では、米国が迅速に事実上のゼロ金利政策に踏み切るなどの対応をみせた。

会合では、速水総裁は「金融面から精一杯の下支えをするのが適当」と、ゼロ金利政策を主張した。しかし、藤原作弥副総裁が「未知の探検」と指摘するなど不安を抱えたままの決断だった。

ゼロ金利政策は現在アメリカでも継続されているわけですが実際のところでどの程度効果が出ているのかは私自身未知数な部分でもあります。

日本の銀行金利もスズメの涙以下のような気がします。

海外の銀行では金利の高い金融商品や定期預金などが数多く存在します。

その事実をご存じでしょうか?

まだその事実を知らないのでしたらぜひ一度ご自身の目でご確認してみてはいかがでしょうか?
http://www.jphatan.com/?244

池田のひとり言コメント(0)

566:東証大引け、約10カ月ぶり高値 回復期待で自動車や電機が上昇

2009/07/30 (Thu) 20:27
今日は夏日でとても暑かったように思います。個人的にアイスクリームを久しぶりに食べてくなった日だったのでそれくらい暑い日だったなという印象です。普段私はアイスクリームって食べないんですけどね。

さて今日の東京市場を振り返ってみましょう。

30日の東京株式市場で日経平均株価は続伸。大引けは前日比51円97銭(0.5%)高の1万165円21銭と6月12日以来、1カ月半ぶりに年初来高値を更新。2008年10月6日(1万473円09銭)以来ほぼ10カ月ぶりの水準に上昇した。ホンダが前日に2010年3月期の業績予想を上方修正するなど、主要企業の一部で収益の持ち直しを示す材料が相次ぎ業績回復を期待した買いが優勢になった。円相場が1ドル=95円台前半まで下落したことや、前日に急落した上海総合指数の下げが一服したことも投資家心理の改善につながった。東証株価指数(TOPIX)は10日続伸し、2004年8月17?30日以来の連騰記録となった。

前日はホンダのほか日産自が4?6月期で営業黒字を確保したと発表し、自動車株を中心に収益の回復期待が強まった。きょうの取引時間中に4?6月期決算を発表した三菱電が大幅高となり、大引け後に決算発表を控えた同業他社にも物色が広った。

経済産業省が朝方に発表した6月の鉱工業生産指数速報は4カ月連続で改善し、4?6月期は5四半期ぶりに上昇した。市場では予想の範囲内との見方が多かったが、企業の生産活動が回復に向かっているとして買い安心感につながった。

一方、相場が年初来高値圏にあることから高値警戒感が根強く、前日に急落した上海株式相場への警戒感もあり日経平均は一時下げに転じた。円相場が一時1ドル=94円台後半まで下げ渋ったこともあり、45円安の1万67円まで下落する場面があった。

東証1部の売買高は概算で19億4641万株と前日を上回った。売買代金は同1兆5000億円で、24日(1兆6102億円)以来の多さだった。値上がり銘柄数は675と全体の4割弱にとどまった。値下がりは834、変わらずは173だった。

ホンダや日産自が急伸。トヨタ、スズキなど他の自動車株にも買いが広がった。三菱電が年初来高値を更新したほか、大引け後に決算発表を控えたソニーも買われた。前日に4?9月期の営業損益で黒字を目指すとした東芝も上昇した。一方、国際商品相場の下落を受けて住友鉱が下げた。午後に2010年3月期の業績予想を下方修正した住金が下落。4?6月期の営業損益が209億円の赤字となったNECエレも売られた。

東証2部株価指数は反落。オリコ、中央電が下落した。半面、日立システム、大幸薬品が上げた。

今日は自動車業界などの活性化により1万円代を維持できていることもあり明日からも期待のもてる展開となってると思っております。また明日は月末の金曜ということもあり利益確定の売りもでそうなので早めに手仕舞いということも考えて取引していきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

565:満員御礼!新規メルマガ会員の定員に達しましたので一旦募集締め切りです!

2009/07/30 (Thu) 19:03
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
今日の東京株式市場は続伸して始まった。昨日の米国株式市場は、
NYダウが続落となったが、外為市場で円相場がやや円安方向で推移
していることや、ホンダが業績予想を上方修正するなど主要企業の業績に
やや明るい見通しが出てきたことなどから、寄付き段階では買いが先行した。
また、東芝が12連騰、GSユアサや明電舎が大商いとなるなど、個別銘柄は
賑わった。ただ、前場中頃からは次第に見送りムードが強くなった。
昨日急落した上海市場は反発して始まり、この点についてはやや安心感が
広がった。

後場に入っても日経平均は前日終値近辺での小動きとなったが、引けにかけて
プラスに転じた。TOPIXは10連騰となった。個別に決算を発表した
銘柄の売り買いは活発だったが、全体としてはやや模様眺め気分が強い
展開となった。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

1銘柄

本日はやや円安に振れたり主要銘柄の決算が好調なことを受けて、続伸する
展開の中、配信1銘柄はデイでの利食いはできなかったものの仕込みとしては
絶好!明日からの上昇に期待の持てる配信となった。

また、本日も新たな直近仕込み銘柄は次々と爆発&一段高し、利食い日和
となった。

【最近の配信結果】
●7月14日(火)に配信致しました三菱UFJリース【8593:終値 2,610円】が
上昇を続け、本日 2,900円をつけました。
配信株価より112%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しましたゼビオ【8281:終値 1,797円】が
上昇を続け、本日 1,968円をつけました。
配信株価より110%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しました豊田通商【8015:終値 1,246円】が
上昇を続け、本日 1,448円をつけました。
配信株価より116%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しましたきんでん【1944:終値 749円】が
上昇を続け、本日 799円をつけました。
配信株価より107%の上昇を記録しております。

●7月16日(木)に配信致しましたコーセー【4922:終値 1,881円】が
上昇を続け、本日 1,936円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月17日(金)に配信致しましたトーカロ【3433:終値 1,223円】が
上昇を続け、本日 1,728円をつけました。
配信株価より141%の上昇を記録しております。

●7月21日(火)に配信致しましたNECキャピタルソリューション【8793:終値 1,270円】が
上昇を続け、本日 1,361円をつけました。
配信株価より107%の上昇を記録しております。

●7月22日(水)に配信致しました米久【2290:終値 882円】が
上昇を続け、本日 906円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月23日(木)に配信致しましたフューチャーアーキテクト【4722:終値 39,200円】が
上昇を続け、本日 41,100円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

●7月27日(月)に配信致しました日本たばこ産業【2914:終値 258,100円】が
上昇を続け、本日 275,000円をつけました。
配信株価より107%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆

初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(7月分、8月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/

━━━━━

★有料会員の皆様には毎日を基本とし短期上昇銘柄をメールで配信します★

ミクシィID:http://mixi.jp/show_friend.p...=18658673
ザラ場でも日記更新中、マイミクも募集してます!

━━━━━

スナイパートレード http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

564:米景気後退、終わりの始まりが見られつつある可能性

2009/07/30 (Thu) 10:16
米景気後退、終わりの始まりが見られつつある可能性http://s78.biz/k/foxg

オバマ米大統領は29日、米国では「景気後退の終わりの始まり」が見られている可能性があるとの認識を示した。
同大統領はタウンホール集会で「市場は上向き、金融システムはもはや崩壊の瀬戸際にはない。わたしが6カ月前に就任したときと比べて、雇用喪失は約半分のペースとなっている」と指摘した。
自動車大手ゼネラル・モーターズとクライスラーの政府による救済について、両社が破たんすれば経済は大混乱に陥っていたとの見方を示し「(救済の結果)数十万人の雇用を救った。われわれの資金は返済されると考えている」と述べた。

このようにオバマ大統領は着任早々の金融危機を乗り切ったと思わせるような発言をしている。
今後米国経済についてはまだまだ不安定要素があるものの最大の危機を脱したというところでしょうか。

そうなってくると日本経済はどうなるのか。
そこをしっかりと考えていかねばならないでしょう。
日本の負債は膨らむばかり。。。
米国経済に隠れていた日本経済の負の遺産が露呈してくるのではないでしょうか。

そうなったとき貴方の資産は大丈夫ですか?
不安を抱えていらっしゃる方はぜひ一度ご一読ください。
http://www.jphatan.com/?244

池田のひとり言コメント(0)

563:ホンダと日産、減益8割超

2009/07/30 (Thu) 09:39
今日も夏らしい天気になりそうで気持ちがいいですね!汗をかきながらの取引も季節を感じるといったところでいいのではないでしょうか。リフレッシュも兼ねて日光浴して自然にやいてもいいかもしれないですね。

さて今日は昨日発表されたホンダと日産のニュースをキャッチ☆

ホンダと日産、減益8割超
http://s78.biz/k/smke

ホンダと日産自動車は29日、2009年4?6月期連結決算を発表した。世界的な自動車需要の低迷で売上高が大きく落ち込んだ上に、円高が追い打ちをかけ、営業利益はホンダが前年同期比88.0%減の251億6400万円、日産が85.5%減の116億100万円と、いずれも大幅減益となった。純損益は、ホンダが黒字を確保したものの、日産は赤字となった。
ホンダの売上高は30.2%減の2兆0022億円。乗用車の世界販売台数は20.4%減の76万6000台。国内販売はハイブリッド車(HV)や小型車の好調で前年並みを維持したが、主力の北米で3割減少したことが響いた。1ドル=95円の想定レートを一時上回った円高も収益を圧迫した。
日産は売上高が35.5%減の1兆5148億円。世界販売台数は22.8%減の72万3000台。中国が1割増と好調だったが、米国が3割減、日本と欧州が各2割減だった。

