プロフィール

sss

Author:sss

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

MASTER FXメルマガ
MASTER FXメルマガ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

1011:今週の見通し・為替 円相場、やや強含みに

2010/01/31 (Sun) 23:53
株価を考えていく上でやはり為替相場の動向は必須事項になってきますのでしっかりとチェックしていきたいと思います。

今週の円相場はやや強含みの展開か。中国の金融引き締め観測などを背景に、投資家はリスクを取りにくい。高金利の資源国通貨が売られ、連動性の高いユーロにも下落圧力がかかる可能性がある。低金利通貨の中でも円は特に買われやすく、対ドルでも強含みそうだ。ただ1月の米雇用統計の発表を2月5日に控え、急激な円高にはなりづらい。市場参加者の予想は1ドル=88円?92円が中心だ。

先週は引き締め観測が浮上している中国の景気減速懸念が広がり、世界的に株価が下落。円がドルよりも買われた。

市場は「中国要因」に加え、欧州の財政悪化も注視している。米国の新たな金融規制案の詳細もまだ見えない。リスクを取って株式や原油、資源国通貨などを買い進めにくく、これらの資産を売って低金利の円を買う動きが強まる可能性がある。ただ円そのものの買い材料は乏しい。

1月の米雇用者数(非農業部門)は前月比で増加に転じるとの見方が市場では多い。米国の金融引き締めが早まるとの観測が広がれば、円売り・ドル買いが進みそうだ。

世界的に金融引き締めの動きで円高地合いが強くなってきている形で、株価にも影響を及ぼしてくることは言うまでもありませんね。景気観測や金融引き締めなど様々な動きが出てきますのでしっかりと指標発表も含めて世界の動向を見据えての取引とリスク管理をしていきましょう。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
スポンサーサイト

池田のひとり言コメント(0)

1010:今週の見通し・株式 景気・決算にらみ神経質

2010/01/31 (Sun) 23:13
今日は天気予報とは裏腹に天気がよくてびっくりしました。とても過ごしやすい一日で、日光を浴びてリフレッシュできた感じがしますね。

さて今週の株式相場の見通しをチェックしていきましょう。

今週(2月1?5日)の株式相場は、海外の景気指標や国内主要企業の決算発表をにらんだ神経質な展開となりそうだ。日経平均株価は1万円台前半で推移し、為替相場が円高に振れれば昨年12月10日以来の1万円割れとなる可能性がある。ただ世界経済や企業業績の回復基調に大きな変化はなく、ずるずると下げ続ける懸念は小さい。

先週(1月25?29日)は日経平均が392円(3.7%)下落した。米国の新しい金融規制案への警戒感や中国の金融引き締め観測が引き続き重荷になった。

日経平均は1月15日の昨年来高値(1万0982円)まで1カ月半で約2割も上昇し、今はその調整局面との見方が多い。「景気や企業業績への楽観が少ししぼみ、悪材料に反応しやすい地合い」(日興コーディアル証券の小林久恒シニアマーケットアナリスト)

今週は1月の米サプライマネジメント協会(ISM)景況感指数(1日に製造業、3日に非製造業)、雇用統計(発表は5日の東京市場の引け後)など重要な海外の統計発表がいくつかある。「想定内の結果なら、米金融規制案で不安が高まった投資家心理が落ち着きを取り戻すきっかけになる」(マネックス証券の村上尚己チーフ・エコノミスト)。予想を下回れば米株安や円高を招き、日本株の押し下げ要因になる。

国内ではホンダ(3日)、トヨタ自動車、ソニー(4日)、パナソニック(5日)など主要企業の2009年4?12月期決算の発表が相次ぐ。今期の業績回復はすでに株価にほぼ織り込まれ「円高が止まらないと上値は追えない」(田辺経済研究所の田辺孝則代表)。投資家の関心は来期に向かい「新興国事業の利益率が改善したかがポイント」(日興の小林氏)。「収益底入れが確認できた内需株は出遅れ感から投資妙味が高まる」(運用会社)ともいい、選別が一段と強まりそうだ。

米シカゴ市場の日経平均先物(円建て)の前週末清算値は1万0205円で、大証(1万0160円)を上回った。週明けは小動きで始まる公算が大きい。

今週は国内企業の決算を皮切りに各指標発表をおさえながらの取引になりそうですね。やはり年明けからの過熱気味の日経平均株価も調整が入ってきているように感じますし、1万円台を割り込むのかどうか節目もありますのでしっかりとそういったところも考えての取引をしていきましょう。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

1009:ドコモ、iPad用「SIMカード」販売へ

2010/01/31 (Sun) 10:11
今日は今月最後の日曜ということでお出かけされる方も多いのではないでしょうか。天気がすぐれないようなので遠出は難しいかと思いますが自分なりに有効活用してリフレッシュができればと思っております。

さて今日はiPad関係のニュースをキャッチ☆
http://headlines.yahoo.co.jp...m-bus_all
NTTドコモが、米アップルの新型情報端末「iPad(アイパッド)」の日本での発売に合わせ、「SIMカード」単体での販売を検討していることが30日、明らかになった。
今後、海外で一般的なように、通信会社と携帯端末を利用者が自由に選ぶことができるきっかけになる可能性もある。
国内の大手通信会社がSIMカードを単体で販売するのは初めて。ドコモは、アイパッド利用者の通信需要の取り込みを狙う。
アイパッドは、電子書籍やゲームなどのコンテンツ(情報内容)を無線LANや携帯電話の通信機能を使って入手する仕組みだ。携帯電話の通信機能を使う機種は「SIMフリー」の仕様で、SIMカードを別途購入する必要がある。ドコモは、この機種が発売される6月以降に合わせてSIMカードを販売する方向だ。
アイパッド向けSIMカードは、携帯電話用の半分程度の大きさで、携帯電話との互換性はない。だが、米グーグルもSIMカードを利用者が自由に差し替えて通信会社を選択できる携帯電話「ネクサス・ワン」の国内販売を予定している。このためドコモは、携帯電話向けのSIMカードの販売も検討している。今後、外国製の人気端末が普及すれば、端末と通信会社を利用者が自由に選択できるSIMフリーが、日本でも進む可能性がある。
国内の携帯電話機は、例えば、ドコモの携帯電話機間ではSIMカードの差し替えが可能。しかし、ソフトバンクの電話機とは差し替えて使うことができない。

◆SIMカード=携帯電話番号や契約内容を識別する情報が記録された小型ICカード。これを携帯電話に差し込むことで初めて通信可能になる。日本の携帯電話機には、他の通信会社のSIMカードを差しても通信できない「SIMロック」がかけられている。海外の携帯電話機は、こうした制限がないものが一般的だ。複数の通信会社のSIMカードに対応した電話機は「SIMフリー」端末と呼ばれる。

Ipad用のSIMカードを販売するというころでドコモもこういった端末をしっかりと押さえていくことで顧客獲得や顧客ニーズにこたえていくといったところでしょうね。

<トヨタ>07年に不具合把握 リコール見送り→http://headlines.yahoo.co.jp...i-bus_all
アクセルペダルの不具合による米国での大規模リコール問題で、トヨタ自動車が07年に米国のユーザーから「アクセルペダルが戻りにくくなる」と苦情を受けていたことが30日、分かった。トヨタはこれまで、09年秋に米ユーザーから苦情を受け、ペダルの不具合を把握したとしていた。

トヨタによると、苦情があったのは07年3月で、ピックアップトラック「タンドラ」のアクセルペダルの戻りが悪いという内容だった。調査の結果、ペダルの戻りを調整する部品が湿気を吸って膨らむことが分かったが、「安全面で支障はない」と判断しリコールを見送った。

また、欧州でも08年12月ごろ、顧客から「アクセルペダルが戻りにくい」とクレームがあったが、欧州当局とも協議した結果、「安全面に問題はない」と判断したという。トヨタはこれらの経緯を米当局に報告しているが、07年時点で踏み込んだ対応をしていれば、今回のような大規模なリコールに発展しなかった可能性もある。

米国でのトヨタのリコール問題ですがしっかりと対応していくことが大きな火種にならないということではないかと私は思っております。やはり真摯に顧客の声を拾い上げていくことも一つの大事な仕事なのではないでしょうか。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

1008:企業再生支援機構の活用検討=ハウステンボス再建で-前原国交相

2010/01/30 (Sat) 23:17
今月最後の土日ということでリフレッシュしてつつ様々な計画を立ててPCなどのグレードアップや様々なインフラ関係を今年は強化していきたいと思っております。

さて今日はハウステンボスのニュースをピックアップ☆→http://headlines.yahoo.co.jp...0-jij-pol
前原誠司国土交通相は30日、大型リゾート施設「ハウステンボス」(HTB、長崎県佐世保市)の再建問題に関し、「企業再生支援機構の活用ができるのか、所管の菅直人副総理と相談して取り組ませていただきたい」と述べ、同機構による再建支援を検討する考えを示した。同県雲仙市で記者団に語った。
九州出身の私としてはハウステンボスの再建にはやはり気になりますね。どういった形であればこういった施設がしっかりと再建されて地方活性化に繋がっていけばと思っております。

「恵方巻き」商戦は全方位 個性派ずらり デパ地下も本気→http://headlines.yahoo.co.jp...i-bus_all
節分の日にその年の縁起の良い方角(恵方)を向いて太巻きを食べる「恵方巻き」が新たな習わしとして定着しつつある。関西地方で始まったとされるが現在は全国的に広がっており、年を追うごとに恵方巻き商戦はヒートアップするばかり。ブームの仕掛け人とされるコンビニだけでなく、百貨店やスーパーなども力を入れており、太巻きだでなく、パン、ケーキといった新たな楽しみ方を提案するなどしのぎを削っている。
サークルKサンクスは、昨年よりも10日前倒しとなる12月22日から予約を開始した。人気は「恵方海鮮トルティーヤ」(360円)。サーモンなどの海鮮素材をメキシコ料理でおなじみのトルティーヤで巻いた変わり種で、昨年は予約で3万食を完売したヒット商品。「今年は既に予約を断る店舗も出ている」ほどの人気ぶりで、5万食の販売を目指している。
ファミリーマートは、上質なまぐろやいかなどの海鮮食材を巻いた「上 海鮮恵方巻き」(500円)を中心に予約が好調で、今年は恵方巻き全体で前年比10%増を目指す。
セブン-イレブン・ジャパンの一押しは、「グッチ裕三監修の牛しぐれ煮恵方巻き」(390円)。恵方巻きの具材に肉を使用したのは初めてで、料理愛好家として知られるグッチ裕三さんとのコラボで誕生した。国産牛のしぐれ煮は隠し味に「ユズ皮」や「ユズコショウ」などを使って、牛肉のコクとうま味を引き出した。昨年12月22日から予約を開始したローソンも好調で、「予約数は前年比2割も増えた」(広報担当者)という。
百貨店も負けていない。日本橋高島屋では節分の2月3日に恵方巻きの特設コーナーを設置し、老舗の料亭や寿司屋が作った本格的な太巻きから洋風、中華風、ロールケーキ、パンなど前年比約2倍となる77種類の商品を用意する。品ぞろえと同様に、「売上高も前年比2倍を目指す」(広報・IR室)と鼻息も荒い。日本橋三越本店は、赤米や黒豆で赤鬼をイメージした「恵方大福」(158円)を限定販売する。
近年恵方巻き商戦が毎年激化しているイメージですが、こういった縁起物はやはり私も担ぎたくなる気持ちもありますし、せっかくなので美味しい恵方巻きを食べたいなと思っております。ユニークな恵方巻きも出ておりますので、私もいくつかピックアップして食べくらべてみたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

1007:【2010市場展望】企業業績?1ドル90円が分水嶺 金が台風の目

2010/01/30 (Sat) 10:02
週末は今日は天気がいいようですが明日から崩れるということなので今日できることは今日のうちにやるのが一番ですね。

2010年マーケットの第4の材料は企業業績など企業の動きです。復調の兆しを見せている企業業績が2010年も引き続き改善していくかどうかが焦点です。日本経済新聞社の集計によると、上場企業の2010年3月期見通しは売上高が前年比12%減、経常利益が1.4%増(金融・新興3市場を除く)。売上高は減少が続くものの、固定費削減などの効果で経常利益はわずかながら増益の見通しです。

業績の回復傾向が続く中で、特徴的なのはアジアのウエートが高まっていることです。主要グローバル企業(430社)の2009年4?9月期のアジアの売上高は初めて米州を上回りました。連結営業利益では全体の46%をアジアで稼ぎ、日本国内の29%を上回っています(日本経済新聞社集計)。今後も中国などアジアが日本企業の収益を引っ張っていくことになりそうです。
気がかりなのは為替相場の行方です。多くの輸出企業は09年9月中間決算の段階で今年度の為替想定レートを1ドル=90円程度に設定し、それをもとに10年3月期見通しを立てています。これより円高が進むと、業績の足を引っ張るおそれがあります。昨年11月から12月にかけて円高が急速に進みました。現在は90円台に戻していますが、1ドル=90円というラインは企業業績を左右する重要な分水嶺といえます。

