プロフィール

sss

Author:sss

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

MASTER FXメルマガ
MASTER FXメルマガ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

1599:為替週間見通し:米連邦債務上限協議の決着、財政赤字の削減規模の見極めへ

2011/07/31 (Sun) 10:29
過ごしやすい日々が続いていますが大雨洪水など地域によっては天災に見舞われておりますので自分自身でしっかりと対応はしていく必要がありますね。

さて今日は為替相場の動向をチェックしていきたいと思っております。

■米国ソブリン・リスク懸念でドル続落
ドル・円は、78円75銭から76円70銭まで下落した。オバマ米政権・民主党と共和党による米国の財政赤字削減や連邦債務上限(14兆2940億ドル)引き上げを巡る協議が引き続き難航したことで、76円70銭まで下落した。

7月15日までの調査に基づいた「地区連銀景況報告(ベージュブック)」で、経済活動の拡大ペースが12地区のうち8地区で減速したこと、米国4-6月期の国内総生産(GDP)が前期比年率+1.3%と低迷したことも、ドル売りに拍車をかけた。

■米連邦債務上限引き上げ協議・米国雇用統計を見極める展開
今後のドル・円は、8月2日の期限までに米連邦債務上限が引き上げられるか否か、財政赤字削減が格下げを回避できる4兆ドル規模となるか否か、などを見極める展開となる。

米連邦債務上限引き上げが合意されずに、米国債のデフォルト(債務不履行)、格下げにより、ドル・円相場が急落した場合、日銀による円売り介入の可能性が高まるため、要注意となる。経済指標では、1日発表の米国7月のISM製造業景気指数、2日発表の米国6月のコア個人消費支出(PCE)価格指数、5日発表の米国7月の雇用統計を見極める展開となる。

【米連邦債務上限引き上げ期限:8月2日】
米国下院で共和党の米連邦債務上限引き上げ法案を賛成218票、反対210票で可決した。米国上院(民主党51議席・共和党47議席・無党派2議席)で、8月2日までに可決されるか否かを見極める展開となる。

1)米連邦債務上限引き上げ合意+財政赤字削減(4兆ドル規模)
ドル・円は、80円方向に向けて反発が予想される。

2)米連邦債務上限引き上げ合意+財政赤字削減(2兆ドル規模)

米国債のデフォルト(債務不履行)は回避されるものの、「トリプルA」からの格下げの可能性が高まる。ドル・円は、75円方向に向けて続落が予想される。

3)米連邦債務上限引き上げが合意されない場合
米国債のデフォルト(債務不履行)及び格下げの可能性が高まることで、ドル・円は、75円方向に向けて続落が予想される。

【米国7月の雇用統計】

8月5日に発表される米国7月の失業率の予想は9.2%で6月の9.2%から変わらず、非農業部門雇用者数は、9.5万人程度の増加で6月の+1.8万人の増加から改善が予想されている。

非農業部門雇用者数が予想通りならば、5-6月の米国・労働市場の悪化が、バーナンキFRB議長の見解通りに一時的な現象だった可能性が高まることで、ドルは下げ渋る展開が予想される。

【中国人民銀行:追加利上げ・人民元切り上げの可能性】
中国の6月の消費者物価指数は前年比+6.4%となっており、中国人民銀行による追加利上げ、人民元切り上げ観測が高まっている。中国人民元の対ドル相場は、2005年7月21日の切り上げ以降の高値を更新し続けていることで、人民元の切り上げの可能性には警戒すべきか。

【投機筋のオプション・トリガーへの売り仕掛け】
ドル・円は、76円50銭にオプション・トリガーが控えている。米国のソブリン・リスクに対する懸念が高まった場合は、投機筋によるドル売り仕掛けの可能性が高まることになる。

最大の焦点はアメリカの債務問題であることはいうまでもありませんし、しっかりと米国のニュースにはしっかりと対応していく必要があると思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
スポンサーサイト