自動車業界を席巻したビックスリーの破綻などもあり冷え込んだ形となった。ただエコカー減税なども後押しして業績回復のめどを立てているのではないかと思っております。
本日は株価を下げているものの期待の持てる展開になるのではないかと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

562:東証大引け、反発 業績の底入れ期待で 一時年初来高値上回る

2009/07/30 (Thu) 01:09
今日も蒸し暑い一日で外に出ると何もしてなくてもあせだくになりそうな一日だなと思いました。今日は眼疲労がちょっと酷く、愛用のアイマスクで疲労回復しつつの取引でした。

さて今日の東京市場を振り返ってみましょう。

29日の東京株式市場で日経平均株価は小反発。大引けは前日比25円98銭(0.26%)高の1万113円24銭だった。JFEやキヤノンなど四半期決算発表をきっかけに業績の底入れ期待が膨らんだ銘柄を中心に買いが集まった。6月12日の年初来高値を上回る場面もあったが、短期的な上昇ピッチの速さに対する警戒感は強く、利益確定の売りが上値を抑えた。東証株価指数(TOPIX)は3月13?26日以来となる9日続伸。

外国為替市場での円相場の上昇を嫌気した売りで、朝方の日経平均は1万円近辺まで下げる場面があったが、これまでの株高でリスクを取りやすくなった個人投資家などの押し目買い意欲は強かった。

後場の取引時間中に4?6月期決算と併せて4?9月期の最終赤字が従来予想より拡大すると発表した新日鉄は下げ幅を広げたが、引き続き主要企業の決算内容を見極めたいとのムードは強く、相場全般への影響は限られた。

業種別TOPIX(全33業種)では、精密機器、電機、情報通信が上昇。半面、海運、鉱業、不動産は下げが目立った。

東証1部の売買代金は概算1兆4004億円、売買高は同19億4570万株。東証1部の値上がり銘柄数は739と値下がり数の807を下回った。横ばいは132。

GSユアサが買われ、ホンダ、ソニー、日立が上昇。NTT、KDDI、ソフトバンクが高い。半面、三井住友FG、三菱UFJ、みずほFG、野村が下落。三井不、菱地所、JR東日本、イオンが安い。商船三井が売られた。

東証2部株価指数は反発。ラオックス、日立システムが高い。半面、大幸薬品、オリコが安い。

今日は1万円台を維持しつつ反発したことでこのまま1万円台を維持し続けるのではないかと思わせるような展開だったように思います。ニューヨークの動きによってはまだまだ気が抜けない展開が続きますからしっかりとこういう時期だからこそ気を引き締めていきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

561:直近仕込み銘柄、本日も爆発!安定した株式投資を目指すならスナイパートレード!

2009/07/29 (Wed) 19:40
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
今日の東京株式市場は続落して始まった。昨日の米国株式市場は、
NYダウが4営業日ぶりに反落となった。
外為市場で円相場がやや円高方向で推移していることもあり、東京株式市場は
売りが先行した。日経平均は51円安で始まったが、下値を売る動きはなく、
その後プラスに転じた。

後場に入って、外為市場で円高が進んでいることや、香港や上海の株式市場が
軟調なことが重しとなり、日経平均はマイナスに転じた。
しかし、やはり下値を売る動きとはならず、その後は概ね小幅高水準での
推移となった。個別銘柄の物色意欲は旺盛で、GSユアサが商いを伴って
上げ幅を拡大した。13時30分に9月中間期の業績予想を下方修正した
新日鉄がマイナスに転じたが、相場全体への影響は見られなかった。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

2銘柄

本日は昨日で続伸ストップとなったが、再び小幅に反発する展開の中、配信
2銘柄はデイでの利食いはできなかったものの仕込みとしては絶好!
明日からの上昇に期待の持てる配信となった。

また、本日も新たな直近仕込み銘柄は次々と爆発&一段高し、利食い日和
となった。

【最近の配信結果】
●7月8日(水)に配信致しました大和工業【5444:終値 2,520円】が
上昇を続け、本日 2,855円をつけました。
配信株価より113%の上昇を記録しております。

●7月9日(木)に配信致しましたAOCホールディングス【5017:終値 814円】が
上昇を続け、本日 900円をつけました。
配信株価より111%の上昇を記録しております。

●7月9日(木)に配信致しました日本ハム【2282:終値 1,085円】が
上昇を続け、本日 1,128円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。

●7月13日(月)に配信致しました阪和興業【8078:終値 332円】が
上昇を続け、本日 400円をつけました。
配信株価より120%の上昇を記録しております。

●7月14日(火)に配信致しました三菱UFJリース【8593:終値 2,610円】が
上昇を続け、本日 2,920円をつけました。
配信株価より112%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しましたゼビオ【8281:終値 1,797円】が
上昇を続け、本日 1,962円をつけました。
配信株価より109%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しました豊田通商【8015:終値 1,246円】が
上昇を続け、本日 1,445円をつけました。
配信株価より116%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しましたきんでん【1944:終値 749円】が
上昇を続け、本日 804円をつけました。
配信株価より107%の上昇を記録しております。

●7月16日(木)に配信致しましたコーセー【4922:終値 1,881円】が
上昇を続け、本日 1,932円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月17日(金)に配信致しましたトーカロ【3433:終値 1,223円】が
上昇を続け、本日 1,735円をつけました。
配信株価より142%の上昇を記録しております。

●7月21日(火)に配信致しましたグリーンホスピタルサプライ【3360:終値 46,700円】が
上昇を続け、本日 54,700円をつけました。
配信株価より117%の上昇を記録しております。

●7月22日(水)に配信致しました米久【2290:終値 882円】が
上昇を続け、本日 904円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月23日(木)に配信致しましたフューチャーアーキテクト【4722:終値 39,200円】が
上昇を続け、本日 41,100円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆

初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(7月分、8月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/

━━━━━

★有料会員の皆様には毎日を基本とし短期上昇銘柄をメールで配信します★

ミクシィID:http://mixi.jp/show_friend.p...=18658673
ザラ場でも日記更新中、マイミクも募集してます!

━━━━━

スナイパートレード http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

560:コンビニ1店の食品廃棄、1日12キロにも

2009/07/29 (Wed) 09:38
コンビニ1店の食品廃棄、1日12キロにも
http://s78.biz/k/utar

今日はコンビニ業界のニュースをキャッチ☆

公正取引委員会が、コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパンに対し、販売期限が近づいた食品を値下げする「見切り販売」の制限に排除措置命令を出したことを受けて、読売新聞は主要コンビニ11社に緊急アンケートを実施した。

見切り販売については、明確に容認する社はゼロで、値下げ販売に対するコンビニの強いアレルギーが改めて浮き彫りになった一方、売れ残った食品を廃棄する量は、1店舗あたり1日8?12キロに上ることも明らかになった。

アンケートは7月中旬までに行い、11社のうち10社が回答。10社で国内に約4万2500店を展開し、コンビニ全体の約95%を占める。

加盟店の見切り販売を巡っては、ファミリーマートは見切り販売を「やめるべき」と回答。セブン、サークルKサンクス、ミニストップは「価格は加盟店が決める」と答えた。

ローソンは「地域ごとで対応すべき」とし、他の5社は「どちらともいえない」だった。ただ、セブンについては、アンケート回答後、見切り販売容認の方針を決めたことが分かっており、今後、他のコンビニにも容認の動きが広がる可能性もある。

弁当などの廃棄では、セブン、エーエム・ピーエム・ジャパン(am/pm)、スリーエフの3社が「やめるべきでない」と回答。廃棄する量は7社が回答し、1店舗あたり8・45?12キロとなり、標準的な弁当で20?30個、おにぎりで70?100個程度が毎日各店舗で捨てられている計算となる。

セブンイレブンの見切り品の問題を発端に見切り品の値引き販売議論が過熱している。
フランチャイズオーナーとしては買い取りになるため見切り品として販売して少しでも売りたいという気持ちがあるようですね。個人的には廃棄してしまうよりは見切り品でも購入する人はいると思いますので販売してもいいのではないかと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

559:★直近仕込み銘柄★110%上昇続出!メルマガ会員残り5名でいったん締切ります!