3月期決算は4月下旬から5月上旬にかけて発表されますので、その時期は各社の決算の結果や2010年度の業績見通しが大きな材料になります。ただその前に、1月から2月にかけては2009年10?12月期決算発表があり、次いで2月から3月にかけては3月期の業績見通しを修正する企業が出てきます。すでに09年9月中間決算の段階で業績見通しを上方修正する企業が出ていましたが、今後も上方修正が増えれば市場では買い安心感が強まるでしょう。

2010年の株式市場では引き続き「環境」が大きなテーマとなるでしょう。ハイブリッド車や電気自動車など環境対応車が一段と脚光を浴びるでしょうし、太陽光発電や省エネ家電、さらには環境に関連した電気、機械、部品などの銘柄が注目されそうです。中長期的にも「環境」は日本企業の競争力強化のキーワードとなることは間違いありません。

もう1つ注目すべきはM&A(合併・買収)です。M&Aは一時の派手なブームが去り、沈静化した印象がありますが、それでも着実に進んでいます。最近の特徴は、環境、少子高齢化、グローバル競争激化などを背景に戦略的なM&Aが増えていることです。例えば、パナソニックが三洋電機をTOB(株式公開買い付け)によって子会社化したのは、三洋電機の太陽電池などを取り込んで環境事業を経営の柱にしてグローバル競争に勝ち抜こうとの狙いです。キリンホールディングスとサントリーホールディングスの統合交渉は、少子高齢化で国内食品市場が縮小するのに対応するとともに、海外の巨大食品メーカーに伍(ご)して世界市場で戦うためです。今後もこうしたM&Aは静かに増えていくとみられます。

最後に金、原油などの商品市場の動きにも注目しましょう。一時は原油価格の高騰が世界経済の波乱要因となりましたが、最近は1バレル=70ドル台を中心に比較的落ち着いています。当面はこの水準で推移すると思われますが、やはり中東情勢によっては再び価格高騰のリスクはつきまといます。2010年は特にイラン情勢が要注意とみています。

商品相場ではむしろ金相場が台風の目となりそうです。ニューヨーク金先物相場は09年9月に1トロイオンス=1000ドルの大台に乗せ、12月には一時1200ドル台まで上昇しました。この急騰は、(1)金融危機以来、安全資産である金に注目が集まった、(2)最近は投機筋が再びリスクを取れるようになり、ドルキャリー取引などでその資金の一部が金に向かった、(3)ドル安進行によってドルの代替資産として金が買われた――などが背景にあります。

特にドル安との関係は重要です。金価格は歴史的にみてドルと逆相関の関係があるのです。ドルの主要通貨に対する総合的水準を示すドル実効レートでみると、ドル安になると金価格は上昇、ドル高になると金価格は下落しています。基軸通貨であるドルの価値が下がると、頼りになるのは金というわけです。最近は明らかにドル安・金上昇トレンドで、まだドル安の流れが続くとすれば金価格の上昇傾向も続くといえます。もちろんここまで上昇してくると、さすがに高値警戒感も強まりますし、利益確定の売りもかさむでしょうから、今後は調整局面に入る可能性もあります。ただそれでも上記の3つの要因が変わらない限り、多少緩やかになっても、金価格の右肩上がりのトレンドはしばらく続きそうな情勢です。

今年の企業業績はアジア市場が牽引する形で世界経済が立て直しに繋がっていくのではないかという見方が強いですね。中国マーケットを中心にやはり成長が著しい事が印象が強いですね。また金や為替相場などの動向もやはり気になりますのでしっかりと幅広い視野をもっていくことが大事になってきますね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

1006:ANA、378億円の営業赤字 09年4?12月期、旅客数が大幅減

2010/01/29 (Fri) 22:35
基本的に私は肉が大好きなのですが、最近はちょっと肉中心の生活から野菜や魚へシフトを意識しだして少しずつ健康体へ近づいているような気がします。やはり体が資本なのでしっかりとした食生活を意識することは重要ですね。

さて今日はANAのニュースをキャッチ☆
http://headlines.yahoo.co.jp...n-bus_all
全日本空輸(ANA)が29日発表した2009年4?12月期決算は、本業のもうけを示す営業損益が378億円の赤字(前年同期は403億円の黒字)に転落した。世界的な景気の悪化で、旅客数が大きく落ち込んだ。
売上高は前年同期比16.6%減の9237億円と、2けたのマイナス。最終損益も351億円の赤字(同94億円の黒字)になった。
ANAも経営不振となると日本の航空業界はますます厳しくなるといったところですね。不況下で旅行なども減っている事なども原因の一つでしょうね。円高が追い風となって海外渡航などが増えていくことも期待したいですね。

日銀包囲網強まる、政府演説で金融政策への「期待」相次ぐ
http://headlines.yahoo.co.jp...u-bus_all
デフレ克服に向けて、日銀包囲網が強まった。通常国会冒頭の政府4演説のうち、鳩山由紀夫首相、菅直人副総理兼財務・経済財政担当相が相次いで金融政策への期待感を表明した。
政府は夏の参院選に向けて景気の失速だけは避けたいところ。財政政策に手詰まり感がある中で、金融政策への期待を強めており、超緩和的政策を粘り強く続けるとする日銀との対立が先鋭化する可能性も出てきた。
デフレ下で政府が金融政策への期待感を表明するのは常とう手段とも言え、過去の経済演説でも、たびたび日銀への「期待」や「要請」が示されている。一部で報道されたように今回が決して異例のことではない。
しかし、鳩山首相が日銀と一体となって「より強力かつ総合的な」経済政策を推進すると政策強化を訴え、菅直人副総理兼財務・経済財政担当相も同調。デフレ克服に向けて日銀には「適切かつ機動的な金融政策の運営によって経済を下支えするよう期待する」と金融政策への期待感を表明した。
特に経済・財政運営の全権を握る菅財務・経済財政担当相の強めの発言が目立つ。26日の参院予算委員会では、日銀に対して「まだまだもっとという気持ちが率直なところある」と、公然と注文をつけている。
日銀への圧力ととられかねない要人の不規則発言は、市場機能をゆがめかねない。まして日銀の金融政策決定会合に政府代表2人を送る立場の菅財務・経済財政担当相の「場外」での発言だけに、日銀の独立性を危うくするとの疑問府も残る。
一方、日銀の白川方明総裁は29日の講演で、長期国債の買い入れについて「今の金額が最適」と指摘。政府部内で議論されやすい長期国債の買い入れ増額に対し、日銀の立場を鮮明に示した。
日銀とのコミュニケーションが足りないとの認識が政府にあるなら、鳩山内閣発足直後に模索した「政府・日銀の定期協議」を実現させて議論を深めることが再び、模索される可能性もありそうだ。
【最近の経済演説での金融政策に関する言及】
・2006年164回国会・与謝野経済財政担当相経済演説: 最大の懸念材料が日本経済がデフレ状況にあることだとし、「日銀には引き続き実効性のある金融政策を講じるとともに、市場の信認を確かなものとするよう期待する」
・2004年159回国会・竹中経済財政担当相経済演説:「政府・日銀は、デフレ克服という政策目標を共有し、一層の努力を図っていく」
・2001年151回国会・麻生経済財政担当相経済演説:「日銀に対しても、経済の自律的回復を確実なものとするため、金融・為替市場の動向も注視しつつ、豊富で弾力的な資金供給を行うなど、適切かつ機動的に金融政策を運営されるよう要請する」
今後の経済政策に注目が集まる中で、日銀も方向性が定まったということで週明けどういった動きが市場に出てくるのかしっかりとリサーチしていきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

1005:東証大引け、大幅に反落 景気先行き懸念で買い手控え 値下がり銘柄数8割

2010/01/29 (Fri) 19:28
過ごしやすい天気でここ最近はとても気分よく取引にも勤しむことができますし、リフレッシュに出かけるにもいい環境ですね。こういった日が続けばいいなと願わずにはいられない今日この頃です。

さて今日の株式市場を振り返ってみましょう。

29日の東京株式市場は日経平均株価が大幅反落。大引けは前日比216円25銭(2.08%)安の1万0198円04銭だった。2009年12月21日(1万0183円)以来の安値水準となる。前日の米株安を受けて世界景気の先行き不透明感が再び広がり、売りに押された。主要企業の09年4?12月期決算の内容を見極めたいとの雰囲気も買い手控えムードを誘った。円相場の高止まりを受けてソニー、キヤノンといった主力の輸出関連株が総じて軟調に推移。大引けにかけては、手じまい売りに加えインドの預金準備率引き上げ報道も重荷になり、指数は安値引けとなった。

国内外の企業業績は足元で収益の回復傾向を示しているものの、米金融規制の強化や中国の金融引き締め、ギリシャの信用不安など懸念材料を抱えるため、先行きの楽観論はしぼみつつある。市場では「外部環境の不透明感が強く、しばらくは買い見送り気分が強そう。目先は1万円近辺までの調整もあり得る」(三菱UFJ証券の高橋春樹プロダクトマーケティング部部長)との声が聞かれた。

発表が本格化している主要企業の決算では通期見通しの上方修正がみられるが、従来予想の据え置きなど、投資家による業績の上振れ期待に届かない発表も目立つ。好業績などを受けて個別株を選別物色する動きも見られたが、相場全体はさえない値動きだった。寄り付き前に発表された09年12月の鉱工業生産速報や完全失業率、有効求人倍率などは市場予想の範囲内として、材料視した売買は目立たなかった。

東証株価指数(TOPIX)も反落したが、内需関連の一角が底堅く推移したため、日経平均に比べると下落率は小さかった。

東証1部の売買代金は概算で1兆6266億円、売買高は22億5850万株。東証1部の値下がり銘柄数は1349と全体の8割を占めた。値上がり銘柄数は256、横ばいは77だった。

トヨタは部品の不具合問題が引き続き嫌気されて6日続落。三井住友FG、三菱UFJ、ホンダ、三菱商、コマツ、日立、キヤノンが売られ、今期に135億円の最終赤字になる見通しを開示したアドテストは10%超の急落。半面、取引時間中に通期見通しを上方修正したファナックが買われ、日産自は小高く推移した。

東証2部株価指数は反落。宮入バ、ラオックス、大幸薬品が売られた。さいか屋、バナーズ、稀元素が上昇した。

今日は決算見極めムードややはり世界的に金融規制ムードが広がっている為、積極的な買いということはなかったですね。ただ仕込みをしていくにはいい時期だと捉えてしっかりと情報収集をして投資へとつなげていくことが大事ですね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

1004:【ジュネーブモーターショー10】フェラーリ初のハイブリッド、燃費は30%向上か

2010/01/29 (Fri) 14:09
今日は少し気温も下がり冬に戻っていくのかなと思わせるような天気ですね。三寒四温という言葉もありますし、冬の天気を自分なりに活用して、リフレッシュしたり気を引き締めることに活用していければと思っております。

さて今日はまずはフェラーリのニュースをピックアップ☆
http://headlines.yahoo.co.jp...0-rps-ind
フェラーリのルカ・ディ・モンテゼモーロ会長は28日、2010年シーズンのF1マシン『F10』発表の場で、『599GTBフィオラノ』(日本名:『599』)にハイブリッド仕様を設定すると宣言した。フェラーリ初のハイブリッド車となる。
599GTBフィオラノは、2006年3月のジュネーブモーターショーでデビュー。6.0リットルV型12気筒(620ps、62kgm)をフロントに積むフェラーリのフラッグシップで、0‐100km/h加速3.7秒、最高速330km/hとフェラーリの頂点にふさわしい性能を誇る。
フェラーリはこの599をベースに、ハイブリッド仕様を開発。システムの内容は公表されていないが、フェラーリは2009年、F1マシン『F60』に「KERS」(キネティック・エナジー・リカバリー・システム)を搭載。この回生ブレーキが、599のハイブリッドにも応用される見込みだ。
また、エンジンは599と同じ6.0リットルV型12気筒で、エンジンが後輪、モーターが前輪を駆動する4WDになると見られる。もちろん、モーター単独での走行が可能で、アイドリングストップも装備。気になる燃費は、最大30%の向上を果たしているとの噂だ。
599のハイブリッド仕様は、3月2日に開幕するジュネーブモーターショーで正式発表。ほぼ市販状態のモデルが展示されると予想されている。
フェラーリからHV車が登場するということで車好きの私からしてもいやでも注目してしまいますね。ジュネーブモーターショーでも展示されるということで燃費向上した分実際乗ってみてフェラーリらしさを体感できるかどうかが気になるところですし、販売価格もやはり気になりますね。

「フラガール」制作のシネカノン、再生法適用申請
http://headlines.yahoo.co.jp...8-yom-ent
民間信用調査会社の帝国データバンクは28日、映画「フラガール」「パッチギ!」などを制作した映画制作・配給会社「シネカノン」(東京都渋谷区)と関連会社の計2社が同日、民事再生法の適用を東京地裁へ申請したと発表した。