池田のひとり言コメント(0)

1598:来週の日本株の読み筋=最大の焦点は米債務上限引き上げ問題

2011/07/30 (Sat) 23:28
今日は久しぶりに知り合いのお店に顔をだし昔話に花を咲かせていいリフレッシュになったと思っております。

さて今日は週明けの株価の状況をチェックしていきたいと思っております。

来週(8月1日-5日)の東京株式市場は、週前半と、半ば以降で相場つきが大きく変わる見通し。最大の焦点は8月2日に期限が迫る米債務上限引き上げの問題。28日に米国で発表された新規失業保険申請件数が予想を下回るものとなり、同問題に前進がみられれば、米雇用情勢に対する楽観的な見方が強まるとみられ、「日経平均は震災前の水準を奪回できる」(中堅証券)という。

一方、気になるのは今後のドル・円の動き。市場では米国のデフォルトの可能性を否定する声が多く、同問題が解決すれば、ドル・円の圧迫要因がなくなると思われるものの、「ここまでゴタゴタが続くと、解決の道筋がついたとしても、ドルが信頼を取り戻すには時間がかかる」(別の中堅証券)との指摘がある。ドルの上値が重い限り、日経平均の上値も限定的となりそうだ。

米国の債務問題が一番の焦点であることはいうまでもありませんし週明けは大荒れになる可能性は否定できません。逆にこの問題が決着することで米国そして日本経済も前進できるのではないでしょうか。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1597:好評につき有料会員募集を一旦締め切りました!直近25日配信の富士紡HD【3104】、ハマキョウレックス【9037】短期爆発!

2011/07/29 (Fri) 18:02
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
29日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落した。
終値は前日比68円32銭(0.69%)安の9833円03銭だった。
6月30日以来約1カ月ぶりの安値。米連邦債務の上限引き上げを巡り、
下院でベイナー議長案の採決を見送ると伝わると問題解決の行方に
悲観的な見方が台頭。米株式相場の先安懸念が強まり、午後に入って
下げ幅を広げた。
円相場が一段と上昇したことも投資家心理に重荷となった。
東証1部全体の7割強の銘柄が値下がりした。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

1銘柄

本日は昨日の米国市場が続落したことを受けて、日本株も朝から終始
売りに押される展開となる中、昨日配信の1銘柄は
惜しくも利食い達成とはならなかったものの仕込みとしては絶好。
週明けから期待の持てる配信となった。

【最近の配信結果】
●7月7日(木)に配信致しましたあさひ【3333:終値 1,445円】が
上昇を続け、本日 1,593円をつけました。
配信株価より110%の上昇を記録しております。

●7月25日(月)に配信致しました富士紡HD【3104:終値 189円】が
上昇を続け、本日 199円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

●7月25日(月)に配信致しましたハマキョウレックス【9037:終値 2,469円】が
上昇を続け、本日 2,650円をつけました。
配信株価より107%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(7月分、8月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1596:<マーケットから>前場の動いた株&ひとことコメント