2009/07/29 (Wed) 00:15
いつもありがとうございます。
スナイパートレード(http://kabuocool.com/)です。

━━━━━

【本日の市場概況】
今日の東京株式市場は続伸して始まった。昨日の米国株式市場が小幅ながら
上昇したことや、外為市場で1ドル=95円台前半で落ち着いた動きと
なっていることなどから、やや買いが先行した。
一方、日経平均は昨日まで9日連続高で年初来高値近辺にあり、利益確定
売りも高水準。日経平均は28円高で始まった後、マイナスに転じた。
その後は前日終値近辺で小動きとなった。日本企業の4-6月期決算に
対する期待がある一方、不安感も根強く、売り買いともに手控えられた。

後場に入って日経平均はやや軟調。一時前場の安値を下回った。しかし
下値を売る動きはなく、その後は概ね小幅安水準で推移した。
売るにも買うにも手掛り材料不足で、様子見気分の強い展開となった。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

2銘柄

本日は昨日までの9連騰で過熱感が高まり、小幅に下げる展開の中、配信
2銘柄はデイでの利食いはできなかったものの仕込みとしては絶好!
明日からの上昇に期待の持てる配信となった。

また、本日も新たな直近仕込み銘柄は次々と爆発&一段高し、利食い日和
となった。

【最近の配信結果】
●7月8日(水)に配信致しました大和工業【5444:終値 2,520円】が
上昇を続け、本日 2,865円をつけました。
配信株価より114%の上昇を記録しております。

●7月9日(木)に配信致しましたAOCホールディングス【5017:終値 814円】が
上昇を続け、本日 905円をつけました。
配信株価より111%の上昇を記録しております。

●7月10日(金)に配信致しましたマルエツ【8178:終値 440円】が
上昇を続け、本日 471円をつけました。
配信株価より107%の上昇を記録しております。

●7月13日(月)に配信致しました阪和興業【8078:終値 332円】が
上昇を続け、本日 389円をつけました。
配信株価より117%の上昇を記録しております。

●7月14日(火)に配信致しました良品計画【7453:終値 3,850円】が
上昇を続け、本日 3,960円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月14日(火)に配信致しました三菱UFJリース【8593:終値 2,610円】が
上昇を続け、本日 2,890円をつけました。
配信株価より111%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しました豊田通商【8015:終値 1,246円】が
上昇を続け、本日 1,439円をつけました。
配信株価より115%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しましたきんでん【1944:終値 749円】が
上昇を続け、本日 788円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

●7月21日(火)に配信致しましたグリーンホスピタルサプライ【3360:終値 46,700円】が
上昇を続け、本日 52,700円をつけました。
配信株価より113%の上昇を記録しております。

●7月21日(火)に配信致しましたNECキャピタルソリューション【8793:終値 1,270円】が
上昇を続け、本日 1,423円をつけました。
配信株価より112%の上昇を記録しております。

●7月22日(水)に配信致しました米久【2290:終値 882円】が
上昇を続け、本日 900円をつけました。
配信株価より102%の上昇を記録しております。

●7月23日(木)に配信致しました伊藤忠エネクス【8133:終値 557円】が
上昇を続け、本日 593円をつけました。
配信株価より106%の上昇を記録しております。

●7月23日(木)に配信致しましたフューチャーアーキテクト【4722:終値 39,200円】が
上昇を続け、本日 40,850円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆

初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(7月分、8月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/

━━━━━

★有料会員の皆様には毎日を基本とし短期上昇銘柄をメールで配信します★

ミクシィID:http://mixi.jp/show_friend.p...=18658673
ザラ場でも日記更新中、マイミクも募集してます!

━━━━━

スナイパートレード http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

558:東証大引け、10日ぶりに反落 前日比の値幅は1年5カ月ぶり狭さ

2009/07/28 (Tue) 21:43
今日は気分転換もあり髪を切ってイメージチェンジしてきました。気がつけば2ヶ月ほど髪をきってないらしくどうりで頭が重いなと思いました。

さて今日の株式市場を振り返ってみましょう。

28日の東京株式市場で、日経平均株価は小幅ながら10営業日ぶりに反落。大引けは前日比1円40銭(0.01%)安の1万87円26銭だった。前日に約21年ぶりとなる9日続伸を記録したことが高値警戒感を誘い、利益確定の売りが頭を抑えた。ただ、米景気の先行き不透明感が和らいでいることから積極的な売りも目立たず、一日を通して前日終値を挟む水準で方向感が乏しい展開が続いた。東証株価指数(TOPIX)は小幅ながら8日続伸。8日続伸は5月25日?6月3日以来。

日経平均の前日比の値幅は昨年3月4日(10銭高)以来、約1年5カ月ぶりの狭さだった。主要企業の4?6月期決算の発表が相次ぐ中で個別企業の業績を見極めたいとのムードが広がったほか、衆院総選挙に向けた政治の動きが気掛かりなことも相場の方向感を鈍らせた。積極的な売買は手控えられ、東証1部の売買高(概算)は17日以来、約1週間半ぶりに20億株を割り込み、18億1508万株だった。売買代金は1兆2583億円と、17日以来の低水準だった。

東証1部の値下がり銘柄数は994、値上がり数は569、変わらずは123。

セイコーHDやニコンの下げがきつく、業種別TOPIXでは「精密機器」が下落率で首位となった。東急リバや住友販売の下げが目立ち、日立が4?6月期決算を取引時間中に発表した後に売られた。一方、同じく決算発表したJFEが上げ幅を拡大し、業種別TOPIXで上昇率トップは「鉄鋼」だった。日立によるTOB(株式公開買い付け)価格が発表されたマクセル、日立ソフト、日立情報、日立プラはそろって買われた。

東証2部株価指数は10営業日ぶりに小反落。ラオックス、昭和飛、日精機が下落。半面、日立がTOB価格を発表した日立システムが高く、大幸薬品、アクセルが上昇した。

昨日1万円台を回復し今日も勢いにのるかと思いましたがそうでもなかったですね。ただ1万円台でもみ合う展開となっているので刺激しあってさらなる上昇、一段高となってくれればと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

557:日産の新型EV…超未来的ルックスが判明!!

2009/07/28 (Tue) 12:57
日産自動車は8月2日に正式発表する新型EVのティーザーキャンペーンを開始した。専用サイトでは、その未来的ルックスの一部がチェックできる。
http://s-url.jp?48208

今日は日産の新型のニュースが気になったのでピックアップ☆

この新型EVは、2010年度に日本や北米市場で先行発売。最大出力108ps、最大トルク28.5kgmを発生する新開発モーターを搭載する。2次電池はコンパクトなラミネート型リチウムイオンバッテリーで、蓄電能力は24kwhと大容量。このバッテリーを床下に配置することで、5シーターの高い居住性を実現する。

充電時間は200Vの家庭用コンセントで約8時間、急速充電器なら30分で80%のチャージが可能だ。最高速140km/h以上、最大航続距離160kmの実用性を確保している。

プラットホームはEV専用に新開発。車体骨格にバッテリーを支える構造体を導入するとともに、バッテリーパックにフレームを内蔵した構造を採用し、高い剛性や静粛性を達成する。新型EVは2012年に量産体制に移行するだけに、専用プラットホームには、日産の相当な意気込みが感じられる。

日産は27日、新型EVの実験車両を公開。それは『ティーダ』をベースにした車両だった。しかし、専用サイトにアップされた新型EVは、非常に未来的なルックス。シャープな印象の大型ヘッドランプや充電用ソケットカバーなど、ひと目でEVとわかる専用ボディが与えられているのが確認できる。

また、フロントノーズが異様に短いキャブフォワードレイアウトになっているのも見て取れる。これは小型ボディで高い居住性を実現するためのアイデアだろう。ボンネット内にエンジンがないEVだからこそ、斬新な外観がデザインできたといえる。

新型EVは8月2日、日産の神奈川県横浜新本社ビルの完成披露式典でベールを脱ぐ。未来的EVの全容が明らかになるのは、もうすぐだ。

トヨタ、ホンダに若干HV部門では遅れをとった感じがしないでもないですがここにきて新型投入でHVカーが激化しそうな気がしますね。エコカー減税なども継続の見通しですから今後の日産の動きにも注目していきたいと思っています。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

556:関連業者の倒産が5割増 自動車不況深刻に

2009/07/28 (Tue) 00:17
関連業者の倒産が5割増 自動車不況深刻に
http://s78.biz/k/qkso

さて今日は自動車関連ニュースもピックアップ。

世界的な金融危機を受けた自動車関連業者の倒産が今年上半期(1?6月)に273件に達し、前年同期比50.8%増加したことが27日、帝国データバンクの調べで分かった。米自動車大手クライスラーやゼネラル・モーターズ(GM)の経営破綻(はたん)や、トヨタ自動車をはじめとする国内大手の減産が関連産業を直撃した。

負債総額は前年同期に比べ約2倍の1061億円となり、昨年の年間合計(1197億円)に迫った。

負債額をみると、1億円に満たない小規模な倒産が全体の46.2%を占めているが、「5?10億円未満」(35件)、「10?50億円未満」(36件)の倒産がともに前年同期比5倍も増えた。

業種別にみると、中古車販売が半数を占める「卸・小売り」が131件と最も多く、2次下請け以下の部品メーカーが大半を占める「製造業」が93件に上った。特に製造業は受注の急減に加え、好業績時に実施した設備投資に伴う借り入れが負担となり、前年同月比で3倍の大幅増加となった。

地域別では、関東が87件と最も多く、次いで近畿(70件)、中部(52件)と続いた。販売業者が集中する都市圏での倒産が目立った。

今年4月以降、大手自動車各社は、低燃費車を対象にしたエコカー減税などの効果で、販売も下げ止まり傾向にある。メーカーも減産緩和の動きをみせているが、帝国データバンクでは「本格的な需要回復が見込めないなか、卸・小売業者は一層の薄利販売を余儀なくされることが予想され、自動車関連の倒産はしばらく増加傾向が続く可能性が高い」と指摘している。

日経平均は上昇したもののこういった実態もあることだけは押さえておきたい。エコカー減税などで自動車業界も活性化されつつあるんですが、GMとクライスラーの破綻の影響は様々なところでまたまだ出てくるということでしょうね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