負債総額は計47億300万円。

同社は1989年に創業し、韓国のヒット映画「シュリ」などを配給したほか、2006年公開の「フラガール」では数多くの映画賞を受賞するなど、注目を集めた。しかし、ここ数年はヒット作に恵まれず、飲食部門も不振が続いていた。
映画業界も厳しい状況が続いているということでしょうね。他部門が足を引っ張る形もありこういった民事再生法の適用を申請ということで外科手術が行われることは言うまでもないですしどういった形で再生されていくのかはやはり見守っていきたい部分ではありますね。個人的に映画は好きで映画館に足を運ぶ機会も多く、色々考えさせられる場なのでこういった企業はできるだけ多くいい形で残していけるようにしていってもらいたいものですね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

1003:株誤発注が響き52億円の赤字…4?12月期

2010/01/28 (Thu) 22:57
1月の取引も明日で終わりということで1カ月という時間の経過の早さを実感しております。2月、3月と時間が経過するスピードもUPしていきますので濃い時間の過ごし方をしていきたいものですね。

さて今日はまずは東証のニュースをキャッチ☆
http://headlines.yahoo.co.jp...i-bus_all
東京証券取引所グループが28日発表した09年4?12月期連結決算は、ジェイコム株の誤発注訴訟に絡む損害賠償費用132億円を特別損失に計上したことなどが響き、最終損益は52億円の赤字(前年同期は78億円の黒字)だった。
売上高に当たる営業収益は、株取引低迷による取引参加料の減少などで前年同期比14.6%減の460億円、営業利益は9.1%減の119億円だった。斉藤惇社長は10年3月期の見通しについて「最終黒字は至難の業だが(新規上場基準の)税引き前黒字はなんとか確保したい」と述べ、11年3月期以降の早期に上場する方針は変えない考えを示した。
今期はジェイコム株についての赤字が響いての損益が赤字ということですが新システムの導入など様々な施策を取り入れてきておりますので今後の展開には期待していきたいと思っております。

プロミスが社員3割削減 事業構造改革プラン
http://headlines.yahoo.co.jp...n-bus_all
消費者金融大手のプロミスは28日、全国に148店ある有人店舗を2011年3月末までに全廃し、グループ社員を約30%することなどを盛り込んだ事業構造改革プランを発表した。
貸金業の規制強化で経営環境が悪化する中、業界でも異例となる有人店舗の全廃まで踏み込むことで、「筋肉質の経営」(久保健社長)に生まれ変わり、“冬の時代”を乗り切る。
改革プランでは、11年までに既存の有人店舗を全廃し、営業拠点は全国約1300の無人契約機に特化する。
有人店舗にかわって「お客様サービスプラザ」を新設。専門スタッフがお金に関する相談に応じるほか、個人事業主向けのローンも提供する。
現在、グループで約5300人いる社員は、希望退職などで11年3月末までに1600人削減し3700人に減らす。
また買収で傘下に収めた三洋信販を今年10月をめどに吸収合併。三井住友銀行との合弁会社のアットローンも吸収し、グループの再編を進める。
同日会見した久保社長は記者会見で、「規制強化の中でも業績回復はかるために、スリム化をして、次のステップで反転攻勢に出たい」と述べた。
同時に発表した09年4?12月連結決算は営業収益が前年比13.0%減の2589億円、最終利益が16.2%減の158億円だった。
消費者金融大手のプロミスも厳しい経営を強いられており、こういった人員の削減をしないと厳しいということでしょうね。金融関係にはまだまだ厳しい時代が続く事は言うまでもありませんが、しっかりとした経営をしていける企業が生き残っていける事は言うまでもありませんのでどういった展開になってくるのか注視していきたいと思っております。

<吉本興業>2月24日上場廃止
http://headlines.yahoo.co.jp...i-bus_all
吉本興業は28日、大阪市内で臨時株主総会を開き、同社の株式公開買い付け(TOB)を実施したクオンタム・エンターテイメントによる完全子会社化に向けた定款変更が承認された。吉本株は2月24日付で大阪・東京の両証券取引所で上場廃止となり、約61年にわたる株式上場に終止符が打たれる。
ク社は大手民放5社や広告代理店など13社が設立した特定目的会社で、毎日放送など在阪の民放も出資を検討している。昨年成立したTOBでク社は吉本株の88.52%を確保しており、今回の定款変更でTOBに応じなかった株主から残りの株を買い取ることができる。ク社は5月末までに吉本を完全子会社化した後に6月1日付で吸収合併する。吉本は非上場化で自由度の高い経営を目指す。社名の「吉本興業」は存続し、本社所在地も大阪市中央区のままで、大崎洋社長ら幹部も留任する。
吉本の上場廃止のニュースは以前もピックアップしましたが具体的な日程も決定しこの日程で進んでいくということですね。こういた内内の政策がどのような含みがあってのことかというところに思いを巡らせているところです。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

1002:東証大引け、反発 FOMCなどで安心感、業績改善期待も根強く

2010/01/28 (Thu) 22:15
今日はとても暖かい一日でしたが雨もぱらついたりと変な天気でしたね。また寒くなってきそうな感じですから体調管理には気をつけていかないといけないですね。

さて今日の株式市場を振り返ってみましょう。

28日の東京株式市場で、日経平均株価は5営業日ぶりに反発。大引けは前日比162円21銭(1.58%)高の1万0414円29銭だった。注目の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の27日の米株式相場が上昇。前日までの4日続落で自律反発機運が高まっていたほか、企業業績の改善期待が根強かったこともあり、朝方から買いが優勢となった。

米連邦準備理事会(FRB)は27日、FOMCで実質的なゼロ金利政策の継続を賛成多数で決定した。政策変更を予想する市場参加者はほとんどいなかったものの、「想定通りの結果となったことで、東京市場でも買い安心感が広がった」(中堅証券会社の情報担当者)という。

後場入り後は買いの勢いが増した。オバマ米大統領は日本時間28日午前から臨んだ一般教書演説で、金融機関に対する新規制案へ具体的に言及しなかった。大統領の強硬姿勢への警戒感が高まっていただけに、株式市場では買いが優勢になった。香港などアジア株式相場が堅調に推移したこともあり、投資家心理が一段と強気に傾いた。東証株価指数(TOPIX)も5営業日ぶりに反発した。

東証1部の売買代金は概算1兆8060億円、売買高は同23億6292万株。東証1部の値上がり銘柄数は1094と、全体の65%を占めた。値下がりは451、横ばいは136銘柄だった。

大手電機の日立や東芝が買いを集め、業績改善観測が報じられたソニーやホンダが上昇した。通期業績予想を上方修正した日電硝の上昇が目立ち、小糸製やメルコなどが昨年来高値を更新した。一方、業績予想を下方修正した新日鉄は下落。リコール(無料回収・修理)に伴い一部車種の米国販売・生産を停止したトヨタは5日続落した。日立建機の値下がりが目立ち、みずほFGは反落した。

東証2部株価指数は3日ぶり反発。アライドHDと宮入バが上げ、ラオックスとオリコが下げた。

今日はFOMCの発表など安心感が広がり買い優勢で進みいい商いとなったのではないでしょうか。比較的幅広い銘柄が値をあげた展開となり、米国の影響をやはり汲んでの動きと言わざるを得ないですがしっかりとした取引が戻ってきているのではないでしょうか。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

1001:米デルタと業務提携へ 「スカイチーム」に移籍

2010/01/28 (Thu) 10:52
今日は春の陽気でとても暖かいですが夜は雨になるということですし明日からまた寒くなるので上着はもって動いたほうがよさそうですね。

さて今日は日航のニュースをピックアップ☆
http://headlines.yahoo.co.jp...i-bus_all
日本航空は27日、世界最大手の米デルタ航空と業務提携し、国際航空連合「ワンワールド」から「スカイチーム」に移籍する方針を固めた。ワンワールドの中核メンバーである米アメリカン航空も提携強化を申し入れていたが、日航はデルタと組んだ方が提携効果が大きいと判断した。会長に就任する稲盛和夫氏が2月1日にも発表する。
日航はデルタとの提携について、2月中に日米政府に独占禁止法の適用除外(ATI)を申請する意向。併せて、成田-デトロイト線や羽田-アムステルダム線の開設を検討し、ネットワークの強化を図る。
デルタは日航と重複する路線も多いため、運賃の共通化や運航ダイヤの調整による効率化が期待できる。企業再生支援機構の試算では、デルタとの提携効果はATIを取得できた場合は年172億円に上り、アメリカンとの提携効果の同54億円を大きく上回る。仮にATIが認められなくても効果は同92億円で、アメリカンを選んだ場合を上回る。
デルタは日航に対し、5億ドルの出資など計10億2000万ドルの金融支援を申し出ていた。だが、支援機構は日航の再建を主導する上で海外からの出資は不要との見方に傾いており、デルタとの提携は業務面だけにとどまる可能性が高い。
日航は大筋で再建案がまとまりやっと前に進んでいくということでしょうかね。提携効果も含めてしっかりとした再建への道を進んでもらいたいものですね。

米FOMCが金利据え置き、低金利の長期間維持を再表明→http://headlines.yahoo.co.jp...u-bus_all
米連邦準備理事会(FRB)は27日、連邦公開市場委員会(FOMC)声明を発表し、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0─0.25%に据え置くとともに、金利を長期間(for an extended period)ゼロ付近に維持する方針をあらためて示した。
据え置きは賛成9、反対1で決定された。ホーニグ米カンザスシティー地区連銀総裁が、金利を長期間(for an extended period)異例に低い水準に維持するとの文言を削除するよう求め、反対票を投じた。
FRBはまた、政府機関が保証するモーゲージ担保証券(MBS)および政府機関債の買い入れプログラムは第1・四半期末までに終了させるとの見通しを示した。ターム物資金入札(TAF)は段階的に縮小させ、最終入札は3月8日に実施するとした。
また、主要中銀との通貨スワップ措置は2月1日までに完了するとした。
まだ金利を現状維持するしか他にないということはやはりまだ経済自体の回復が遅れているといったところでしょうね。米金融規制もあり経済活動が健全ではない気がしておりますが、どういった動きになるか先をみてわれわれも動いていかねばならないと思っております。

[新製品]米Apple、遂に注目の「iPad」を発表!→http://headlines.yahoo.co.jp...1-rbb-sci
米Appleは現地時間27日、同社の新製品として9.7V型タッチパネル液晶を搭載した「iPad」を発表。3月末に発売予定。価格は16GBが499米ドル、32GBが599米ドル、64GBが699米ドル。同日から予約受付を開始した。
同製品は、これまでもたびたび噂されてきたAppleによる大型のタッチデバイス。2010年1月初旬のCES 2010でマイクロソフトが発表したHP製の「スレートPC」や、デルのタブレット端末などが一部のみ紹介されてきたが、それらに先駆けて商品化を図ったことになる。形状の見た目は大きなiPhone(iPod touch)そのものだが、シャープなボディ構成はMacBook Proを彷彿とさせる部分もある。
パネルには高精細なIPS液晶を搭載し、画面解像度は1,024×768ピクセル。本体サイズは幅189.7×高さ242.8×奥行き13.4mm、重さは約680g。ストレージはフラッシュメモリで、16GB/32GB/64GBの3ラインアップ。無線LANはIEEE 802.11b/g/nに対応。Bluetooth 2.1+EDRを搭載する。
また、これらの通信環境に加え、3G回線モデルも用意。米国ではAT&Tとタッグを組み、無制限プランが月29.99米ドル、最大250MBのプランが14.99米ドル。米国以外の対応については現段階では未定だ。3Gモデルの本体価格は130米ドルずつ上乗せで、16GBが629米ドル、32GBが729米ドル、64GBが829米ドル。3Gモデルに関しては発売が4月末予定となっている。
CPUは独自開発の「Apple A4 chip」を用い、動作周波数は1GHz。リチウムポリマー充電池を内蔵し、懸念されるバッテリ駆動時間は約10時間を実現したという。インターフェースはマイク/Dockコネクタなど。ボディに見合った大型のソフトウェアキーボードを搭載した。
iPhoneやiPod touch同様に音楽・映像・ゲームなどのマルチメディアプレーヤーとして、また、web閲覧ツールとして楽しめる。そのほかに大きな特長として電子書籍リーダーとしての機能を備えた。Appleが提供するアプリの名称は「iBooks」。iTunesの電子書籍版といった印象で、iBookstoreを通じて電子書籍購入が可能だ。日本での対応は今のところ未定。
アップルの注目のタブレットPCがついに発売ということで注目が集まっておりますが、果たしてその機能性がどの程度有益なものかは私も興味津々です。日本に対応するかはまだ未定という事なので今後のアップルの展開にも注目していきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