2011/07/29 (Fri) 13:25
◇アンリツ<6754.T> 810 +76
今期業績予想は大幅上方修正、サプライズ決算が目立った銘柄。

◇東光電気<6921.T> 412 +37
第1四半期営業利益は通期計画をも超過する水準に。

◇日本CMK<6958.T> 312 +28
今期の営業黒字見通し発表で安心感が強まる格好に。

◇ゴールドクレスト<8871.T> 1788 +158
上半期営業利益は15億円から29.5億円に上方修正。

◇新生銀行<8303.T> 95 +6
第1四半期決算を発表、経常利益は通期計画を超過する状況に。

◇日立国際電気<6756.T> 622 +39
第1四半期好決算発表、上期営業益は10億円の赤字から2億円の黒字に。

◇日本冶金工業<5480.T> 231 +14
第1四半期経常利益は従来の上半期計画を超過する。

◇三菱製鋼<5632.T> 268 +16
上半期2ケタ減益見通しに対して第1四半期は8割営業増益に。

◇日本金属工業<5479.T> 98 +5
冶金工の好決算発表が刺激材料につながる。

◇東急リバブル<8879.T> 756 +38
第1四半期は赤字決算も想定線として、SMBC日興は買い推奨継続。

◇フジメディア<4676.T> 120900 +5600
好決算発表を受けて野村では投資判断を格上げへ。

◇JT<2914.T> 353500 +16000
復興財源として政府保有株の売却が盛り込まれると。

◇ミサワホーム<1722.T> 579 +26
スピード調整一巡感で押し目買いか、特に材料は観測されず。

◇ルネサス<6723.T> 676 +28
音声処理半導体事業の売却報道が伝わっている。

◇SBIHD<8473.T> 7670 +300
第1四半期経常利益は前年同期比倍増へ。

◇MonotaRO<3064.T> 1842 +72
1:2の株式分割を発表している。

◇日本テレビ<9404.T> 12000 +440
上半期営業利益は66億円から77億円に上方修正。

◇富士通ゼネラル<6755.T> 644 +23
JPMでは目標株価を730円から830円に引き上げへ。

◇ケネディクス<4321.T> 15210 +530
ムーディーズではケネディックスREITを格上げとも。

◇日立金属<5486.T> 1091 +37
前日の取引時間中に決算発表、高い進捗率など評価へ。

◇あおぞら銀行<8304.T> 183 +6
前日に発表した第1四半期の好決算が評価材料に。

◇電気興業<6706.T> 368 +12
地デジ関連特需への期待感なども再燃か。

◇ネットワン<7518.T> 184700 +5700
前日にはコスモが投資判断を新規に「A」としている。

◇アコム<8572.T> 1337 +41
第1四半期決算発表、最終益は大幅増益に。

◇プロミス<8574.T> 694 +20
アコムの決算内容などから連想感も先行。

◇JXHD<5020.T> 562 +13
仙台製油所の生産再開を前倒しとも伝わっており。

◇三井不動産<8801.T> 1473 +34
通期減益見通しに対して、第1四半期は20%増益へ。

◇アルバック<6728.T> 1448 -317
前日に業績見通し発表も想定外の大幅減益見通しとなり。

◇フォスター電機<6794.T> 1292 -188
上半期営業利益は33億円から10億円にまで下方修正。

◇イー・アクセス<9427.T> 34450 -2000
直近ではリコールも観測され、機関投資家の処分売りも想定される。

◇TDK<6762.T> 4000 -225
第1四半期は7割超の大幅営業減益、下振れ懸念強まり。

◇メガチップス<6875.T> 1188 -64
任天堂株安に連れ安、決算前に警戒感。

◇新光電気工業<6967.T> 633 -33
第1四半期は営業損益段階から赤字となっており。

◇コニカミノルタ<4902.T> 622 -31
前日に決算発表、第1四半期はコンセンサスを大幅に下振れ。

◇デジタルハーツ<3620.T> 122000 -6000
三角保合い下放れで手仕舞い、特に材料観測されず。

◇ポーラオルビス<4927.T> 2093 -86
高値更新で短期的な達成感、目先の買戻しの動きにも一巡感か。

◇テルモ<4543.T> 4345 -170
好決算発表もファイナンスリスクなど拭い切れずと。

◇三晃金属工業<1972.T> 316 -12
決算発表控えて警戒感も高まる格好に。

◇内田洋行<8057.T> 212 -8
6月安値水準割り込んで下値メド見出しにくく。

◇東京電力<9501.T> 448 -4