555:東証大引け、21年ぶり9日続伸 1カ月半ぶり1万円台回復

2009/07/27 (Mon) 23:13
東証大引け、21年ぶり9日続伸 1カ月半ぶり1万円台回復
http://s78.biz/k/ndso

今日は夏らしい天気とにわか雨で本当に夏だなと実感させられるような一日でしたね。

さて今日の株式市場を振り返ってみましょう。

27日の東京株式市場で日経平均株価は9日続伸。大引けは前週末比144円11銭(1.45%)高の1万88円66銭と、6月15日以来、約1カ月半ぶりに1万円台を回復した。年初来高値を付けた同月12日以来の高値水準で、9日続伸は13日続伸した1988年2月以来、約21年ぶり。想定より良好な米主要企業の4?6月期決算が相次いだことで、東京市場でも企業収益の改善期待が浸透。幅広い銘柄に買いが優勢となった。東証株価指数(TOPIX)は7日続伸した。

朝方早々に節目の1万円を上回ったことで、相場の上昇に遅れる「持たざるリスク」への懸念が台頭。売り持ち高を解消する動きを巻き込み、上げ幅は200円超まで拡大する場面があった。郵船など海運大手が前引け後に2010年3月期の収益予想を下方修正し、上値の重しになったが、収益改善期待を後退させるまでには至らなかった。

東証1部の売買代金は概算1兆3862億円、売買高は同20億7425万株。東証1部の値上がり銘柄数は1039、値下がりは502、横ばいは156だった。

マクセルなどを完全子会社化すると報じられた日立が上昇。好業績観測が報じられたソフトバンクの上げが目立った。トヨタやホンダが上げ、シャープも堅調だった。一方、エコカー関連の明電舎やGSユアサが下落。郵船や商船三井、川崎汽は後場から下値模索の展開となった。

東証2部株価指数は9日続伸。大幸薬品、昭和飛が上げ、ラオックス、中央電が下げた。

今は早々に1万円台を回復してそのまま続伸してひけるという形でとてもいいスタートだったのではないでしょうか。
今朝は日立の上場5会社の完全子会社化などが報じられて動きのある一日だったように思います。

しっかりと相場の動きに対応してスピーディーな対応ができるようにしていきましょう。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

554:祝!日経平均は年初来高値を更新!スナイパー銘柄も勝率100%で2銘柄上昇達成!

2009/07/27 (Mon) 21:56
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
今日の東京株式市場は続伸して始まった。先週末の米国株式市場は指数に
よってまちまちの動きとなったが、米主要企業の予想を上回る4-6月期
決算が相次いだことで、企業の収益改善期待が高まっている。
中国政府が景気回復を後押しするため追加の消費刺激策の検討に入った、
と報じられたことも投資家心理を強気に傾けた。

後場に入って日経平均は上げ幅を拡大。6月12日につけた取引時間中の
年初来高値1万170円を更新した。日本株の出遅れ感や今後本格化する
日本企業の4-6月期業績に対する期待感を拠り所とした買いが優勢
となった。一方、利益確定売りも多く、引けにかけてはやや上げ幅を
縮める動きとなった。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

2銘柄

本日は景気回復期待感からダウ、アジア株が堅調に推移し、日本株も大幅高
となり、年初来高値を更新する展開の中、2銘柄ともに利食いポイント達成!
明日から一段高に期待の持てる配信となった。

また、本日も直近仕込み銘柄は次々と爆発&一段高し、利食い日和となった。

【最近の配信結果】
●7月13日(月)に配信致しました阪和興業【8078:終値 332円】が
上昇を続け、本日 384円をつけました。
配信株価より116%の上昇を記録しております。

●7月13日(月)に配信致しました伊予銀行【8385:終値 944円】が
上昇を続け、本日 971円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月14日(火)に配信致しました三菱UFJリース【8593:終値 2,610円】が
上昇を続け、本日 2,915円をつけました。
配信株価より112%の上昇を記録しております。

●7月14日(火)に配信致しましたリンナイ【5947:終値 3,820円】が
上昇を続け、本日 4,160円をつけました。
配信株価より109%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しましたゼビオ【8281:終値 1,797円】が
上昇を続け、本日 1,995円をつけました。
配信株価より111%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しました豊田通商【8015:終値 1,246円】が
上昇を続け、本日 1,454円をつけました。
配信株価より117%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しましたきんでん【1944:終値 749円】が
上昇を続け、本日 794円をつけました。
配信株価より106%の上昇を記録しております。

●7月16日(木)に配信致しましたコーセー【4922:終値 1,881円】が
上昇を続け、本日 1,934円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月16日(木)に配信致しました小林製薬【4967:終値 3,500円】が
上昇を続け、本日 3,700円をつけました。
配信株価より106%の上昇を記録しております。

●7月16日(木)に配信致しましたニチレイ【2871:終値 360円】が
上昇を続け、本日 372円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月17日(金)に配信致しました共英製綱【9945:終値 2,350円】が
上昇を続け、本日 2,565円をつけました。
配信株価より109%の上昇を記録しております。

●7月21日(火)に配信致しましたグリーンホスピタルサプライ【3360:終値 46,700円】が
上昇を続け、本日 52,800円をつけました。
配信株価より113%の上昇を記録しております。

●7月21日(火)に配信致しましたNECキャピタルソリューション【8793:終値 1,270円】が
上昇を続け、本日 1,334円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆

初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(7月分、8月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/

━━━━━

★有料会員の皆様には毎日を基本とし短期上昇銘柄をメールで配信します★

ミクシィID:http://mixi.jp/show_friend.p...=18658673
ザラ場でも日記更新中、マイミクも募集してます!

━━━━━

スナイパートレード http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

553:月収100万円!?そんなバカな。

2009/07/27 (Mon) 09:42
おはようございます。

本日は趣向を変えて、私の友人が販売している情報商材について書きたいと思います。

情報商材という世界には詐欺商材が往々にして横行している業界で、即金ビジネスや、
不労所得で月収100万円などオイシイ誘い文句が並び、
不況で仕事をなくした方にはノドから手が出るほど
欲しくなるような書き方がされています。

そして、いざ購入してみると、

内容はとても稚拙で、“非現実的なもの”というのがほとんどです。

しかし、そんな情報商材業界の中でも非常に【優良商材】と呼ばれるようなものも
確かに存在します。

今回、私が実際に友人から書籍の内容を見せてもらった上で、まったくの
知識のない方でも1から取り組めて、実際に稼ぐことができる非常に現実的な
情報商材であると判断しましたので、ご紹介させていただきます。

「日本経済に流動する4000億円規模のフローキャッシュと、そこに
発生する約75%3000億円の“●●差収益”を合法的な所得として受け取る方法」

これだけ見てみると??

となりますが、簡単な概要を説明すると、

初回に、あるところに収益を受け取るための申請(費用:3,150円)を行います。
そこからあるファイルが送られてくるので、それを指定されたあるところへ
送付する(送付の際に8,400円かかります)

その後、毎週金曜日にある内容を確認し、報告する(作業時間10分程度)

※これが収入を受け取るための作業です。

報告業務も丁寧にひな型を作ってくれているので簡単です。

これを毎週繰り返すだけで、月収50万?100万円は稼げるようになります。

「何?月収100万円??そんなウマい話があるか!」

そんな声が聞こえてきそうですが、
いくら営業成績のいいサラリーマンの方でも疑うような月収なのは確かです。

ですが、これは大げさな数字でも何でもなく

“非常に現実的な数字です”

販売者の友人が返金保証として100日以内に総額300万円を稼ぐことができなければ、
商材代金は全額返金の保障もつけているのが、何よりの自信の表れです。

今回ご紹介させていただいた商材ですが、
友人の販売している商材ということで、ひいき目で見るようなことは一切していません。

それは購入者の方にとっての裏切り行為にもなりますし、私の信用問題にも関わってきます。

作業自体も内容通りの簡単な作業なので、実際に私も実践して稼げていますので
今回ご紹介させていただきました。

収入の柱を増やしたいという方がいらっしゃればぜひ実践してみる価値は十分にあります。

一度ご覧になられてみてください。
↓↓↓↓↓

池田のひとり言コメント(0)

552:日経平均先物、1万円台回復 上昇幅100円超、前週末の流れ継ぐ

2009/07/27 (Mon) 09:30
今日は天気もよく、日経平均も続伸してスタート!