1000:今年の失業者、2億1340万人に=「雇用なき回復」に警鐘-ILO予測

2010/01/27 (Wed) 10:11
様々なシステムを利用する上で必要不可欠なのが、きちんとシステムがシステムとしての機能を果たしているかどうかをチェックすることが大事ではないかと思います。シストレが流行している昨今こういったシステムを利用される方はシステムがきちんと機能してパフォーマンスをたたき出しているかもきちんと確認していくことが大事ですね。

さて今日は世界の雇用情勢についてのニュースをピックアップ→http://headlines.yahoo.co.jp...7-jij-int
国際労働機関(ILO)は27日発表した労働市場に関する報告書で、2010年の世界全体での失業者数が2億1340万人となり、過去最高水準に達すると予測した。世界的な景気悪化で雇用が落ち込んだ09年(推定2億1150万人)から、情勢が一段と深刻化し、失業者が190万人増加する見通し。
10年の失業率は6.5%(09年は推定6.6%)に高止まりすると予想。特に北アフリカや旧ソ連諸国などでは10%超の高い失業率が続く見込み。
ILOのソマビア事務局長は、各国の指導者らが集まる世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)の27日開幕を念頭に、「『雇用なき回復』の回避が政治の優先課題であることは明白だ」と言明。雇用問題に対処するためには、「(金融危機で行った)銀行救済と同様の確固たる政策を講じる必要がある」と述べ、各国の指導者や民間企業のトップらに取り組みを強化するよう訴えた。
世界基準でみても雇用の悪化はこれからも進むということでしょうね。失業者は日本のみならず世界でも増加をしているということでまだまだ厳しい状況は続きそうですが今年ある程度世界経済もめどがたってくればと思っております。

米GM、サーブ売却で合意=オランダのスパイカーに
http://headlines.yahoo.co.jp...8-jij-int
米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は26日、傘下のスウェーデン自動車大手サーブをオランダの高級スポーツ車メーカーのスパイカーに売却することで合意したと発表した。米メディアによると、GMはこの売却により、サーブ株3億2600万ドル(約293億円)相当と現金7400万ドルを獲得する。
経営難で昨年2月に会社更生手続きの適用を申請したサーブをめぐっては、売却交渉が難航。昨年末にはGMはサーブ事業を段階的に縮小する意向を表明し、有望な売却先が見つからない場合には、サーブの清算も辞さない方針を示していた。
スパイカーとのぎりぎりの交渉がまとまったことを受け、GMはサーブ清算に向けた動きを停止する。スパイカーはサーブ買収により、新会社「サーブ・スパイカー・オートモービルズ」を設立する方針。
サーブの売却先が決まったということでGMの再建もこれでまた一歩前に進むといったところでしょうね。米金融規制法が決まったことなど株価なども下落しておりまだまだ厳しいですがこういった経済の根幹を支える企業がしっかりと立ち直っていくことが経済の活性化の一つの起爆剤にも繋がってくると思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

999:西武有楽町店、年内閉鎖へ

2010/01/26 (Tue) 21:10
今日は寒さが戻ってきた感じがしますが、冬らしい日々もどんどん減ってくるでしょうから四季を楽しむという意味では冬をしっかりと満喫したいものですね。

さて今日はまずは西武のニュースをキャッチ☆
http://headlines.yahoo.co.jp...n-bus_all
セブン&アイ・ホールディングスが傘下の百貨店大手、そごう・西武が運営する西武有楽町店(東京都千代田区)を年内に閉鎖する方針であることが26日、分かった。27日にも正式発表する。セブン&アイは大阪のそごう心斎橋本店を昨年、百貨店大手のJ・フロントリテイリングに売却するなど不採算店舗の整理を進めており、今回の閉鎖もこの一環。
西武有楽町店はJR有楽町駅前に昭和59年に開業。若い女性を対象に、衣料品や雑貨などを販売している。ただ、販売不振とともに賃料の高さも重なり、ここ数年は赤字が続いていた。
百貨店業界も厳しい経営を強いられており賃料の問題や売上など様々な問題もあっての閉店ということで寂しいものがありますがこれも時代の潮流ということでしょうね。しっかりとした経営をしている企業にしっかりと投資をしていくことが大事ですね。

ドコモが初めて「学割」プラン導入 auに対抗
http://headlines.yahoo.co.jp...n-bus_all
NTTドコモは26日、学生やその家族を対象に、携帯電話基本料を従来の780円から半額の390円とし、3年間割り引くキャンペーン「タイプシンプル学割」を2月1日から始めると発表した。5月末まで受け付ける。ドコモが「学割」プランを導入するのは初めて。
ドコモが「学割」を導入するのは、ライバルのKDDI(au)が1月20日に発表した「学割」値下げに対抗するためだ。携帯電話の春商戦は例年、契約者の獲得競争が最も激しく、他社が値下げに踏み切る中で「販売戦略上、何もしないわけにはいかない」(ドコモ)と判断したという。
ドコモは料金プラン「タイプシンプル(バリュー)」の基本使用料を半額の390円とし、auの「学割」と同じ料金水準にする。学生は既存のドコモユーザーを含め、申請があれば「学割」を適用。学生の家族も、ドコモへの新規加入者に限り、割引の対象とした。
KDDIがすでに導入を発表している「ガンガン学割」は、auの料金プラン「プランEシンプル」「プランE」の利用者で、2月9日からの3カ月間に申し込みがあった学生を対象に、基本使用料を3年間割り引き、月額390円とするものだ。
ソフトバンクモバイルは2年前から「ホワイト学割」を実施しており、今春も同様のキャンペーンを実施するとみられる。
携帯大手3社がいっせいに「学割」キャンペーンを行う見込みで、学生をめぐる今春の顧客争奪戦は激化しそうだ。
携帯業界も厳しい競争が続いていますがついにドコモも学割をスタートということで大手も足並みをそろえて今後のどういったplanやサービスを打ち出していくかとったところになってきそうですね。

JR東日本がスーパー「紀ノ国屋」を買収 流通事業に本格参入→http://headlines.yahoo.co.jp...n-bus_all
JR東日本は26日、高級スーパー「紀ノ国屋」を買収すると発表した。グループ3社を合併させた上で、4月1日に全株式を取得し、完全子会社化する。JR東日本では、地方を中心に支店単位で約10店舗のスーパーを展開しているが、本社がスーパー事業を手がけるのは初めて。同社を傘下におさめ、首都圏を中心に駅構内で商業施設を運営する駅ナカや駅ビルに店舗を拡大し、運輸業以外のビジネスでの収益拡大を目指す。
紀ノ国屋は、1910年創業で、53年に日本で最初のスーパーを東京・青山に開店。高級素材の食材を提供する「高級スーパー」やベーカリーなどグループ3社で17店舗を展開し、JR東日本の駅ビルや駅ナカにも3店舗を出店している。
運輸業以外の事業が営業収益の約3割を占めるJR東日本は、2017年度までにこれを4割に拡大することを目指している。首都圏を中心に駅ナカ、駅ビル開発を進める一方で、生活に密着したサービスの強化を模索していた。
運輸のインフラをしっかりと確保しているだけにこの買収でJR東日本も更なるサービスの拡充が期待できるのではないでしょうか。しっかりとインフラを持っているからこそそのインフラを活かしていくことができますし、揺るがない基盤を持っているからこそできることもあると思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

998:日経平均、またも3日続落。スナイパー銘柄、直近配信のEPS(4282)逆行高!

2010/01/26 (Tue) 18:02
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
今日の東京株式市場は小動きで始まった。昨日の米国株式市場は反発した
ものの、3日連続大幅安の後にしては上昇は小幅にとどまり、外為市場では
円相場が安定した動きとなっていることなどから、手掛り材料に乏しく、
寄付き段階では売り買いが交錯した。
今日の日銀の金融政策決定会合で新たな金融緩和策が打ち出されるかに
注目する向きもあった。

後場に入って、上海や香港の株価が軟調に推移していることや、外為市場で
円高方向に振れていることなどから、日経平均はマイナス圏で下げ幅を拡大。
昨年12月22日以来の1万400円割れとなった。
ダウ・ジョーンズ通信などが、中国工商銀行など複数の中国の大手銀が
新規融資の停止に踏み切ったと伝え、上海株が下げ幅を拡大したことや、
グローベックスで米株価指数先物が下げ幅を拡大したことも重しとなった。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

3銘柄

本日は、昨日のダウが小幅反発したことを受けて、朝は日本株も買われる傾向
が見られたが、後場から急落し、蓋を開ければ200円近い下げ幅を作って引ける
展開の中、昨日配信の3銘柄は惜しくも利食いポイント達成とはならなかった
ものの仕込みとしては絶好!

週明けからの上昇に期待の持てる配信となった。

【最近の配信結果】
●1月8日(金)に配信致しました参天製薬【4536:終値 2,816円】が
上昇を続け、本日 2,913円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●1月14日(木)に配信致しましたGMOホスティング&セキュリティ【3788:終値 61,000円】が
上昇を続け、本日 63,800円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

●1月21日(木)に配信致しましたEPS【4282:終値 340,500円】が
上昇を続け、本日 357,000円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(1月分、2月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/

━━━━━

★有料会員の皆様には毎日を基本とし短期上昇銘柄をメールで配信します★

ミクシィID:http://mixi.jp/show_friend.p...=18658673
ザラ場でも日記更新中、マイミクも募集してます!

━━━━━
池田のひとり言コメント(0)

997:東証大引け、3日続落 中国金融引き締め嫌気 1カ月ぶり安値

2010/01/26 (Tue) 16:52
今月も残すところあとわずかですが、2010年の1カ月が過ぎようとしています。今年の目標などは実行できていますか?
うまくいっている人もそうでない人も機会を見つけてしっかりと軌道修正をしていくことが大事でしょう。

さて今日の東京市場を振り返ってみましょう。

26日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落した。終値は前日比187円41銭(1.78%)安の1万0325円28銭と昨年12月21日以来、約1カ月ぶりの安値となった。前場は前日終値近辺で方向感の乏しい展開だったが、後場に入ると中国の金融引き締め観測が伝わり、投資家心理が急速に悪化。コマツや日立建機など「中国関連株」に売りが膨らんだ。外国為替市場で円がドルやユーロに対して上昇したため、トヨタやソニーなど輸出関連銘柄も売られた。

後場は「中国人民銀行(中央銀行)が一部銀行に預金準備率の追加引き上げを指示した」などと伝わった。中国の上海総合指数や香港ハンセン指数が大きく下落したこともあり、日経平均は後場に入って下げに転じ、その後は下値を切り下げる展開となった。中国経済の減速を警戒して、建設機械や設備投資関連などの下げが目立った。市場では「中国が立て続けに金融を引き締めれば、商品価格や株式相場をはじめ世界的に影響が広がる」(かざか証券の田部井美彦市場調査部長)との警戒感が高まった。主要企業の2009年4?12月期決算発表を見極めたいとのムードや政治とカネの問題を巡る政局の不透明感を嫌い、買いを手控える投資家も多かった。

日銀はきょうの金融政策決定会合で政策金利の据え置きを決めたが、想定通りとの声は多く株式相場への影響は特にみられなかった。

東証1部の売買代金は概算で1兆6209億円で、売買高は23億7259万株。値下がり銘柄数は1396と今年に入って最多を記録した。値上がりは179、変わらずは108銘柄だった。

業種別TOPIXは「海運業」「電気機器」をはじめ33業種すべて下落した。東証株価指数(TOPIX)も3日続落。

ファナックや京セラ、東エレクなど値がさ株が売られ、JCOMに出資するKDDIが8%強下げた。日立、東芝が安い。半面、凸版や大日印が上昇。JTやニチレイなどが堅調だった。

東証2部株価指数は反落。個別銘柄では大幸薬品やラオックス、トーセイが下落。半面、AQインタやイノテック、インテリクスが上昇した。

米国に続き中国も金融引き締めなど世界経済で金融危機を引き起こさない為の政策がとられつつありますが、経済活動が停滞しないことがやはり大事ですからしっかりと実体経済の妨げにならない政策が必要になってくるでしょう。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

996:東証大引け、1カ月ぶり安値 米株安受け、下値で押し目買いも

2010/01/25 (Mon) 23:16
週末から天気も良く過ごしやすい日が続いていますが、朝晩の冷え込みはまだまだありますので乾燥や体調管理など十分に気をつけて下さい。

さて今日の東京市場を振り返ってみましょう。

25日の東京株式市場で日経平均株価は続落。前週末比77円86銭(0.74%)安の1万0512円69銭と、昨年12月25日以来1カ月ぶりの安値で終えた。前週末22日の米株式相場が大幅に3日続落したことや為替相場の円高基調を受けた売りで、下げ幅は一時170円を超えた。ただ、売り一巡後は下げ渋った。米株安や国内政治を巡る不透明感にもかかわらず、海外投資家の日本株買いは続いているとの見方から下値では押し目買いが入った。市場では「キヤノンなど主力企業の業績上ぶれ観測が相次いで伝わるなど企業業績に対する期待感も根強い」(大手証券の情報担当者)との声も聞かれた。

民主党の小沢一郎幹事長が資金管理団体を巡る問題で東京地検特捜部から事情聴取を受けたほか、沖縄県の名護市長選挙では米軍普天間基地の移設受け入れに反対する候補者が当選した。政局混乱で2010年度予算審議が遅れることや、海外投資家が日本株に対して慎重姿勢を強めることへの懸念を誘った。ただ、政局リスクを背景とした売りは目立たず、下値の売りにくさにつながったとの声もあった。

東証株価指数(TOPIX)は続落。東証1部の売買代金は概算で1兆4212億円。売買高は19億1582万株と、節目の20億株を下回り4日以来の低水準だった。日本時間今夜の米株式相場の動向や今後発表が相次ぐ企業業績を見極めたいとして、様子見ムードも広がった。東証1部の値下がり銘柄数は全体の6割強にあたる1072銘柄、値上がりは464銘柄、変わらずは148銘柄だった。

ホンダ、トヨタ、デンソーが売られ、東エレク、信越化が下げた。ファストリ、ソフトバンクが安い。郵船、商船三井、川崎汽が軟調。三菱UFJ、みずほFG、三井不、菱地所がさえない。東京製鉄は大幅安。半面、キヤノン、ソニー、TDK、パナソニックは買われた。イオン、高島屋、セブン&アイが上げた。

東証2部株価指数は小幅ながら反発した。大幸薬品、AQインタ、アクセルが上げた。半面、トーセイ、山洋電、アインファマが下げた。

今日は米株安の影響を受けながらも比較的しっかりとした商いだったように思います。ただ依然為替相場は円高で推移しておりますし、民主党小沢幹事長の動向もあり政治リスクが介在する中での取引ということで様子をうかがっている投資家なども多いのではないでしょうか。
自分なりにGOサインが出ているときにしっかりと地に足のついた取引をしていくことが重要ですね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

995:日経平均続落!しかし14日配信のマクニカ(7631)など逆行高で爆発!