週末にかけてはリスク回避から手仕舞いムードも強まり。

◇東芝<6502.T> 395 -14
UBSの投資判断格上げも反応薄、決算を嫌気する動きが継続へ。

◇新日鉄<5401.T> 264 +5
好決算にも動きの鈍かった鉄鋼株の一角には見直し買い。

◇住金<5405.T> 187 +5
改めて前日に発表した想定以上の好決算を評価の動きへ。

◇川崎重<7012.T> 285 -6
決算控えて警戒感、中国鉄道事故による投資抑制の影響懸念も続く。

◇日立製<6501.T> 477 -8
本日決算発表予定も、その後の出尽くし感など警戒で。

◇三菱重工業<7011.T> 362 +5
超臨界圧ボイラ・タービン、印で年産能力50%増へなどと伝わる。

◇ルック<8029.T> 207 -5
週末要因も重なり短期資金の手仕舞い売り続く。

◇ソフトバンク<9984.T> 3010 -110
第1四半期好決算もインパクト無く出尽くしムード強まる。

◇富士通<6702.T> 450 -14
サプライズは乏しいが第1四半期の赤字決算を嫌気へ。

◇ソニー<6758.T> 1962 -51
前日に第1四半期決算発表、実績は想定上振れも通期純利益は下方修正。

◇日本郵船<9101.T> 283 -2
決算発表を控えて警戒感なども先行の動きへ。

◇ラウンドワン<4680.T> 640 +15
目立った材料ないまま前日に急落した反動。

◇三菱電機<6503.T> 913 -10
場中に決算発表控えて出尽くし感なども警戒へ。

◇オリックス<8591.T> 8480 +70
来週初の金融株投信設定控えて需給思惑なども。

◇JR東<9020.T> 4880 +90
前日に決算発表、市場想定は上振れとなり買い安心感も。

◇カプコン<9697.T> 1931 -72
第1四半期は高い進捗率となったが、通期予想の変更なども無く。

◇住友電工<5802.T> 1157 -40
第1四半期営業益は88%の大幅減益、想定比下振れに。

◇明星電気<6709.T> 93 +8
通期営業利益は8.2億円から14.4億円に上方修正。

◇任天堂<7974.OS> 11210 -2790
昨日発表の決算がネガティブサプライズ、格下げの動きが相次ぐ。

◇日医工<4541.OS> 2249 +69
みずほでは「アウトP」に格上げ、目標株価2800円に。

◇島精機<6222.OS> 1856 -60
UBSでは短期レーティングを「セル」とする。

◇サイバーエージ<4751.T> 277000 -17000
第3四半期決算は好内容も通期計画の据え置きに失望感。

◇スタートトゥ<3092.T> 1926 -91
第1四半期決算通過で目先の材料出尽くし感も。

◇DMP<3652.T> 2723 +139
ニンテンドー3DSの値下げによる販売拡大でロイヤリティ収入増加に期待感。

◇ユビキタス<3858.OS> 121700 -4800
今期業績見通しを大幅に下方修正した任天堂の急落に連れ安。

◇モルフォ<3653.T> 7230 +430
上場来高値更新による需給好転なども材料視。

◇ニューフレア<6256.OS> 299000 -16000
直近の急騰による反動で利益確定売り優勢。

◇MTI<9438.OS> 125900 -9100
引き続き、足元における有料会員数の減少などを悪材料視。

◇スカイマーク<9204.T> 1171 -29
第1四半期決算はインパクトに乏しく利益確定売り優勢。

◇エヌピーシー<6255.T> 1113 -200
今期営業損益見通しを4.8億円の赤字から12.6億円の赤字へ下方修正。

◇インフォコム<4348.T> 97400 +6800
4-6月期営業利益が前年同期比約4倍の4.3億円に拡大したことを評価。

◇ユニバーサル<6425.OS> 2476 +103
昨日発表した4-6月期決算速報を好材料視。

◇高度紙<3891.OS> 2542 -230
4-6月期営業利益は前年同期比16%減の6.1億円に留まったことを嫌気。



初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/



テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1595:すき家・なか卯の牛丼値下げ…「並」250円に

2011/07/29 (Fri) 10:13
全国的に比較的電力供給が安定しているようですが政治の迷走で今だ復興が前に進んでいかない様相を呈しているように感じます。今後しっかりと政府は復興の道筋をもっと明確にしていく必要性があるのではないでしょうか。