27日の日経平均先物9月物は続伸して始まった。一時1万50円まで上昇、日中取引としては1日以来、約4週間ぶりに1万円台を回復した。寄り付きは前週末の大引けに比べ100円高の1万40円で、同時点では3373枚の売買が成立した。24日夕方の夜間取引(イブニング・セッション)で1万円台を回復した流れを引き継いだ。企業業績や景気の持ち直し期待で、前週末の米ダウ工業株30種平均が続伸したことも支えとなった。

TOPIX先物9月物も上昇。前週末の大引けに比べ9.0ポイント高の930.5で始まった。寄り付きでは2734枚の売買が成立した。

1万円台を維持していくことができるかが肝になってくると思っております。

今週も爆発銘柄を提供していきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

551:今週の見通し・為替 円、売られやすい展開続く

2009/07/26 (Sun) 10:23
続いて為替相場の状況もチェック☆

今週の円相場はやや円安方向に振れそうだ。米企業業績の回復や米経済指標の改善で、世界景気の回復期待が再び強まっている。リスク資産への投資が活発化するとの見方から、新興国や資源国の通貨を買い、円を売る動きが出やすい。ただ景気の先行きに対する慎重な見方も残っており、悲観論が盛り返す可能性もある。市場参加者の相場予想は1ドル=93?97円の範囲でばらついている。

先週は米ノンバンクの破綻懸念から円を買い戻す動きもあった。だが6月の米中古住宅販売件数の改善を受け、週末には一時、95円台まで円安が進んだ。

今週は米国債の大型入札がある。景気回復期待が強まっているため、株式など高リスク資産に資金が向かいがちで、「米長期金利が上昇する」との見方から日米金利差の拡大を意識した円売り・ドル買いが膨らむ可能性がある。月末に外貨建て投資信託の設定が集中していることも円売り材料になりそうだ。

経済指標では、28日発表の米消費者信頼感指数や31日発表の4?6月期米国内総生産(GDP)速報に注目が集まっている。

為替相場も円高基調から円安方向へふれるという予測なので株価への影響もしっかりと考えていかねばなりません。

そんな中でしっかり結果を出すためのツールをご紹介いたします。

日本初!

システムトレードではない!

裁量トレードでもない!

全く新しいトレードスタイル!

国内で著名なトップトレーダーが売買代行する日本初のFX自動売買システムトレード!

それが、「TRADERS MARKET」

▽▽▽▽▽
http://tm.kabuocool.com/

プロトレーダーの売買は、まさに真剣勝負。

提携している国内の有名なプロトレーダーたちが 日々行っている取引内容を、“売買シグナル”として配信してくれます。

リアルタイムで、同じ内容で新規・決済注文を送信。

24時間、貴方のパソコンから自動発注いたします。

まさに、世界レベルのトレーダーがあなたに代わり『売買?決済』までを遂行してくれる、夢のFX自動売買ソフトです。

▽▽▽▽▽
http://tm.kabuocool.com/

先の見えない市場で勝ち続け、資産増大に寄与致します!

あなたの大切な資産を、自分の管理できるところで確実に殖やしましょう!

▽▽▽▽▽
http://tm.kabuocool.com/

ご不明な点などございましたら、tm@kabuocool....ければと思います。

※お問い合わせ、商材についてのご質問は、【tm@kabu...でお願い致します。

池田のひとり言コメント(0)

550:今週の見通し・株式 9000円台後半でもみ合い

2009/07/26 (Sun) 09:48
土日はとても天気がよく過ごしやすい週末となっていいリフレッシュとなったのではないでしょうか。

さて今週の株式市場をチェック☆

今週(27?31日)の日経平均株価は9000円台後半から1万円にかけてもみ合う展開か。国内企業の決算発表を受けて、銘柄ごとの選別が強まるだろう。投資家の予想を上回る好決算が相次げば、年初来高値(1万135円82銭)を試す場面もありそうだ。

先週の日経平均は週間で549円23銭(5.84%)上昇した。じわじわと8日続伸し、週末は9944円55銭と6月30日以来の高水準で引けた。米企業の決算が相次いで市場予想を上回り、国内企業についても収益改善の期待が強まった。

今週は国内主要企業の決算発表に関心が集中する。「4?6月期は電機や自動車を中心に1?3月期に比べた赤字縮小が見込めるが、先週までの上昇で織り込んだ感が強い」(大和総研の浜口政己シニアストラテジスト)。焦点は「中間決算見通しの上方修正など、夏にかけてもう一段の業績改善」になるだろう。

今後の景気動向を占う意味では「海運、建機など景気敏感株の受注に持ち直しの芽があるかどうかに注目したい」。設備投資関連企業から予想外の先行き改善のコメントが出るなど、景気の見方が楽観に傾けば、年初来高値を更新する可能性がある。

経済指標は30日に発表予定の6月の鉱工業生産指数に注目したい。市場予想の平均値は前月比2.5%のプラス。これを上回れば株価の追い風となりそうだ。

需給面では個人・機関投資家ともに株価下落時の押し目買い意欲は強そうだ。「株価は基本的にボックス圏の動きとみる顧客が多い」ためだ。東海東京調査センターの隅谷俊夫投資調査部長は「個人の戻り待ちの売りが先週までで一巡し、買いが入りやすくなっている」と指摘する。

チャートも下値の固さを示す。日経平均は先週末の上昇で、一目均衡表の目安の一つの「雲」の上に顔を出しており、今後は雲の上限(9700円台)が株価の支えになりそうという。

今週は1万円台チャレンジがありそうな気がしております。米国景気回復傾向が強まってきたことで日経平均も上値を狙う展開になるのではないかと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

549:東証2部への降格相次ぐ 不況で業績悪化

2009/07/25 (Sat) 23:36
東証2部への降格相次ぐ 不況で業績悪化
http://s-url.jp?48023

今日はとても天気がよくレジャー日和だったのではないでしょうか。東京では隅田川の花火大会とあって浴衣で出かけた方も多いのではないでしょうか。

さて今日は東証のニュースをキャッチ☆

東京証券取引所の1部上場企業から2部に指定替え(降格)を強いられる企業が増えている。金融危機による不況で、業績悪化企業が続出した影響だ。今年は4社が“2部落ち”の憂き目にあうなど、景気回復に時間がかかればさらに相次ぐ懸念もある。

指定替えは証券取引所に上場する企業が所属する市場を移ることをいい、通常は2部から1部へ「昇格」するケースが多い。ただ、上場維持には一定の時価総額や財務の健全性が必要で、その基準に抵触すると移動を余儀なくされる。

平成16年度から20年度までに1部から2部落ちした企業は7社だったが、今年4月に不動産投資ファンドのパシフィックホールディングス(HD)が、今月1日には不動産業のアトリウムが2部に移された。8月にも電気機器の島田理化工業とFDKも「降格」の予定。4社の移動理由は20年度末で債務超過に陥ったためだ。

パシフィックHDの場合、傘下のリート(不動産投資信託)2社を軸に成長したものの、不動産市況の悪化で資金繰りに行き詰まり、3月に会社更生法の適用を申請して破綻。2部に降格し、1カ月余りで上場廃止に追い込まれた。アトリウムも親会社のクレディセゾンが完全子会社で再建に乗り出したが、今月28日、上場廃止の予定だ。

2部から1部に復活する道もあるが、投資家の視線が厳しさを増す中、東証は企業への監視を強めざるを得なくなっている。

リーマンショック以降の金融危機により上場廃止や2部落ちなど厳しい状況が続いていますね。しかしながら2部から1部への昇格も考えられますからそういった銘柄を逐一チェックして自分自身の投資へと繋げていければと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

548:NY円、反発 1ドル=94円75?85銭、米株方向感なく、持ち高調整

2009/07/25 (Sat) 10:25
今日は昨日と打って変わって気持ちのいい天気になりそうですね。もちろん汗だくですが、週末の晴天を有効活用してリフレッシュできればと思っております。

さて今日は為替相場の様子をチェック☆

24日のニューヨーク外国為替市場で円相場は反発。前日比15銭円高・ドル安の1ドル=94円75?85銭で取引を終えた。前日に円が対ドルで大幅に下落したことから、持ち高調整とみられる円買い・ドル売りが優勢だった。ただ取引材料に乏しいなか、米株式相場の値動きが限られたため、ニューヨーク市場で円は対ドルで小動きだった。

ロンドン市場で円が買われた流れを引き継いで、やや円高・ドル安で始まった。米国株式市場ではダウ工業株30種平均が小幅に上昇する一方、ナスダック総合株価指数は下落した。米株式相場が方向感に乏しい展開だったことから、円やドルの持ち高を大きく傾ける動きは手控えられた。この日の円の高値は94円67銭、安値は94円97銭、値幅は30銭だった。午前に発表された7月の消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ)は市場予想を上回ったが、相場への影響は限定的だった。

円は対ユーロで続落。前日比40銭円安・ユーロ高の1ユーロ=134円65?75銭で取引を終えた。7月の独Ifo企業景況感指数や同月のユーロ圏の製造業とサービス業の購買担当者景気指数(PMI、速報値)がそれぞれ市場予想を上回った。ユーロ圏の景気が持ち直すとの期待が強まり、円売り・ユーロ買いが優勢となった。

ユーロは対ドルで4営業日ぶりに反発。前日終値の1ユーロ=1.41ドル台前半から1.42ドル台前半に上昇。ユーロ圏の経済指標が改善しているとの受け止めから、ユーロ買い・ドル売りが入った。この日の高値は1.4242ドル、安値は1.4187ドル。

英ポンドは対ドルで下落。前日終値の1ポンド=1.64ドル台後半から1.64ドル台前半に下げた。英国の4?6月期の実質国内総生産(GDP、速報値)の伸び率は前期比0.8%減となった。マイナス幅が市場予想より大きかったため、発表後にポンド売り・ドル買いを誘った。

今週は比較的為替相場も落ち着いた取引だったように思う。米株高の影響もあり円安ドル高方向で推移した印象だが、まだまだ方向感覚の見えない取引が続くようだ。
ただ予想レンジ内で納まっているところを見ると落ち着きを取り戻したのかなと思っております。

どんな相場でも結果を出していく必要がありますのでしっかりと先を見据えたトレードをしていきましょう。

日本初!