2010/01/25 (Mon) 18:06
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
今日の東京株式市場は続落して始まった。先週末の米国株式市場が大幅続落
となったことや、外為市場で円高方向に振れていることなどから、
東京市場では売りが先行した。
民主党の小沢一郎幹事長の政治資金問題や、沖縄県名護市長選で普天間基地の
移設受け入れに反対する候補者が当選したことなどで、政治の不透明感が
強くなっていることも相場の重しとなった。

後場に入って日経平均は下げ渋った水準で推移した。今晩の米国市場の
反発を期待した押し目買いも見られたが前日比プラスに浮上することは
なかった。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

3銘柄

本日は、先週末ののダウが200ドル以上大幅続落したことを受けて
日本株も終始大きく売られる展開の中、昨日配信の3銘柄は惜しくも
利食いポイント達成とはならなかったものの仕込みとしては絶好!

週明けからの上昇に期待の持てる配信となった。

【最近の配信結果】
●1月8日(金)に配信致しました参天製薬【4536:終値 2,816円】が
上昇を続け、本日 2,910円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●1月14日(木)に配信致しましたマクニカ【7631:終値 1,344円】が
上昇を続け、本日 1,489円をつけました。
配信株価より111%の上昇を記録しております。

●1月14日(木)に配信致しましたGMOホスティング&セキュリティ【3788:終値 61,000円】が
上昇を続け、本日 63,000円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●1月19日(火)に配信致しましたパラマウントベッド【7960:終値 1,891円】が
上昇を続け、本日 1,920円をつけました。
配信株価より102%の上昇を記録しております。

●1月20日(水)に配信致しました西松屋チェーン【7545:終値 783円】が
上昇を続け、本日 820円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(1月分、2月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/

━━━━━

★有料会員の皆様には毎日を基本とし短期上昇銘柄をメールで配信します★

ミクシィID:http://mixi.jp/show_friend.p...=18658673
ザラ場でも日記更新中、マイミクも募集してます!

━━━━━
池田のひとり言コメント(0)

994:「異例」経団連会長人事、東芝独占に財界難色

2010/01/25 (Mon) 10:17
ホームパーティーなど週末は楽しい時間を過ごし、今日からまた気持ちを切り替えてしっかりと仕事に集中していきたいと思っております。大事なのはONとOFFの切り替えですね。

さて今日はまずは経団連のニュースをキャッチ☆
http://headlines.yahoo.co.jp...m-bus_all
日本経団連の御手洗冨士夫会長(74)(キヤノン会長)の後任人事は23日、曲折の末、米倉弘昌・評議員会議長(72)(住友化学会長)が就任することで決着した。
今回の経団連会長人事は、御手洗会長が早くから「現役の副会長から選ぶ」との方針を示し、東芝の西田厚聡会長を最有力候補として調整が進められた。
しかし、東芝からは岡村正相談役が日本商工会議所会頭を務めており、経済3団体のトップのうち二つを東芝が独占することに財界有力企業の一部で難色を示す意見が最後まで残り、西田氏の起用は最終的に断念せざるをえなくなった。
評議員会議長からの会長就任は異例で、「米倉氏の起用はかなり変則的なものになる」(財界首脳)との見方も多かった。ただ、候補として浮上した企業の多くが2010年3月期決算で最終赤字を見込んでいるのに対し、住友化学は黒字を予想している。このため、「評議員会議長として現役の財界メンバー」である点などを総合的に判断し、起用することになった。
経団連の会長に誰が就任するかでまた一つ経済界にも大きなうねりを生み出す可能性もありますね。日本のそうそうたる経営者の中から選ばれることでしょうし、どういった人事になるのか気になりますね。

キリン・サントリー統合、基本合意が延期へ
http://headlines.yahoo.co.jp...m-bus_all
キリンホールディングスとサントリーホールディングスの経営統合に向けた基本合意が、2月以降にずれ込むことが確実となった。
両社の関係者が23日、明らかにした。
統合比率を巡る溝が埋まらず、1月末の合意を目指していた交渉が難航しているためだ。新会社の発足時期は、当初目標の2011年4月を堅持する考えだが、基本合意の延期は2度目となるだけに、今後も交渉が難航すれば、統合時期の延期につながる可能性もありそうだ。
関係者によると、キリン側は2009年11月下旬、キリン1に対してサントリーを0・5とする統合比率を提案した。
これに対し、サントリー側は、サントリー株の約90%を握る創業家の持ち株比率が、新会社の株主総会で重要事項を否決できる「3分の1超」となるよう、キリン1に対しサントリー0・7超の比率を主張し、両社の溝は埋まっていない。
両社は、サントリー創業家が新会社の筆頭株主となることでは大筋合意しており、「3分の1超」を認めるかが焦点となっている。
キリン側はサントリー創業家が大きな支配力を持つことへの警戒感が強く、創業家に安定株主の役割を期待するサントリー側との攻防が続いている模様だ。
キリンとサントリーの統合が暗礁に乗り上げているようですが、両者のシナジー効果を生む為にもしっかりとした両者の合意が大事になってくるでしょうから話し合いを密に今後も行ってしっかりとこの統合がうまくいくことを期待したいところですね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

993:今週の見通し・為替 緩やかに円高が進行

2010/01/25 (Mon) 00:45
株式相場をみていく上で重要なファクターになってくる為替相場動向もしっかりとチェックしていきたいと思います。

今週の円相場は緩やかに円高が進む展開となりそうだ。オバマ米大統領が21日発表した金融規制法案を受け、市場参加者の間では米経済の先行き不透明感が強まっている。これまで低金利の円を売って外貨に投資していた投資家が、円の買い戻しに動くとの観測から、円高傾向が強まりそう。市場参加者の予測は1ドル=88?92円が中心だ。

先週は円高傾向で推移した。ギリシャの財政懸念が再燃したことなどで、世界的にリスク回避が進んだためだ。

今週は金融機関への規制を巡る議論の展開が注目される。本格的にファンド投資が規制される方向となれば、一段と円買いが進む可能性もある。

27日には米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明が発表される。今月上旬に発表された1月の米雇用統計が市場予想を大幅に下回ったこともあり、景気判断や金融緩和の出口政策について言及がないか、注目される。

25?26日開催の日銀金融政策決定会合、29日発表の2009年10?12月期米国内総生産(GDP)速報にも注意したい。

今週もやはり円高の方向でシフトしていく見方が強いようで、米国の指標発表や日銀の動向などにも注意しつつしっかりとリスク管理をした上で取引をしていくことがやはり重要になってきますね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

992:今週の見通し・株式 材料山積、模様眺め強まる

2010/01/25 (Mon) 00:32
今日は知人の引っ越し祝いなどで久しぶりにホームパーティー形式で楽しい食事ができていい週末だったなと実感しております。人生で食事をする回数は限られていますからそういった意味では、一回でも多く楽しい食事を楽しみたいものですね。

さて今週の見通しをチェックしてみましょう。

今週(25?29日)の日経平均株価は週末にかけ模様眺めが強まる展開か。前週末の急落の影響を引きずり週初は安く始まりそうだが、大幅な円高に振れない限り株価が大きく下押しするとみる向きは少ない。今週は主要企業の決算発表が本格化するうえ、内外で注目度の高い経済指標の発表も相次ぐ。山積する材料の中身を見極めようとのムードが徐々に高まりそうだ。

先週(18?22日)は日経平均株価が391円(3.57%)下げた。週間ベースで下落したのは8週ぶり。短期的な過熱感が強まっていたところに、中国の金融引き締めへの警戒感や米オバマ政権の新たな金融規制案発表を受けた米国株の下落が嫌気され、利益確定売りが広がった。

米シカゴ市場の先週末の日経平均先物(円建て)の清算値は1万0350円。大証で取引される日経平均先物3月物の清算値を240円下回った。週明けの東京市場もこの値を意識し、売り先行で始まりそうだ。

ただ、先週末の下落の要因となった米国の新金融規制案は「すんなり法制化されるとは考えにくい」(東海東京調査センターの隅谷俊夫投資調査部長)との指摘が多い。今のところ為替相場の反応が限定的なこともあり、米国株に比べ日本株への影響は小さいとの見方がある。

今週は材料が目白押し。決算発表は好業績期待が根強いものの、先週に信越化学工業が発表した2010年3月期の業績予想が市場予想平均を下回り「先回り買いを急がず、内容を見極めたいとのムードに変わった」(みずほ証券の瀬川剛エクイティストラテジスト)。29日に国内の鉱工業生産(09年12月)、09年10?12月の米国内総生産(GDP)発表や、利上げ観測もあるインド準備銀行(中央銀行)の理事会開催を控え、投資家は動きにくい。

政治動向も不透明要因。株式市場への影響は小さいとみる向きが多いものの、沖縄県の名護市長選の結果や「政治とカネ」問題の行方が、国政にどう波及するかを見極めようと売買が細る場面もありそうだ。

今週は決算発表や政治リスクの影響など様々に動きがある一週間になりそうなのでしっかりと指標発表や決算発表、支持動向など多角的にチェックしていく必要がありそうですね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

991:【2010市場展望】中国?上海万博は経済効果大、人民元切り上げなら円高

2010/01/24 (Sun) 12:40
週末もゆっくりとした時間を過ごして、いいリフレッシュができている週末ですが美味しいごはんを食べて、美味しいコーヒーを入れて読書というのんびりした時間を過ごしたいと思います。

さて今日は今年の展望をチェックしていきたいと思っております。

2010年のマーケットを読み解く第3の材料は中国経済です。中国経済は先進国に比べていち早く立ち直りをみせて世界経済の下支え役を果たしていますが、2010年には上海万博が開かれます。これを機に一段と成長を加速させ、日本のマーケットを支えることが期待されます。

中国の実質国内総生産(GDP)は年率10%前後の成長を続けていましたが、リーマン・ショック後には6%台まで落ち込みました。しかし2009年1?3月期の前年同期比6.1%を底に、4?6月期は7.9%、7?9月期は8.9%と大幅に回復しています。

上海総合株価指数も2009年初からの上昇率はほぼ80%に達し、先進国と比べて株価の戻りは際立っています。2010年も引き続き高成長を保ちそうな勢いで、IMFの予測によれば2010年の中国の成長率は9.0%の見通しです。

中国経済には2つの顔があります。米国の最大貿易相手国=輸出先として米国経済の影響を受ける国という顔と、国内での投資が急速に拡大している新興国としての顔です。前者はリーマン・ショックで大きく落ち込みましたが徐々に回復、後者はそれほど大きく落ち込まずに好調が続いています。2010年は5月から6カ月間開かれる上海万博によって、後者の顔がより大きくなるといえます。万博に向けての大規模な投資、万博に訪れる観光客による消費増などの経済効果が期待できます。2008年の北京五輪のときもそうでしたが、国家的なイベントは国威発揚の場となるため政府の全面的なバックアップの下で経済効果も大きいものになりそうです。

中国政府の政策も高成長持続を最優先としています。大型の景気対策を発動し、公共投資が成長をけん引しています。金融当局は基本的には金融緩和を継続する方針を示しており、株価上昇を支えています。金融緩和によってカネ余り現象が生じており、投資資金が株式市場や不動産などに向かっているのです。