さて今日は牛丼チェーンのニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp...m-bus_all
ゼンショーは28日、傘下の牛丼チェーン「すき家」と「なか卯」のほぼ全店で、29日から期間限定で牛丼を値下げすると発表した。牛丼チェーン大手では牛丼の値下げ競争が激化し、値下げはすき家が今年5回目、なか卯は同3回目となる。

すき家は29日午前9時から8月11日午前8時まで、牛丼6サイズを30円値下げし、通常は280円の「並盛」は250円にする。なか卯は29日午前11時から8月14日午後8時まで、和風牛丼の「並」「大盛」「特盛」をそれぞれ40円、ミニを20円値下げする。「並」は250円になる。

業界では、吉野家ホールディングスが展開する「吉野家」が26日午前10時から8月2日午後3時まで全国の店舗で牛丼や牛皿など8品目を一律110円値下げし、牛丼の「並盛」はすき家の定価(280円)を下回る270円にしたばかり。
こういった形で牛丼チェーンの値下げ合戦が再度スタートした形ですがこれがどこまで売り上げを伸ばしていくことに直結していくのかしっかりと各社追っていきたいと思っております。

日本企業の業績見通し、V字回復に円高リスクの影
http://headlines.yahoo.co.jp...u-bus_all
東日本大震災ショックからのV字回復を期待する日本企業の業績見通しに、長引く円高の暗雲が広がり始めている。

ソニー<6758.T>など電機大手を始め、28日に今年4-6月期決算を発表した企業各社は、予想以上に続く円高局面に懸念を表明、今後さらに円の上昇が続けば業績下振れのリスク要因となりうるとの見方を示した。震災によるサプライチェーン(供給網)寸断がもたらした生産の停滞からは想定より早いペースで回復している、との指摘が多かったものの、80円を割り込む急激な円高の進行と長期化の兆しに日本企業は抜本的な対策を迫られそうだ。
ソニーは電機大手の中で唯一、業績を下方修正した。12年3月期の売上高予想を7兆5000億円(前期比4.4%増)から7兆2000億円(同0.3%増)に引き下げ、営業利益予想は据え置いたものの、当期利益予想を800億円から600億円(前期は2595億8500万円の赤字)に下方修正した。為替の想定を円高方向に見直したほか、欧米市場の低迷で液晶テレビの販売計画を下方修正しのが原因。7月以降の想定為替レートは、ドル/円を従来の83円から80円に見直す一方、ユーロ/円は115円で据え置いた。

27日に決算発表した日立建機<6305.T>の徳重博史執行役専務は現在の、ドル/円80円という水準について「公平な水準かどうかと言うと、我々が思っている以上の円高」とコメント。「80円を常に切れているとなると、現地生産化がどんどん進み、日本での部品調達は落ちていく。企業一社の問題ではないため、これ(この円高水準)が続くことはないとは思っているが、解決策もない」と説明した。

東芝は、円高がプラス面、マイナス面の両面で働くため、全体としては中立の影響になっているという。しかし、電子デバイスや社会インフラ部門は円高のデメリットが直撃する。同社の久保専務は「グローバルな競争相手以上の生産効率の改善で吸収する努力をしているが、かなりのレベルになると追い付けない。個別事業単位に本当に日本でやっていけるのかは検討課題にならざるを得ない」と話した。

京セラ<6971.T>の青木昭一執行役員常務は、足元で円高が一段と進行していることについて「今期の為替レートについては専門家の意見も聞き、当初はむしろ円安に行くと思っていたので、77円台までの円高に驚いている」と語った。そのうえで「部材調達など(円高の)メリットを高めるしくみを再度見直していく」ほか、一層の原価低減努力を進める考えを示した。

こういった形で円高リスクをどこまで考えて今後企業の業績回復そして成長をしていくことが大事だと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1594:<マーケットから>後場の動いた株&ひとことコメント