システムトレードではない!

裁量トレードでもない!

全く新しいトレードスタイル!

国内で著名なトップトレーダーが売買代行する日本初のFX自動売買システムトレード!

それが、「TRADERS MARKET」

▽▽▽▽▽
http://tm.kabuocool.com/

プロトレーダーの売買は、まさに真剣勝負。

提携している国内の有名なプロトレーダーたちが 日々行っている取引内容を、“売買シグナル”として配信してくれます。

リアルタイムで、同じ内容で新規・決済注文を送信。

24時間、貴方のパソコンから自動発注いたします。

まさに、世界レベルのトレーダーがあなたに代わり『売買?決済』までを遂行してくれる、夢のFX自動売買ソフトです。

▽▽▽▽▽
http://tm.kabuocool.com/

先の見えない市場で勝ち続け、資産増大に寄与致します!

あなたの大切な資産を、自分の管理できるところで確実に殖やしましょう!

▽▽▽▽▽
http://tm.kabuocool.com/

ご不明な点などございましたら、tm@kabuocool....ければと思います。

※お問い合わせ、商材についてのご質問は、【tm@kabu...でお願い致します。

池田のひとり言コメント(0)

547:トーカロ(3433)本日も爆発!配信後4日で148%の大爆発!次の爆発銘柄を手に入れて下さい!

2009/07/25 (Sat) 01:19
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
今日の東京株式市場は続伸して始まった。昨日の米国株式市場が大幅高
となったことを受け、東京株式市場は買いが先行した。
外為市場で円安に振れていることも輸出株の買い安心感となった。
日経平均は116円高で始まった後、同水準での小幅な動きに終始した。
NY市場の取引終了後にマイクロソフトが4-6月期決算を発表したが、
売上高が市場予想を下回り、時間外取引で株価が下落。GLOBEXで
米株価指数先物が軟調に推移しており、今晩の米国市場への警戒感もあり、
上値を積極的に追う動きは限定的だった。

後場に入って日経平均はやや上げ幅を縮小した水準で推移したが、
引けにかけて堅調な動きとなった。週末ということもあり、全般は
やや見送りムードが強まった。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

3銘柄

本日はダウが大きく反発したことを受けて、大幅上昇する展開の中、
惜しくも利食いポイント達成となる銘柄はなかったものの仕込みとしては
絶好!明日から期待の持てる配信となった。

また、本日も直近仕込み銘柄は次々と爆発&一段高し、利食い日和となった。

【最近の配信結果】
●7月9日(木)に配信致しましたAOCホールディングス【5017:終値 814円】が
上昇を続け、本日 882円をつけました。
配信株価より108%の上昇を記録しております。

●7月9日(木)に配信致しましたトクヤマ【4043:終値 651円】が
上昇を続け、本日 721円をつけました。
配信株価より111%の上昇を記録しております。

●7月10日(金)に配信致しました三井海洋開発【6269:終値 1,520円】が
上昇を続け、本日 1,728円をつけました。
配信株価より114%の上昇を記録しております。

●7月13日(月)に配信致しました阪和興業【8078:終値 332円】が
上昇を続け、本日 383円をつけました。
配信株価より114%の上昇を記録しております。

●7月14日(火)に配信致しましたローソン【2651:終値 3,870円】が
上昇を続け、本日 3,990円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月14日(火)に配信致しました三菱UFJリース【8593:終値 2,610円】が
上昇を続け、本日 2,870円をつけました。
配信株価より110%の上昇を記録しております。

●7月14日(火)に配信致しましたリンナイ【5947:終値 3,820円】が
上昇を続け、本日 4,170円をつけました。
配信株価より109%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しましたゼビオ【8281:終値 1,797円】が
上昇を続け、本日 1,968円をつけました。
配信株価より110%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しました豊田通商【8015:終値 1,246円】が
上昇を続け、本日 1,425円をつけました。
配信株価より114%の上昇を記録しております。

●7月16日(木)に配信致しましたNIPPO【1881:終値 744円】が
上昇を続け、本日 789円をつけました。
配信株価より106%の上昇を記録しております。

●7月16日(木)に配信致しました小林製薬【4967:終値 3,500円】が
上昇を続け、本日 3,700円をつけました。
配信株価より106%の上昇を記録しております。

●7月17日(金)に配信致しました共英製綱【9945:終値 2,350円】が
上昇を続け、本日 2,565円をつけました。
配信株価より109%の上昇を記録しております。

●7月17日(金)に配信致しましたトーカロ【3433:終値 1,223円】が
上昇を続け、本日 1,807円をつけました。
配信株価より148%の上昇を記録しております。

●7月21日(火)に配信致しましたグリーンホスピタルサプライ【3360:終値 46,700円】が
上昇を続け、本日 52,500円をつけました。
配信株価より112%の上昇を記録しております。

●7月21日(火)に配信致しましたNECキャピタルソリューション【8793:終値 1,270円】が
上昇を続け、本日 1,313円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆

初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(7月分、8月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/

━━━━━

★有料会員の皆様には毎日を基本とし短期上昇銘柄をメールで配信します★

ミクシィID:http://mixi.jp/show_friend.p...=18658673
ザラ場でも日記更新中、マイミクも募集してます!

━━━━━

スナイパートレード http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

546:貯蓄率急落の先にある悲劇

2009/07/24 (Fri) 22:36
貯蓄率急落の先にある悲劇
http://s-url.jp?47952

日本の家計部門の貯蓄率が急速に低くなっていることを知っているだろうか。OECDのエコノミック・アウトルックの付属統計表の数字で見ると、1990年代の初めには15%もあった日本の家計部門の貯蓄率は、2007年には3%前後まで下がっている。大変な下がりようである。米国の家計部門の貯蓄率が低いということがよく話題になるが、場合によっては日本の貯蓄率のほうが米国よりも低くなる可能性もありうる、と指摘するエコノミストもいる。

日本の貯蓄率は国際的に見ても高いほうであると考えている人が意外と多いようだが、家計部門で見るかぎり、日本の水準は世界的に見ても非常に低い水準となっている。こうした動きは将来の日本経済の姿を考えるうえでも非常に重要なポイントとなるのだ。

そもそも、なぜ日本の貯蓄率はこんなにも急速に下がってきたのだろうか。その要因はいろいろあるだろうが、もっとも説得的な理由は少子高齢化の進行である。人口のなかに占める高齢者の割合が増えるほど、経済全体の家計部門の貯蓄率は低くなる傾向になる。一般的に、人びとは現役時代に貯蓄して老後の生活資金を蓄え、引退してからはそれを切り崩して生活資金に充てていく。その結果、現役世代の貯蓄率は高くなるが、高齢世帯の多くは貯蓄率がマイナスとなるのだ。

以上で述べたことは、いまの日本経済の一般的な認識とはかなり異なる。よく知られているように、日本国民が保有している金融資産の額はきわめて大きい。年間可処分所得との比で見ると、国民1人当たり約4倍の金融資産を保有している。ドイツやフランスの2倍、米国や英国の3倍に比べて群を抜いている。

金額で見ても、約1400兆円あるといわれる個人金融資産の70%前後が60歳以上の人によって保有されている。大金持ちは少ないが、小金を貯めている高齢者が多くいるのだ。

いま日本でいわれているのは、多くの高齢者が貯蓄に励みすぎ、消費が少ないことが日本の内需不振を招いているということだ。国民がもっと積極的に消費を行なえば、日本経済もこれだけ輸出に頼る必要がない、という思いをもっている人は多いはずだ。

こうした経済の見方は、これまでの日本経済の姿、あるいは現在の状況を理解するうえでは基本的に正しいだろう。しかし、足下で家計の貯蓄率が急速に下がっていることは、「過剰貯蓄国日本」の姿が急変していることを示唆している。日本も特殊な国ではない。ほかの多くの先進国と同じように、高齢化が進んでいけば貯蓄力は急速に衰えていくのだ。若いときにはたくさん稼いで貯蓄に回し、年をとったらその貯蓄を崩して消費に回していく。これは1人ひとりの個人についていえることだが、同時に国についてもいえることだろう。そうした意味では、日本の貯蓄率が下がっていくことに過剰に反応する必要はない。

ただ、この現象を、過度に積み上がった政府の債務とダブらせてみたとき、非常に厳しい将来の姿が浮かび上がってくる。いったい誰が日本政府の債務をファイナンスするのかという問題だ。

日本政府は国・地方合わせてGDPの150%前後という膨大な債務を負っている。その一方で財政赤字は縮小するどころか、この不況のなかでさらに拡大する傾向にある。税収が大幅に下がる一方で、経済対策で大胆な歳出拡大が行なわれているからだ。赤字が増えれば、政府の債務はさらに増えていくことになる。

これだけ厳しい財政状況であるにもかかわらず、国民も企業も政府債務膨張の歪みを直接感じることはない。通常は政府の財政状況が悪ければ、長期金利の急騰(国債の価格の暴落)が起こるか、悪性のインフレとなることが少なくない。日本の場合にそうしたことが起きていないのは、潤沢な国民の貯蓄資金が国債をファイナンスしているからだ。国民の多くが銀行などの金融機関に預けた貯蓄の相当部分は、政府の国債購入に回っているのだ。