カネ余り現象は中国の為替政策とも密接に関連しています。中国政府は人民元の対ドル相場を一定範囲内の狭い値幅に収めるように、中国国内の為替市場で毎日のように多額のドル買い・人民元売りの介入を実施しています。これは大量の人民元が国内市場に供給されることを意味し、その資金がやはり株式や不動産投資に還流しているわけです。

2010年もこの流れが持続するというのがベストシナリオです。しかしリスク・シナリオも想定しなくてはいけないでしょう。前述のカネ余りはバブル的な要素もあり、これが何かのきっかけで弾けるというリスクです。過熱を抑えるため、当局が投資の抑制や規制に乗り出したり、金融引き締めに転じる可能性がないとは言えません。そうなれば、株価は大きな影響を受けるでしょう。実際、中国政府は年明け早々に預金準備率の引き上げを発表しました。預金準備率は国内の銀行が中央銀行に対して預け入れる資金の割合を示すもので、それを引き上げることは中央銀行が市中からの資金吸収を増やすことを意味します。これは必ずしも金利引き締めに直結するものではありませんが、過度な金融緩和を是正する姿勢を見せたと受け取れます。今後、中国政府が金融緩和路線を転換するのかどうか、目を凝らして見ておく必要があります。

為替相場への影響も念頭においておかなければなりません。以前から米国などは中国に対して人民元の切り上げを求めていますが、最近の米中接近の動きから推測すると、政治的な思惑を絡めて何らかの形で人民元切り上げに動く可能性は大いにあるとみています。その場合は人民元高・ドル安となり、それに連動して円高・ドル安につながりやすくなります。

このほか、中国には国内の格差拡大、少数民族問題など政治的な不安定要因が無視できません。これもマーケットにとってはリスクです。ただそうした問題を抱えながらも、2010年には世界の中で中国の存在感がますます大きくなるでしょう。名目GDPで中国は日本を抜いて世界第2位になることは確実です。G20サミットや11月に日本で開かれるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議など、国際会議でも中国の発言力は一段と強まるでしょう。

日本の株式市場でも中国株の影響力が強まっています。上海株式市場は日本時間午前10時30分に取引が開始されますが、東京市場では毎日その時間になると上海市場の寄り付きに注目が集まります。その動きによって東京市場の流れが変わることが頻繁に起こります。2010年は今まで以上に中国の動向に注意を払う必要がありそうです。

このように中国の動向は今年の一つの鍵になってきますし、中国株人気も再燃してきていますから今後中国の動きでは世界経済の大きなうねりになることは言うまでもありませんのでしっかりと情報収集していきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

990:キリンビバレッジ 円高効果で「ボルヴィック」を値下げ

2010/01/23 (Sat) 23:23
週末も天気が比較的いいので私も友人たちと出かけたり、仕事を片付けたりと自分なりにリフレッシュした時間を過ごしておりました。オンとオフの切り替えをしっかりとしていくことはやはり大事ですからね。

さて今日はキリンのニュースをピックアップ☆
http://headlines.yahoo.co.jp...i-bus_all
キリンビバレッジは22日、フランス産のミネラルウオーター「ボルヴィック」(330ミリリットル?1.5リットル入り)の希望小売価格を1月下旬から6.6?16.5%値下げすると発表した。売れ筋の500ミリリットルボトルの税抜き価格が130円から115円になる。為替相場が円高ユーロ安となり、輸入コストが下がったたためで、輸入天然水を扱う同業他社にも値下げの動きが広がりそうだ。
ボルヴィックの2009年の販売数量は前年比24%減の1224万ケースと激減。国産の「天然水」(サントリー)などに比べ小売価格が20?40円程度高く、消費者離れが進んだため。キリンビバでは値下げをテコに今年の数量を2%増の1250万ケースに引き上げる考え。
国内飲料メーカーの主な輸入水には、伊藤園の「エビアン」(仏産)や大塚食品の「クリスタルガイザー」(米国産)がある。
円高還元ということでこういったところで我々も少なからず円高の恩恵を受けることができているといったところでしょうか。個人的には【コントレックス】を飲んでいる為そちらにあやかりたかったですが、個人的な欲はさておき水以外にも円高還元で様々なものが値下がりして手に入る機会はまだまだありそうですからお得だなと実感できるうちに手に入れてはいかがでしょうか。

ファミマがam/pm吸収合併
http://headlines.yahoo.co.jp...n-bus_all
コンビニエンスストア大手のファミリーマートは23日、昨年12月に完全子会社化したコンビニ中堅、am/pmジャパンを吸収合併することを決めたと発表した。合併は3月1日の予定で、am/pmは解散する。仕入れや流通、管理部門を統合して効率化するのが狙い。am/pmの店舗名は「ファミリーマート」への転換を進める。
依然から取り上げてきた合併がついに実現しそうですね。ローソンとの合併が実現せず、ファミマとの合併が実現ということで一つまたここからコンビニ業界再編の動きも出てくるのではないでしょうか。飽和しているといわれているコンビニ業界の今後の展望にも期待していきたいところですね。

「化粧品」にも不況の波 メーカー各社「2000円以下」強化
http://headlines.yahoo.co.jp...t-bus_all
化粧品は不況に強いと言われてきたが、それは昔の話で、最近は数量、金額ともに減りつつある。とりわけ値段が比較的高い商品は苦戦中で、代わりにドラッグストアやスーパーマーケットで売っている2000円以下の化粧品が好調だ。メーカー側もこうした低価格帯の販売に力を入れ始めた。
化粧品にはドラッグストアやスーパーマーケット、量販店で売っているセルフ化粧品と、化粧品専門店や百貨店などで販売員が対面で売るカウンセリング化粧品がある。価格帯では2000円以下の低価格帯、2001?5000円の中価格帯、5001円以上の高価格帯に分けられる。ボリュームゾーンは低?中価格帯で、ほとんどがセルフ化粧品だ。

■「アクアレーベル」、コンビニ2万3000店に導入
女性にとって欠かすことのできない化粧品は、景気の影響を受けにくいと言われていた。ところが、経済産業省が毎月発表している化粧品の出荷量は数量、金額ともに減少傾向にある。
資生堂は2009年11月の国内化粧品売上高が前年同月比9%減で、08年10月から14カ月連続して前年を下回った。お客が化粧品を買わなくなったのではなく、安いものにランクを下げたり、使用量を減らしたりして節約するようになっている、と広報担当者は見ている。
そこでドラッグストアやスーパーで売っていた低価格ブランド「アクアレーベル」を、09年夏から「ローソン」、「サークルKサンクス」などのコンビニ2万3000店に導入した。2010年3月までに取り扱い店舗を4万5000店に増やす方針だ。
また同社は、1000円以下の化粧品ブランド「ドルックス」が口コミサイト「アットコスメ」で広まり、幅広い女性に売れ出しているため、ドラッグストアなどで売り場づくりに力を入れている。資生堂が半世紀以上にわたり売っているロングセラー化粧品で、安いのに品質がいいというのが人気の理由だ。若い女性の間では、ドルックスを使っている人を「ドルラー」と呼ぶそうだ。

■「安易に値段を下げることはしません」
カネボウ化粧品でもカウンセリング化粧品は苦戦しているが、低価格のセルフ化粧品は堅調で、売上シェアが微増して4割になった。
スーパーやドラッグストアで店頭支援業務を行う花王グループと組み、08年から売り場づくりに力を入れ始めたのも功を奏した。協力店を2010年3月までに4000店に増やす計画だ。
「ユニクロ」や「H&M」といった安い衣料品にお客を取られたスーパーマーケットや百貨店が次々と安いプライベートブランドを導入して、衣料品が値崩れしたように、化粧品もデフレの波に飲み込まれるのか。

これに対し、カネボウ化粧品の広報担当者は、
「化粧品会社以外の一般メーカーから1000円以下の安い化粧品が売り出され、確かに売れているようですが、それらと同じ価格帯に下げることは今のところ考えていません。当社の商品はやや高くなる分、化粧品を通じて長年提供してきた夢や楽しさ、わくわく感といった付加価値をつけていきます。そこは化粧品メーカーとしては一番譲れないところです」
と話している。
コーセーは09年4?9月の化粧品事業の売上高が前年同期比5.2%減だった。中価格帯が苦戦する一方で、コンビニ専用ブランド「雪肌粋」や09年3月に投入した「コスマジック」といった低価格帯品の売れ行きがいいという。それでも広報担当者は、
「このまま低価格帯市場が伸びていけば、既存の低価格ブランドのアイテムを増やすことは考えられますが、安易に値段を下げることはしません」
といい、各社とも値下げには慎重な構えだ。

不況の波は不況に強いといわれる業界にも押し寄せているといったところですね。女性の化粧品に関しては私も知識不足でわかりかねる部分もありますが価格帯を安易に下げない努力や販売網の拡充など価格以外の所で様々な努力がなされているようですね。女性のハートをどのような形で掴んでいくかが今後の化粧品業界の生き残りをかけた戦いの一つのキーになってくるのではないでしょうか。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

989:機構の支援なければ1月末に資金ショートしていた

2010/01/23 (Sat) 10:05
寒い中でも春の息吹を少しずつ感じることができるようになってきているのはやはり地球温暖化の影響でしょうか。2月も寒くなるとは思いますが私は春を待ち遠しく思っていますのでこの寒さも春を迎える為の準備だと思って楽しむことが大事ですね。

さて今日は日航のニュースをキャッチ☆
http://headlines.yahoo.co.jp...i-bus_all
会社更生法の適用による経営再建を目指す日本航空が、官民共同出資の企業再生支援機構の支援を受けられなかった場合、今月28日に100億円近い資金不足に陥る見通しだったことが22日、日航が東京地裁に提出した資料で分かった。取引先から1000億円近い支払いや多額の保証金を求められるためで、資金繰り破綻(はたん)を避けようと、1月中の支援決定を急いだ舞台裏が明らかになった。
日航は昨年10月末に支援機構に支援を要請後、日本政策投資銀行から12月までに550億円、今年1月15日にも1450億円のつなぎ融資を受けた。しかし、今月28日までに取引先に964億円を支払う必要があったのに加え、商取引の決済前に必要な保証金が膨らむ可能性が濃厚となり、政投銀のつなぎ融資だけでは足りなくなる事態に。提出資料は「28日には100億円近くの資金不足が生じるおそれが極めて高まった」と結論付けた。
昨夏以降、格付け機関が相次いで日航を格下げしたほか、法的整理の観測が強まって信用不安が発生。海外取引先を中心に、燃料などの購買に必要な保証金の積み増しを要請されたことが、日航の資金繰りを直撃した模様だ。
支援機構が支援決定の条件として更生法申請を提示したため、日航は「(更生法申請を行わないと)機構の支援は受けられず、資金調達ができない。(社債など他の債務も)返済期限が一斉到来し、資金繰り破綻が確実」と最終判断。19日にグループ3社が更生法適用を申請し、ほぼ同時に機構が支援決定、政投銀とともに6000億円の融資枠の設定を決めた。
日航は、人員削減や赤字路線廃止などを行い、機構の管理下で3年以内の再建を目指す。詳細な更生計画は8月末までに正式決定する方針だ。
資金ショート目前だったということで首の皮一枚で繋がったということでしょうね。再建はこれからでしょうからしっかりと見守っていきたいと思っております。

高級ホテルもペットOK 「家族化」進み客層拡大
http://headlines.yahoo.co.jp...-san-soci
ペットと旅行するペットツーリズムが浸透する中、高級ホテルでもペットと一緒に宿泊できるところが増えている。背景にあるのは、ペットとの宿泊に加え、満足なサービスを受けたいという要望の高まり。ペットの家族化に伴い、一流ホテルのこうした取り組みはさらに広がりそうだ。

◆リピーター多く
東京ディズニーリゾート(TDR)に隣接するヒルトン東京ベイ(千葉県浦安市)。2年前からペットと宿泊できる部屋を1室提供している。周辺にはペットを受け入れているホテルがないため、週末を中心に予約で埋まるという。
「利用されるのは若いカップルが全体の6割。残りは30、40代の夫婦や家族連れが多い。1室しかないので予約で埋まっていると、宿泊予定を変更される人もいます」と同ホテル広報担当の加藤真梨子さん。ペットと宿泊できる部屋をもっと増やしてほしいという声もあるが、現在のところ、その予定はないという。
滞在型ホテルには、人間とペットのすみ分けを徹底するケースが多い。神奈川県箱根町の「ハイアットリージェンシー箱根 リゾート&スパ」にはペットと泊まれる部屋は6室。ペットが入れるゾーンに制限を設け、一般客とのトラブルを防いでいる。
「フロントを通るのは人間だけで、愛犬は駐車場から外階段を通ってホテルの専任スタッフに預けられる。そこでブラッシングなどのケアを受け、家族の待つ部屋に向かう」(同ホテル)という徹底ぶり。
「ファミリー重視」の経営哲学からペットと宿泊できるサービスを始めたのが「ザ・ペニンシュラ東京」(東京都千代田区)だ。平成20年秋から開始し、口コミで利用が拡大。クリスマスや記念日などに定期的に利用するリピーターが多い。
都心の高級ホテルでは、「フォーシーズンズ椿山荘」(文京区)も愛犬との宿泊を受け入れている。ただし、客室以外はカゴの中に入れるなどの「ペットポリシー」を守るマナーが飼い主に求められる。