2011/07/28 (Thu) 21:42
◇エムスリー<2413.T> 679000 +21000
みずほでは目標株価を670000円から720000円に引き上げ。

◇東海ゴム<5191.T> 1090 +32
前引け後に決算発表、通期増益見通しを好感。

◇ポーラオルビス<4927.T> 2179 +60
TOPIXリバランスで売り需要発生観測も買い戻し優勢に。

◇OKK<6205.T> 115 +3
工作機械各社には好業績期待が比較的高く。

◇フージャース<8907.T> 31050 -2050
もみ合い下放れで信用買い方の処分売り急がれる。

◇栗本鐵工<5602.T> 156 -9
ルックの急落などで材料株の一角には手仕舞い売りも。

◇愛知機械<7263.T> 302 -16
前日に決算発表、第1四半期5割超の減益を嫌気へ。

◇ダイワボウ<3107.T> 176 -9
個人主体の材料株で、直近強い動きの銘柄には利食い圧力強まる。


初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1593:正確な情報で25日配信のハマキョウレックス【9037】短期6%の上昇達成!

2011/07/28 (Thu) 19:36
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
28日の東京株式市場で日経平均株価は続落。終値は前日比145円84銭
(1.45%)安の9901円35銭だった。
19日(9889円)以来の安い水準を付けるとともに、同日以来の1万円
割れとなった。
下げ幅は6月16日(163円安)以来、1カ月半ぶりの大きさ。
前日の米ダウ工業株30種平均が米連邦債務の上限引き上げ問題を
巡る混乱を嫌気して198ドル安となるなど、世界的な株安傾向を受けた
売りが先行した。
円相場が1ドル=77円台後半で高止まりしたことも重荷に、トヨタや
ホンダなど輸出関連株の下げが目立った。業績回復期待から買われる
銘柄もあったが、物色の広がりは見られず、後場中ごろには下げ幅を
200円近くまで拡大する場面があった。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

1銘柄

本日は昨日の米国市場が大幅続落したことを受けて、日本株も100円を
超える大きな売りに押される展開となる中、昨日配信の1銘柄は
惜しくも利食い達成とはならなかったものの仕込みとしては絶好。
明日から期待の持てる配信となった。

【最近の配信結果】
●7月14日(木)に配信致しましたタムロン【7740:終値 1,787円】が
上昇を続け、本日 2,065円をつけました。
配信株価より116%の上昇を記録しております。

●7月25日(月)に配信致しましたハマキョウレックス【9037:終値 2,469円】が
上昇を続け、本日 2,605円をつけました。
配信株価より106%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(7月分、8月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1592:ドイツ証券は自動車セクターをこう見ている

2011/07/28 (Thu) 15:46
<ドイツ証券>

自動車セクターのレポートでは、生産がようやく正常化しつつある中、円相場が再び懸念材料になっていると指摘。トヨタ(7203)と日産(7201)は主力製品と部品の輸出に依存しているため課題に直面しているものの、日産は状況改善に最大限努めているとの見方で、ホンダ(7267)は感応度が最も低く現地生産拠点のバランスが最も良いと解説。株価パフォーマンスは懸念を反映していないと見て、為替変動による影響が最も小さい銘柄としてホンダ、スズキ(7269)、ダイハツ(7262)を取り上げてる。


初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/


池田のひとり言コメント(0)

1591:<マーケットから>前場の動いた株60銘柄&ひとことコメント

2011/07/28 (Thu) 13:27
【マーケット発】前場の動いた株&ひとことコメント。
◇日産東京販売<8291.T> 149 +11
改めて今期の大幅増益見通しを手掛かりに押し目買いへ。