問題はこうした政府債務のファイナンスがいつまで持続可能であるのか、ということだ。家計部門の貯蓄率が下がっているということは、個人の保有する金融資産が頭打ちになっていくということでもある。場合によっては、将来は貯蓄資金の切り崩しも起こるかもしれない。一方では、政府の借金は増えつづけている。増えつづける国公債を誰が所有してくれるのか。

不況の時代には、皆が安心して国公債を保有する。それがいちばん安心だからだ。株や不動産や資源へ回る投資も少ない。しかし景気が回復してくれば、資金も国公債から、よりリターンの高い株や不動産などへシフトしていくだろう。こうした動きが、国公債市場に大きな打撃を与える可能性も否定できない。経済が不況であるあいだはそうした厄介な動きが起きにくい、という意味で、いまはおかしな安定状況にあるともいえる。

いずれにしろ、経済の大きなトレンドは財政問題深刻化の方向に着実に針を進めている。家計部門の貯蓄率の低下、垂れ流されつづける財政赤字で膨れ上がる政府債務、こうした動きの先には何があるのだろうか。軽度な財政破綻による金利高騰なのか、より深刻な財政破綻としてのインフレなのか、それとも日本経済を見限った円の暴落なのか、悲観的な想像をしたらきりがない。

日本の家計部門の貯蓄が大量に国公債購入に回っているということは、日本国民が日本の将来に資金を出しているということである。財政問題が顕在化すれば、日本国民の多くの資産が毀損することになる。国債価格下落による資産価値低下か、インフレによる資産の購買力の低下か、それとも円安による円の購買力の弱体化か、その具体的な姿についてはわからないが、いずれにしてもあまり明るい未来像ではない。

こうした事態に陥らないためにも、一刻も早く、財政健全化に着手しなくてはならない。

こういった議論は至極当然といわざるを得ない。
日本の負債総額はすでに1000兆を超えるといわれており、実際日本国民全体の預貯金が1400兆と考えた場合に日本の余力はもう残りわずかとしか言いようがない。

どういったことかと簡単に言うと…

国家が破綻する懸念があるということです。

まさか国家が破綻するなんて考えられないという方も是非ご一読下さい。
http://www.jphatan.com/?244

池田のひとり言コメント(0)

545:迷走する「のれん代償却」の議論

2009/07/24 (Fri) 21:25
面白い記事をみつけたのでピックアップしたいと思います☆

世界各国で国際会計基準の採用表明が相次いでいる。今、日本もその流れに乗り遅れまいと必死である。「国際会計基準にそろえる」という錦の御旗のもと、近年は日本の会計基準が次々と変更を余儀なくされている。そのような流れの中、すんなりと国際会計基準への統一が決まらずにもめている会計基準がある。企業を買収した際に発生する「のれん代」の償却方法である。「日本基準の方が優れている」という一部の根強い意見が、国際会計基準の採用をためらわせている原因である。

異なるのれん代償却の扱い

買収した会社の純資産と買収金額の差額は、のれん代という無形固定資産として資産計上される。日本の会計基準では、のれん代を20年以内で毎年規則的に償却することになっている。例えば、純資産の時価が300億円の企業を500億円で買収した場合、差額の200億円がのれん代となる。20年償却の場合、毎年10億円ののれん償却費が費用として計上される。

国際会計基準では、のれん代の規則的償却がない。このため、日本基準よりも利益が大きく出る。その代わり、毎年のれん代の減損(時価が帳簿価格を大幅に下回っていると考えられる場合、簿価を時価まで切り下げ、損失を計上する会計処理)をチェックする義務がある。のれん代の評価額が大きく減少していると認められた場合は、減損で一気に価値を落とさなければならない。

もっとも、減損が必要なら減損するのは日本基準でも同じである。定期的償却の有無だけが、国際会計基準との違いになる。

のれん代の定期償却をなくすべきだとする論者は、以下のように言う。「定期償却義務を負っている日本企業だけ利益が低く出て不利になる」「日本企業の買収意欲をそぐ」「国際会計基準を採用しないと、日本企業が海外市場で不利に扱われるリスクがある」

一方、のれん代の定期償却を残すべきだとする論者は、以下のように言う。「のれんは年月とともに減価するものなので、定期償却なしで減損対応すると、期ごとの費用の出方にばらつきが大きくなる」「のれん代の定期償却義務がないと、増収増益のために買収を繰り返すモラルハザード(倫理の欠如)を引き起こすリスクがある」「過大な金額での企業買収を抑制する効果がある」

抜け落ちた無形固定資産への配分議論

私はのれん代償却の議論で1つ大切なポイントが抜け落ちていると考えている。のれん代の計上方法が、そもそも日本と海外で異なることだ。その点を外して償却方法の違いだけを議論しても意味がない。

日本基準で企業買収した場合、買収金額と純資産額の差はほぼ全額のれん代に計上される。ところが、海外では買収で発生する無形固定資産をそのままのれん代とはしない。「販売権」「特許権」「顧客との取引関係」など、無形固定資産をなるべく発生根拠別に特定の勘定に割り振る。どうしても特定の勘定を充てることができないで残った分をのれん代として計上する。

「販売権」「特許権」などの無形固定資産は、科目ごとに定められた期間(3?5年など)で定期的に償却される。つまり、買収で発生するのれん代には定期償却がなくても、その他の無形固定資産には定期償却があるわけだ。

日本基準のように、買収で発生する無形固定資産を何でものれん代にして、しかも定期償却しなかったら、国際会計基準で無形固定資産を定期償却している企業よりも、利益が過大計上される可能性がある。国際会計基準にそろえる目的で、のれん代の定期償却をやめる議論をするならば、買収時に発生する無形固定資産ののれん代への配分基準を同時に議論しなければならない。

2007年に英国のたばこ大手ガラハーを2兆円超で買収した日本たばこ産業(JT)は、09年3月時点でバランスシートに1兆4539億円ののれん代を計上している。買収直後の08年3月期、JTはのれん代の定期償却をしなかったので、ガラハー買収効果もあって連結純利益は前期比13.3%増の2387億円に拡大した。しかし、日本基準に基づいてのれん代の20年償却を始めた09年3月期の純利益は一転して前年比48.3%減の1234億円となった。将来、日本基準がなくなり、JTが再びのれん代の定期償却をやめると、今度は一転、年間1000億円弱の利益が押し上げられる可能性がある。JTの利益は、のれん償却の会計基準に翻弄(ほんろう)されて実態を伴わない急増急減を繰り返すことになる。

国際会計基準を採用してのれん代の定期償却をやめるならば、JTはのれん代を「販売権」「ブランド使用権」などの無形固定資産に今よりたくさん割り振るべきだ。1兆4539億円もののれん代の価値がまったく低下しないと考えるのは、非現実的だからだ。販売権などの無形固定資産の定期償却は期間が短く、20年もかけるのれん代の定期償却より、償却額がかえって大きくなる可能性もある。

今後のれん代議論はもっと活発化していくことは言うまでもない。国際基準として採用するか、日本の基準でいくのかグローバルな経済活動を考えるのであればやはり国際基準を採用するのが妥当なのではないかと私は思っております。

グローバルスタンダードといいつつも日本独自の鎖国的な分野は数多くあるように私は思います。

その一つとして資産運用という分野では海外に遅れをとっているのではないかというのが私の持論です。
それは勤勉に働くことが美徳とされている日本文化が根強いからだと思います。

お金を稼ぐこと=汗水たらして働く

これだけが資産形成の手段ではもはやなくなっているのです。投資が一般的になりつつある中でもやはりそういう考え方を持っている人の方が圧倒的に多いように思います。

ただ投資がより身近になることで効率的な経済活動であったり、国家に頼らず様々な運用益で老後を過ごしたりと人生設計にも多くの選択肢を持つことができると私は思っております。

そんな考えに少しでも同調してくださる方の力に今後もなっていければと思っております。

さてそんな中で日本株式、FXだけではなくもっと海外にも目を向けてはいかがでしょうか?
http://www.jphatan.com/?244

池田のひとり言コメント(0)

544:東証大引け、8日続伸 米株高を好感、ハイテク収益回復期待も

2009/07/24 (Fri) 20:30
今日は雨のおかげで蒸し暑いなと一日感じました。こういった日は体温を下げるようなものでも食べてさっぱりとした食事をと思い、トマトそうめんを作ってみました。
トマトをカットしてそうめんとめんつゆと一緒に食べるという簡単レシピなんですが食欲減退している時期でもさらっと食べられてお勧めです。

さて食後は今日の東京市場を振り返ってみたいと思います。

24日の東京株式市場で日経平均株価は8日続伸。大引けは前日比151円61銭(1.55%)高の9944円55銭と6月30日以来、3週間半ぶりの高値で取引を終えた。8日続伸は2005年11月16?28日以来、3年8カ月ぶり。前日の米株高や円相場の下落を好感し、輸出関連などの主力株に買いが膨らんだ。アドテストの4?6月期の受注高が1?3月期の2倍になったと伝わり、ハイテク株全体に収益回復期待が広がったことも相場を押し上げた。東証株価指数(TOPIX)は6日続伸。