◆専門ホテルも開業
一方、年間800万人の観光客が訪れる軽井沢(長野県)は、全国屈指のペットの名所だ。「ここ数年、愛犬と一緒の家族連れが増えている」と軽井沢町観光協会。もともとペットを受け入れるペンションやコテージは多かったが、19年春に愛犬との宿泊をうたった専門ホテルも開業。公営ドッグランなどの充実で、愛犬家にとって旅行しやすい環境が整ってきた。
ペットと同宿できるホテルが増えてきたことについて、ペットビジネスを多角的に展開するJPRの服部憲一取締役は「ペットとの共生の考え方が浸透し、ペットを取り巻く住環境などのノウハウが整ってきた証し。飼い主のマナー向上で、一般客とのトラブルが少なくなってきたこともある」と指摘。一方でホテル側の事情も挙げ、「あの手この手で幅広い客層を獲得することで客室の稼働率を上げようとしているのではないか」と分析している。

■各交通機関もペット対応
ペット同伴の旅行をする際、公共交通機関を利用する人も多い。鉄道の場合、「手回り品」としての扱いを受け、ケージ(3辺の合計が90センチ程度)に収納して運ぶことができる。JRはケージ1個につき270円。新幹線も同じ料金だ。
国内線の航空機の場合、空港カウンターで手続きを取る必要がある。路線によって異なるが、1ケージにつき3000?5000円。ただし、ペットは貨物室に“搭乗”するため、体温管理の苦手な犬種は注意が必要だ。高速バスも昼行便に限ってペットを受け入れる会社がある。
現代を象徴するサービスの導入といったところですね。ペットブームからずいぶん時間が経っていますが今でもその人気は衰えるところをしらずペット市場はまだまだ拡大していくという見方も多いですから今後のペット関連には注目していきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

988:「東芝だけが黒字」な理由、テレビ事業復活の舞台裏

2010/01/22 (Fri) 23:20
来週水曜までは冬ばれの天気が続くということなのでいい天気が続くというだけで気分がよくなりますね。天気のいい日を有効活用してリフレッシュ日に当てていくことも大事ですね。

さて今日は東芝のニュースをキャッチ☆
http://zasshi.news.yahoo.co....o-bus_all
年末商戦も薄型テレビは人気だが、国内メーカーはまるで儲からない。2008年度、国内首位のシャープ、2位のパナソニックはともに営業赤字。世界2位のソニーに至ってはテレビ事業だけで、1300億円の営業赤字を計上した。
上位総崩れの中、唯一黒字を確保しているのが、事業規模で劣る東芝だ。実際、東芝のテレビ事業は絶好調。国内シェアは06年の1ケタから09年には20%目前と約3倍に上昇した。しかも一貫してシェアを伸ばしているのは東芝だけ。この同社だけのテレビ黒字を、業界通は“電機業界七不思議の一つ”と呼ぶ。

■シェアどん底からの復活 「本物」志向で口コミ呼ぶ
06年2月21日、東芝は薄型テレビの新ブランド「REGZA(レグザ)」を発表した。会場は前年末にオープンしたばかりの超高級ホテル、マンダリンオリエンタル東京。華々しさの裏側で、実は、東芝のテレビ事業は危機に瀕していた。
1990年代のブラウン管時代を経て、時代は薄型テレビへ入ったとき、東芝は大きく出遅れた。03年に液晶テレビに参入するも不振、国内シェアは1ケタ台に落ち込む。現場は「事業の危機を肌で感じていた」(映像グローバルマーケティング部の本村裕史氏)。起死回生を懸け、満を持して投入したのがレグザだ。
レグザの商品企画を担当する本村氏らは、どん底からはい上がるには小手先ではダメ、徹底的に商品性にこだわるしかない、と考えた。ブランドコンセプトを「本物のテレビを作る」とし、高級ホテルでの発表会は、「本物を作るという社内へのメッセージだった」(同氏)という。
こだわりは、機能、画質、デザイン、あらゆる面に貫かれた。たとえば外部端子。コスト優先なら2系統、商品性を考えると3系統は欲しい。1端子分のコスト増は100円玉程度になる。猛烈な議論の末、3系統に決定した。画像用LSIでは、半導体設計者が大量の機能を詰め込み、「趣味で作るな」と批判が出たが、「本物を作る」と封じ込めた。
結果が出なければ、それは単なる自己満足と戦略ミス。だが、レグザは評判を上げ、大ヒットとなった。
厳しい環境下でこだわりを押し通すことができたのは、消費者行動の変化の読みに確信があったからだ。レグザ発表の06年当時、若者を中心にインターネット口コミ情報を参照して購入する形が定着していた。専門誌や評論家に、レグザのこだわりに着目、評価してもらうことで、一般への口コミパワーを期待した。
もともと04年から他社のパソコン用外付けHDD(ハードディスク駆動装置)を利用可能なモデルを出すなど、AV機器に詳しいユーザーの心をくすぐる努力をしてきた。それがレグザのこだわりと相まって、「(マイナーだが)画像がきれい」「外付けHDDを使えてお得」といった評価がネット上で定着した。
口コミサイト「価格.com」を運営するカカクコムの鎌田剛執行役員は、「サイトでの人気はシャープのアクオスが圧倒的だったが、06年秋ごろレグザが急上昇。08年には一番人気を確立した」と証言する。

■パネル持たざる強みを回路設計で最大限発揮
ネットで先行した人気は徐々にシェアに結実、07年には10%を突破する。それでも、当時のブランド認知度はまだ40%台。90%超の他社に比べ圧倒的に低かった。店頭では、夫が「画質がいい」と説得しても、奥さんに「レグザなんて知らない」と撃沈される光景が散見された。
そんな状況を一変させたのが、08年秋からCMキャラクターに起用した福山雅治。積極的な広告戦略に転じたことで、認知度は飛躍的に上昇。“福山のテレビ”を指名買いする女性客が増えるなど、この年末商戦も販売は順調だ。それだけではない。「08年ごろは他社の同クラス製品よりもつねに安かったが、今ではむしろ他社製品が安い」(鎌田氏)など、ブランド価値も急速に高めた。
東芝のテレビ事業快走は、マーケティングの勝利だけではない。
薄型テレビは、登場してしばらくの間、パネルこそが商品競争力の源泉だった。シャープが亀山工場製を液晶パネルのブランドとして大成功したように、パネルは消費者へのわかりやすいアピールポイントであった。しかも、液晶テレビの原価の6割はパネル。その点で、自社単独でパネルを作っていない東芝の不利は否めなかった。
不利な部分があってもそれをカバーして有り余る戦略やマーケティング力そして商品性能など様々な部分があいまって結果を出してこれたのは日々の研鑽の賜物ではないかと思っております。
私もPCはDynabookを大学時代から愛用しており、東芝ユーザーとして評価しております。東芝のセルレグザなど個人的に興味のある商品などもありますので今後も期待のできる企業の一つではないでしょうか。

ウイスキー20年ぶり売り上げ増 飲食店が支えたハイボール効果→http://zasshi.news.yahoo.co....d-bus_all
昨年は5年連続で販売量が過去最低となったビール系飲料を尻目に、ウイスキーの消費が伸びた。
ウイスキー市場は減税された1989年を例外に、25年間も右肩下がりが続いていた。それが昨年、前年比10%増に転じた。市場を牽引したのは、国内シェア6割を占める最大手のサントリー。前年比14%増の拡大となった。なかでも“大衆ブランド”の「角瓶」は同31%もの成長だった。
復権の原動力は、ウイスキーを炭酸で割る「ハイボール」。20?30年前までは広く愛飲されていた定番メニューだが、若者には新鮮で、中高年には懐かしさを誘う。ここにサントリーは着目し、2年前から拡販戦略に本腰を入れた。
女優の小雪を起用して話題を集めたCMを筆頭に、社員の名刺の裏に「おいしいハイボールの作り方」の手順を印刷したり、味を一定に保つ業務用の角ハイボールサーバーを開発したりするなどしてヒットに結び付けた。
時代の追い風もあった。飲食店ではハイボールの価格は生ビールより安めの設定で、デフレ不況下では客の懐に優しい。飲食店にとっても、中ジョッキで原価200円弱の生ビールに比べて、酎ハイ並みに原価が安く(50?100円)利益率の高いハイボールは魅力的な商品。しかも酎ハイは飽きられていて、それに替わるヒット商品の出現を心待ちにしていた。
ハイボールをメニューに載せている飲食店は、2008年の約1万5000店から09年には約6万店に急拡大。今年は国内飲食店の3分の1に当たる10万店を見込む。
相場康則・サントリー酒類社長は「好調といっても、過去25年で失われた市場の大きさを考えると、手放しで喜んでいられない」と気を引き締める。今後はハイボールをエントリー商品と位置づけ、高級ブランドへの誘導や自宅での消費拡大など、ウイスキーの新たなファンづくりを狙うという。
ハイボールブームを一過性で終わらせないマーケティング力が問われる。
ハイボールのニュースは依然も取り上げましたが、ウィスキーの好調によりサントリーなど業績を上げておりますし不況下だからこそ伸びるビジネスがありますのでしっかりとそういった企業に投資に繋げていきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

987:東証大引け、米金融規制案を嫌気し大幅反落 今年の上昇分が帳消し

2010/01/22 (Fri) 19:31
寒い中でも体を動かしていくことで、日々の活力にも繋がってきますね。バランスの取れた食事と運動で健康を維持して、しっかりとした取引を続けていけるように善処していきたいと思っております。

さて今日の東京市場を振り返ってみましょう。

22日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落。大引けは21日に比べ277円86銭(2.56%)安の1万0590円55銭と、昨年12月30日以来の安値となり、今年の上昇分を帳消しにした。オバマ米大統領が21日に発表した金融機関に対する新たな規制案をきっかけに、前日の米株式相場が大幅安になったことを嫌気した売りが膨らんだ。高リスク投資を制限する規制とあって、市場全般に投資余力が低下するとの慎重なムードが拡大。加えて、外国為替市場で円相場が約1カ月ぶりに1ドル=89円台後半まで急伸したため、主力の輸出関連株に売りが強まったことも相場全体を押し下げた。

東証1部の値下がり銘柄数は全体の8割に当たる1357で、全面安の様相だった。このところの相場上昇をけん引してきた外国人投資家による日本株買いが米金融規制の影響で細るとの見方が意識され、国内勢も買い手控え姿勢を強めた。値上がり銘柄数は229、横ばいは98。

東証株価指数(TOPIX)は反落。

大引け時点での東証1部の売買高は概算で28億6516万株と、15日以来、1週間ぶりの高水準。売買代金は1兆8621億円と前日よりわずかに減少した。

円高を嫌気してソニーやホンダ、キヤノンが下落。日本時間早朝に米国で販売した約230万台の自動車のリコール(無償回収・修理)を発表したトヨタも軟調だった。野村が売られ、三井住友FGも下げた。国際石開帝石、石油資源が売られ、業種別TOPIXでは「鉱業」が下落率首位だった。整理銘柄のJALは前日の大証に続き、東証でも1円まで下落した。終値は3円だった。一方、主力株では日立が上昇。メガバンクではみずほFG、三菱UFJが上昇した。

東証2部株価指数は反落。大幸薬品、トーセイ、三菱総研が軟調。半面、イノテック、アクセル、日精機が高く引けた。

今日は円高や米株安の影響で大幅反落ということで、持ち越しを嫌っての売りも多かったのではないでしょうか。また日航株でのマネーゲームが活発化しておりますがしっかりと日々の取引をしていきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

986:日経平均300円近い大暴落!しかし直近配信のスナイパー銘柄は逆行高で勝利!

2010/01/22 (Fri) 18:06
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
今日の東京株式市場は反落して始まった。昨日の米国株式市場が大幅続落
となったことや、外為市場で円高方向に振れていることなどから、
東京市場では売りが先行した。
オバマ米大統領提案した新たな金融規制案が実現すれば、投資家のリスク回避
の動きが広まるとの見方もあり、寄付き段階では買いは見送られた。

後場に入ってアジアの株式市場が安くなっていることもあり、日経平均は
一時340円安まで下げ幅を拡大した。その後は次第に下げ幅を縮小したが、
戻りは鈍かった。
今晩の欧米市場の動きを見極めたいとする向きも多く、押し目買いも
限定的だった。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

2銘柄

本日は、昨夜のダウが大幅続落したことを受けて日本株も終始大きく売られる
展開の中、昨日配信の2銘柄は惜しくも利食いポイント達成とはならなかった
ものの仕込みとしては絶好!