◇愛三工業<7283.T> 794 +41
第1四半期決算受けて急落した前日の反動も。

◇富士通ゼネラル<6755.T> 625 +31
第1四半期営業利益は上半期計画を大幅に超過へ。

◇日立建機<6305.T> 1759 +78
第1四半期は想定以上の好決算となり買い安心感強まる格好に。

◇タダノ<6395.T> 477 +18
日立建機の想定以上の決算内容などが刺激にもつながる。

◇MrMax<8203.T> 356 +12
引き続き、第1四半期の高い業績変化率などを材料視。

◇大建工業<7905.T> 268 +8
本日の決算発表を控えて期待感も先行へ。

◇新日鉄ソリュ<2327.T> 1789 +53
ドイツでは目標株価を2100円から2200円に引き上げ。

◇NTN<6472.T> 480 +13
前日に第1四半期好決算発表、リバウンドのきっかけ材料に。

◇IIJ<3774.T> 303000 +7100
前日のネットワンの好決算なども刺激となる格好か。

◇新生銀行<8303.T> 90 +2
モルガンでは新規に買い推奨、目標株価150円とする。

◇静岡瓦斯<9543.T> 500 +11
乱高下の展開、買い戻しと見られる動きが優勢か。

◇日産車体<7222.T> 649 +14
上半期営業損益は赤字見通しから一転して黒字へ。

◇福田組<1899.T> 297 +6
植木組なども含めて震災復興関連の一角が堅調。

◇パナソニック<6752.T> 942 +18
三洋電機の白物家電を売却と伝わっている。

◇日立電線<5812.T> 219 +4
引き続き、第1四半期の好決算を評価の動きで。

◇東北電力<9506.T> 1035 +16
東京電力の切り返しなど電力株の刺激材料にも。

◇JT<2914.T> 337000 +4000
引き続き、政府保有株売却に対する自社株買いの実施を思惑視で。

◇アドバンテスト<6857.T> 1399 -105
前日に決算を発表、大幅減益を嫌気する動きが優勢に。

◇ラウンドワン<4680.T> 628 -44
もみ合い下放れ、下値不安から追随売りも集まる格好か。

◇NTTデータ<9613.T> 266600 -18100
第1四半期の営業1割減益観測報道が伝わっており。

◇シンプレクス<4340.T> 29770 -1830
前日に決算発表、第1四半期は6割強の営業減益に。

◇Uアローズ<7606.T> 1555 -85
直近では住友信託銀行の保有比率低下へ。

◇SMK<6798.T> 314 -17
前日に決算発表、第1四半期は経常赤字決算に。

◇ホソカワM<6277.T> 467 -22
足元の急ピッチな株価上昇に短期的な過熱警戒感も。

◇フルキャスト<4848.T> 20820 -960
連日のリバウンド受けて戻り売り圧力も強まる。

◇沖電線<5815.T> 187 -8
第1四半期は高い進捗率みせるが好反応みられず出尽くし感へ。

◇エルピーダ<6665.T> 716 -30
米SOX指数などのきつい下げが目立ち。

◇システナ<2317.T> 74900 -3100
目立った材料ないまま前日に大幅高となった反動。

◇デジタルハーツ<3620.T> 123000 -4900
明日に決算発表控えて手仕舞い売り優勢に。

◇マネックス<8698.T> 16370 -630
日経平均1万円割れなど株式市場の軟化を嫌気。

◇ミサワホーム<1722.T> 559 -21
天井到達感強まっており処分売りの動きが嵩む。

◇兼松日産農林<7961.T> 161 -6
日証金では貸借取引申込停止措置を解除。

◇エディオン<2730.T> 786 -29
引き続き、家電量販店各社には利食い売りが優勢に。

◇東京電力<9501.T> 433 +2
突っ込み警戒感から自律反発目指す動きにも。

◇日立製<6501.T> 485 +5
4-6月期営業利益500億円との観測報道が伝わる。

◇三菱UFJ<8306.T> 396 -7
依然として米国の債務上限引き上げ協議の難航が懸念視され。

◇日産<7201.T> 843 -5