23日の米ダウ工業株30種平均が9000ドル台を回復し、2008年11月上旬以来の高値を付けた。6月の米中古住宅販売件数が3カ月連続で増加したことが好感された。市場予想を上回る米企業の4?6月期決算が目立っていることもあり、米株高を受けて買い安心感が広がった。円相場が一時1ドル=95円台と主要企業の今期の想定レートまで下落し、輸出企業の採算悪化懸念が後退したことも支援材料となった。

GLOBEX(シカゴ先物取引システム)で米株価指数先物が軟調だったほか、日経平均が節目の1万円に迫ったことから高値圏では利益確定目的の売りが増え、上値を抑えた。4?6月期決算発表の本格化を来週に控えた週末とあって、一段と買い進む投資家は限られた。

東証1部の売買高は概算で25億9410万株と6月16日(26億4999万株)以来の高水準に膨らんだ。売買代金は同1兆6102億円で6月23日(1兆8537億円)以来1カ月ぶりの多さだった。きょうから新株の売買が可能になったみずほFGの売買が膨らんだ影響が大きい。相場全体の値上がり柄数は1269と全体の7割超を占めた。値下がりは319、変わらずは109だった。

アナリストが投資判断を引き上げたパナソニックが大幅高。アドテストや京セラ、TDKも買われた。トヨタやホンダなど自動車株も堅調だった。一方、前日に4?6月期決算を発表したKDDIや中外薬はさえなかった。セブン&アイやJTなど内需関連株の一部も値下がり。三菱UFJ、三井住友FGなど3メガバンクはともに下落。

東証2部株価指数も8日続伸。ラオックス、大幸薬品が上昇した。半面、森電機、トーセイが下げた。

今週は米株高の追い風もあり日経平均株価も一万円台目前まできましたね。ただ利益確定の動きもあり突き抜けるということはなかったものの来週の動きにも期待していきたいところです。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

543:エコカー補助の延長検討

2009/07/24 (Fri) 15:27
エコカー補助の延長検討
http://s-url.jp?47915

今日は関東甲信は戻り梅雨?
http://s-url.jp?47916
という感じで雨が続いていますね。夏らしい天気に早く戻ってほしいなと思っています。

さて今日はエコカー補助のニュースをキャッチ☆

経済対策として期間限定で導入したエコカーの購入補助金と省エネ家電の購入者に提供するエコポイント制度について、24日の閣議後の記者会見で二階俊博経済産業相ら関係閣僚から対策の延長に前向きな発言が相次いだ。
一部のエコカーで注文が殺到し、納車と新車登録が補助金をもらえる来年3月末までに間に合わない可能性が出ていることに関し、二階経産相は「年度末に向けて(メーカーの増産努力によっても状況が)十分解消されない場合、弾力的な対応を考えていく必要がある」と表明。期限延長など何らかの救済方法を検討したい意向を示した。
斉藤鉄夫環境相はエコカー補助について「二階経産相と話し、基本的に延長すべきだということで一致した」と述べた。来年3月末までの購入を対象とするエコポイント制度に関しても、佐藤勉総務相を交えた3者で、延長が必要との意見で一致したという。環境相は延長を裏付ける「補正予算的な措置」の必要性にも言及した。

エコカー減税やエコポイントなどに後押しされて、エコカー販売台数増や家電量販店の売り上げもUPして消費の
刺激になっているのではないでしょうか。もちろん今後もある程度は継続されるもののどの段階までそれが続く見通しかでまた販売戦略は変わってくると思います。
官民一体の政策で景気が刺激されていけばと思っています。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

542:17日配信のトーカロ(3433)が120%オーバーの短期大爆発!本日ストップ高!

2009/07/23 (Thu) 20:43
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
今日の東京株式市場は小幅反落して始まった。昨日の米国株式市場は、
NYダウが8日ぶりに反落、ナスダックは11連騰となった。シカゴ・
マーカンタイル取引所(CME)で日経平均先物9月物の清算値
(円建て)が9755円と前日の日経平均終値を30円強上回ったが、
一方、ナスダック上昇を牽引したアップルの好決算は昨日の東京市場で
織り込み済み。
日経平均は昨日まで6日連続高となっており、寄付き段階では売り買いが
交錯した。

昼休みに外為市場で円安が進んだことや、アジアの株式市場が堅調に
推移していることなどから、後場に入って日経平均は上げ幅を拡大。
日経平均は7月3日ぶりの9800円台乗せとなった。日経平均は後場寄りに
一時138円高まであった後、概ね高値圏で推移したが、
引けにかけて伸び悩んだ。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

3銘柄

本日はダウが反落するも、アジア株や円安に振れていることなどの材料を
受けて、続伸する展開の中、惜しくも利食いポイント達成となる銘柄は
なかったものの仕込みとしては絶好!明日から期待の持てる配信となった。

また、本日も直近仕込み銘柄は次々と爆発&一段高し、利食い日和となった。

【最近の配信結果】
●7月13日(月)に配信致しました阪和興業【8078:終値 332円】が
上昇を続け、本日 375円をつけました。
配信株価より113%の上昇を記録しております。

●7月13日(月)に配信致しました伊予銀行【8385:終値 944円】が
上昇を続け、本日 967円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月14日(火)に配信致しましたローソン【2651:終値 3,870円】が
上昇を続け、本日 3,990円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月14日(火)に配信致しました三菱UFJリース【8593:終値 2,610円】が
上昇を続け、本日 2,855円をつけました。
配信株価より109%の上昇を記録しております。

●7月14日(火)に配信致しましたリンナイ【5947:終値 3,820円】が
上昇を続け、本日 4,160円をつけました。
配信株価より109%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しましたゼビオ【8281:終値 1,797円】が
上昇を続け、本日 1,938円をつけました。
配信株価より108%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しました前田道路【1883:終値 857円】が
上昇を続け、本日 879円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月15日(水)に配信致しましたきんでん【1944:終値 749円】が
上昇を続け、本日 781円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。

●7月16日(木)に配信致しましたNIPPO【1881:終値 744円】が
上昇を続け、本日 793円をつけました。
配信株価より107%の上昇を記録しております。

●7月16日(木)に配信致しました小林製薬【4967:終値 3,500円】が
上昇を続け、本日 3,700円をつけました。
配信株価より106%の上昇を記録しております。

●7月16日(木)に配信致しましたプレナス【9945:終値 1,350円】が
上昇を続け、本日 1,393円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月17日(金)に配信致しました共英製綱【9945:終値 2,350円】が
上昇を続け、本日 2,480円をつけました。
配信株価より106%の上昇を記録しております。

●7月17日(金)に配信致しましたトーカロ【3433:終値 1,223円】が
上昇を続け、本日 1,507円をつけました。
配信株価より123%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆

初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(7月分、8月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/

━━━━━

★有料会員の皆様には毎日を基本とし短期上昇銘柄をメールで配信します★

ミクシィID:http://mixi.jp/show_friend.p...=18658673
ザラ場でも日記更新中、マイミクも募集してます!

━━━━━

スナイパートレード http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

541:米GM、世界販売台数22%減

2009/07/23 (Thu) 10:01
今日は夏らしい天気に戻り気持ちがいいなと思って日光浴も兼ねて少し散歩して気持ちのリフレッシュをはかりました。

さて今日はGMのニュースをキャッチ☆

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は22日、2009年上半期(1?6月期)の世界販売台数が、景気後退による米国での販売不振などの影響で前年同期比21.8%減の355万2722台だったと発表した。
4?6月期は前年同期比15.4%減の193万6149台。6月1日に連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用申請に追い込まれるなど、4?6月期は経営に対する先行き懸念が販売に打撃を与えるのではないかとみられていたものの、アジア・太平洋地域での販売拡大が全体の落ち込み幅を抑える格好となった。
同地域で販売が伸びたのは中国メーカーとの合弁生産会社の販売台数が急増したのが主因で、GM単独では厳しい販売状況であることに変わりない。

GMの販売台数は減少しているもののアジアでの販売台数を伸ばすことである程度の販売台数を確保できてることで債権の足がかりになるのではないかと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

540:吉野家HD、中国で牛丼店運営の合弁会社を設立へ

2009/07/23 (Thu) 02:16
さて今日は飲食業界のニュースをキャッチ☆
吉野家HDといえばアルバイトから成り上がった社長さんが有名ですが個人的にもその考え方に感銘を受ける部分があります。

さてそんな中で吉野家HD、中国で牛丼店運営の合弁会社を設立へ
http://s-url.jp?47778

吉野家ホールディングス<9861.T>は22日、中国で外食事業の合弁会社を設立すると発表した。中国国内で牛丼の吉野家の出店と運営を行う。
完全子会社の吉野家インターナショナルが、伊藤忠商事<8001.T>が20%出資する頂新の外食運営子会社である頂巧と共同出資する。吉野家インターナショナルは現在、中国国内で沿岸部を中心に牛丼店を展開している。新合弁会社は頂新グループの営業力を活かし、内陸部の四川省を初期エリアとして店舗を展開していく予定だ。
吉野家HDによると、中国の外食産業の市場規模は約20兆円。年平均18%で成長しており、なかでもファストフード分野は2005年に約3兆8000億円であった売上高が08年には約6兆2000億円に拡大しているという。

日本飲食チェーンが中国市場へ参入していくことは日本としても国内だけではなく世界と勝負していく時代になったのかなと思わせるようなニュースだと思います。
今後日本の飲食業界の展望も気になりますし、吉野家の動きにも注目していきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

ブログ TOP » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。