週明けからの上昇に期待の持てる配信となった。

【最近の配信結果】
●1月8日(金)に配信致しました参天製薬【4536:終値 2,816円】が
上昇を続け、本日 2,900円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●1月12日(火)に配信致しましたみらかHD【4544:終値 2,584円】が
上昇を続け、本日 2,870円をつけました。
配信株価より111%の上昇を記録しております。

●1月19日(火)に配信致しましたマクロミル【3730:終値 129,400円】が
上昇を続け、本日 133,500円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●1月19日(火)に配信致しましたパラマウントベッド【7960:終値 1,891円】が
上昇を続け、本日 1,942円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(1月分、2月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/

━━━━━

★有料会員の皆様には毎日を基本とし短期上昇銘柄をメールで配信します★

ミクシィID:http://mixi.jp/show_friend.p...=18658673
ザラ場でも日記更新中、マイミクも募集してます!

━━━━━
池田のひとり言コメント(0)

985:日航株ついに1円 ギャンブル相場入り

2010/01/22 (Fri) 12:36
また気温も少しずつではありますが下がってきて寒さを取り戻してきている感じがしますね。早く春の訪れを期待しつつも寒い冬があるからこそ春の訪れを喜べるのだと思って今しばらく待つということが大事なのかもしれないですね。

さて連日ですがJALのニュースをキャッチ☆
http://headlines.yahoo.co.jp...n-bus_all
22日午前の東京株式市場で、会社更生手続き中の日本航空株は一時前日比1円安の1円を付け、最低価格まで下落した。マネーゲームで1円では大量の買い注文が出て、出来高は約3億株に膨らんでいる。その後は1?2円で取引されている。
日航株は1円の値上がりでも、大幅な上昇率となる。たとえば、1円で買って、2円で売れれば、元手の資金が倍になる。ただ、売り抜けることができないと、全額損失になる。
市場では「一か八かのギャンブル相場入りした」(大手証券関係者)との声が出ている。
マネーゲームはいまだに続いているといったところですね。もちろんこの利ざやを抜くことができれば資金をふやしていくことができることは誰もが想像できる事ですが、その分リスクも高まります。2/20に上場廃止をひかえたなかでこういった動きに乗るか乗らないかはご自身の判断ですが、投資の観点から逸脱した取引は身を滅ぼすと思っておりますので私はやはりオススメできないですね。

トヨタ、さらに230万台リコール=米国でアクセル改修へ
http://headlines.yahoo.co.jp...8-jij-int
トヨタ自動車は21日、踏み込んだアクセルペダルが、元の位置に戻らなかったり、戻るのに時間がかかったりして事故につながる恐れがあるとして、米国で製造・販売したスポーツ用多目的車(SUV)「RAV4」や「カローラ」など約230万台を自主的にリコール(回収・無償修理)すると発表した。
米国トヨタ販売によると、日本では、問題となる部品を組み込んだ車は販売されていない。
トヨタは昨年11月、アクセルペダルがフロアマットに引っ掛かって事故を起こす恐れがあるため、米国で販売した高級車「レクサスES350」や「カムリ」など約426万台を対象とするリコールを開始したばかり。
このうち約170万台は、今回のリコールの対象にもなっている。一連のリコールは米国では過去最大規模に発展しており、トヨタ車の信用力がさらに低下する恐れがある。
今回リコールに踏み切ったアクセルペダルの不具合はトヨタの社内調査で見つかった。実際に事故につながったケースは報告されていないが、安全性確保を優先して無償修理を決めた。リコール費用は非公表だが、米国の自動車販売が落ち込む中、収益の圧迫要因になりそうだ。
TOYOTAの米国でのリコールが相次いでいますが、販売台数も落ち込む中でのリコールで厳しい状況といわざるをえませんがしっかりと対応してTOYOTAブランドの復活を願いたいところですね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

984:米ファストファッションが松坂屋銀座店に出店 グッチ撤退の跡地

2010/01/22 (Fri) 00:15
最近は食生活でも変化が表れ依然は肉中心といっても過言ではない生活でしたが最近は野菜や魚中心の和食の生活にシフトしてきたように思います。栄養バランスのことなどやはり今の時期からしっかりと考えていかないといけないと思っていますし、体が資本ですからしっかりとそういったところにも気を使っていこうと今年は考えて少しずつ実践できてるのではないかと思っております。

さて今日はまずはファッション業界のニュースをキャッチ☆→http://headlines.yahoo.co.jp...n-bus_all
Jフロントリテイリングは21日、傘下の松坂屋銀座店(東京都中央区)に、米国の人気カジュアル衣料品店「フォーエバー21」を誘致すると発表した。イタリア高級ブランド「グッチ」の撤退スペースなど、1?5階部分に入居し、4月29日にオープンする。
フォーエバー21は、手ごろな値段で最新のファッションを提供し、消費者の支持を集めている「ファストファッション」の代表格。大手百貨店への出店はこれが初めてで、欧米高級ブランドからの“主役交代”を象徴している。松坂屋は低価格志向を強める消費者を集客する“目玉”テナントとしたい考えだ。
フォーエバー21は昨年、東京・原宿に日本直営1号店をオープン。今回が2号店で、アジア初の旗艦店と位置づけている。営業面積3071平方メートルと、原宿店の約2倍の広さがある。
松坂屋銀座店ではグッチが2月28日に閉店するほか、ゴルフウエア、スポーツウエア、紳士服イージーオーダー売り場を廃止する。
銀座には、フォーエバー21のほか、スウェーデンのH&M(ヘネス&マウリッツ)、米アバクロ(アバクロンビー&フィッチ)、スペインのザラなど世界の有力ファストファッションが軒並み出店している。
欧米高級ブランドや大手百貨店は、消費者の低価格志向を背景に軒並み大苦戦を強いられており、銀座の街並みも大きく変貌している。
不況下でアパレル業界も苦戦を強いられている中でこういった価格帯の安いブランドの進出が目立っているといった感じですね。銀座は時代の象徴の一つであるように思いますのでそういった意味でまだまだ消費者の財布のひもは固いということでしょうね。

「不況に強い」クルーズ客船業界、2010年も好調の予想→http://headlines.yahoo.co.jp...9-reu-int
世界的な金融危機や失業率の上昇、新型インフルエンザの流行を跳ね返し、クルーズ客船業界にとって2009年は当たり年となった。若い層の利用が拡大し、2010年も好調が続くと期待されている。
昨年のクルーズ客船利用者数は1300万人を超え、前年比3.3%増加した。今年は1430万人の利用が予想されている。
MSCクルーズUSAの社長兼最高経営責任者(CEO)で、クルーズ船協会CLIAのマーケティング委員長も務めるリチャード・サッソ氏は会見で「クルーズ船業界は、不況知らずというわけではないが、不況に強い」とコメント。今後も業界の改革を続けていくと意気込みを語った。
米国市場では好調が続き、その他の市場も欧州で人気が高まるなど、利用客の増加が見込まれるという。
CLIAのテリー・デール会長兼CEOによると、人気の旅行先は地中海やカリブ海、メキシコ、アラスカなど。川の観光クルーズも利用が増えている。
クルーズ利用客の平均年齢は約47歳と、10年以上前と比べると10歳下がった。家族向けクルーズが増えていることや、音楽、ワイン、食などテーマを設けたクルーズの人気が背景にあるという。
不況に強いといわれる業界だけあって今年の見通しも明るいようでこういった時代だからこそこういったところに人も金も集まるのかもしれないですね。しっかりと時代の流れを我々も掴んで投資に繋げていかねばならないと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

983:東証大引け、4日ぶり反発 売買代金は昨年5月以来の高水準

2010/01/21 (Thu) 23:11
今日も機能に引き続き暖かい一日でしたがさすがに夜は風も強くなり寒くなりましたね。気温差が激しいので体調管理には気をつけていきましょう。

さて今日の東京市場を振り返ってみましょう。

21日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反発。大引けは前日比130円89銭(1.22%)高の1万0868円41銭だった。円相場の下落を好感し、自動車や電機など輸出関連株を中心に買われた。「日本株の持ち高を減らし過ぎていた海外投資家が主力株の組み入れを急いだ」(UBS証券の平川昇二チーフストラテジスト)といい、ソニーやトヨタは約1週間ぶりに昨年来高値を更新した。成り行き買いと成り行き売りを同時に執行する大口のクロス取引が日経平均採用銘柄にみられた影響で、東証1部の売買代金は概算1兆8990億円と、株価指数先物やオプションの清算に絡む特別な売買がある日を除くと、昨年5月11日以来の水準に膨らんだ。

日経平均は前日まで3日続落し、この間に250円近く下落したため、「これまでの株価上昇に乗り遅れた個人投資家が押し目買いに動いた」(カブドットコム証券の藤本誠之マーケットアナリスト)との声も聞かれた。朝方は20日の米株式相場の大幅反落を嫌気した売りで日経平均は1万0600円台半ばに下落する場面があったが、積極的な売りは続かなかった。

21日午前発表の昨年10?12月期の中国の実質国内総生産(GDP)は前年同期比10.7%増と6四半期ぶりに2ケタ成長を回復。市場予想の中心値ともほぼ一致し、この日の上海株も底堅く推移したことから、中国の金融引き締め観測はやや後退し、後場は買い安心感が台頭。日経平均は上げ幅を一時150円近くに広げた。

東証1部の売買高は同26億2304万株。東証1部の値上がり銘柄数は1013、値下がりは504、横ばいは166だった。

東証株価指数(TOPIX)は4営業日ぶりに反発。業種別TOPIXは30業種が上昇。3業種が下落した。保険、精密機器、銀行が高い。半面、パルプ・紙、医薬品が安い。

三井住友FG、三菱UFJが買われ、キヤノン、ホンダが高い。ソフトバンク、KDDIも上昇した。半面、三井物、伊藤忠が下げ、アステラスが売られた。

東証2部株価指数は4営業日ぶり反発。ラオックス、オリコが高い。半面、アインファマ、川金HDが安い。

今日は為替相場の下落や日経平均が数日下げてきたこともあって反発という形でいい形での取引が多かったのではないでしょうか。また利益確定を狙った動きもしっかりととれて商いとしては上々だったのではないかと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

池田のひとり言コメント(0)

982:トリドール(3397)に続き12日配信のみらかHD(4544)、短期11%爆発上昇!

2010/01/21 (Thu) 18:06
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
今日の東京株式市場は続落して始まった。昨日の米国株式市場が反落した
ことを受け、東京株式市場はやや売りが先行した。
ただ、昨日まで日経平均は3日続落となっていることもあり、寄付き段階
では下げは小幅にとどまった。米国株式市場は中国の金融引き締め観測も
下げ要因となったが、日本では昨日の取引時間中に既に伝えられており、
影響は限定的だったようだ。

後場に入って、日経平均は上げ幅を拡大。昼休みに発表された中国の
09年10-12月期GDPは実質で前年同期に比べ10.7%増と、
ほぼ市場予想と同水準となったことで買い安心感につながった。
外為市場でやや円安方向に振れていることも警戒感を和らげた。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

2銘柄

本日は、昨夜のダウが再度100ドル以上下げたことを受けて朝の段階では
日本株も売られていたが、後場に入ると反発しだして130円高になる大幅
反発の中、昨日配信の2銘柄中1銘柄が4%弱の上昇を果たし利食いポイント
達成!
残りの1銘柄は惜しくも利食いポイント達成とはならなかったものの
仕込みとしては絶好!

明日からの上昇に期待の持てる配信となった。

【最近の配信結果】
●1月8日(金)に配信致しました参天製薬【4536:終値 2,816円】が
上昇を続け、本日 2,892円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●1月12日(火)に配信致しましたみらかHD【4544:終値 2,584円】が
上昇を続け、本日 2,875円をつけました。
配信株価より111%の上昇を記録しております。

●1月13日(水)に配信致しましたマツモトキヨシ【3088:終値 2,040円】が
上昇を続け、本日 2,132円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

●1月13日(水)に配信致しましたキョーリン【4569:終値 1,360円】が
上昇を続け、本日 1,393円をつけました。
配信株価より102%の上昇を記録しております。

●1月14日(木)に配信致しましたGMOホスティング&セキュリティ【3788:終値 61,000円】が
上昇を続け、本日 63,700円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。

●1月15日(金)に配信致しましたドン・キホーテ【7532:終値 2,045円】が
上昇を続け、本日 2,116円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●1月18日(月)に配信致しました日本管財【9728:終値 1,457円】が
上昇を続け、本日 1,484円をつけました。
配信株価より102%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(1月分、2月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/

━━━━━

★有料会員の皆様には毎日を基本とし短期上昇銘柄をメールで配信します★

ミクシィID:http://mixi.jp/show_friend.p...=18658673
ザラ場でも日記更新中、マイミクも募集してます!

━━━━━
池田のひとり言コメント(0)

ブログ TOP » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。