前日には想定比上振れの好決算発表も地合い悪で。

◇東芝<6502.T> 408 -3
前日に伝わった業績観測が引き続き弱材料視される。

◇新日鉄<5401.T> 260 -6
想定以上の堅調決算受けて前日は堅調な動きとなったが。

◇ルック<8029.T> 226 +1
引き続き特定資金の流入思惑などが手掛かり材料視され。

◇三菱自<7211.T> 103 0
4-6月期営業黒字化報道伝わるも好反応限定的に。

◇トヨタ<7203.T> 3195 -60
日産が好決算発表にも関わらず上値の重い動きで。

◇JX HLDG<5020.T> 547 -13
共同出資会社がペルーでの銅鉱山開発延期を発表。

◇クラリオン<6796.T> 167 -6
前日はメリルの2段階格上げにも反応限定的で。

◇東ソー<4042.T> 332 -9
第1四半期の業績観測報道伝わるが短期的な出尽くし感につながり。

◇ファナック<6954.T> 14680 -50
前日は決算発表後強い動きとなったが、上場来高値水準突破しきれず。

◇DeNA<2432.T> 4000 +5
英語版と中国版の「モバゲー」本格展開をリリースで期待感。

◇国際帝石<1605.T> 591000 -11000
原油市況が2%超の下落となっており。

◇日電硝子<5214.T> 974 -22
コーニングが先行きの悪化見通し示して株価急落へ。

◇ツクイ<2398.T> 1107 +56
内需の好業績銘柄として押し目買いの動きは活発。

◇島精機<6222.OS> 1885 -136
前日に決算発表、第1四半期の営業減益など嫌気か。

◇オムロン<6645.OS> 2178 -119
市場予想上回る好決算発表も、第2四半期の鈍化見通しなど嫌気か。

◇ニューフレア<6256.OS> 324000 +7000
引き続き、今期営業利益見通しの上方修正を評価材料視。

◇ブロードメディ<4347.OS> 133 +12
上期業績見通しの上方修正と自社株取得枠の設定を発表。

◇モルフォ<3653.T> 6350 +550
手掛かり材料に乏しいなか短期の値幅取り資金が向かう。

◇スタートトゥ<3092.T> 1980 -103
本日は第1四半期決算の発表を控え目先の出尽くし警戒感も先行で。

◇MTI<9438.OS> 135500 -10500
第3四半期決算は好内容も有料会員数の減少などを嫌気。

◇ケイブ<3760.OS> 149900 +1900
引き続き、フェイスブック向けゲームの提供開始を材料視。

◇タカラバイオ<4974.T> 475 +4
中国での遺伝子治療プロジェクトの立ち上げを発表。

◇新日本建物<8893.OS> 46 +6
継続企業の前提に関する重要事象などの記載解消を受け。

◇フェローテック<6890.OS> 1706 +39
目立った材料はないが太陽光発電関連の一角に物色が目立つ。

◇FPG<7148.OS> 2335 -115
引き続き、4-6月期業績の急減速をネガティブ材料視。

◇ニチダイ<6467.OS> 340 +58
今期営業利益は8.8億円と大幅増益見通しとなったことを評価材料視。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1590:三洋電機の白物家電売却=中国ハイアールに―パナソニック

2011/07/28 (Thu) 10:42
ゲリラ豪雨の被害も出ているようなので外出する際は天気予報などしっかりとチェックしておく必要がありますね。

さて今日は三洋のニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp...j-bus_all
パナソニックは28日、完全子会社の三洋電機の冷蔵庫と洗濯機事業を、今年度中にも中国家電大手の海爾集団(ハイアール)に売却する方針を固めた。白物家電の代表的な事業の売却により、パナソニックは課題となっていた両社の重複事業を解消する。中国企業による日本企業の合併・買収(M&A)も一段と加速しそうだ。
売却するのは、三洋電機の子会社、三洋アクア(本社大阪府守口市)や、三洋電機とハイアールの合弁会社ハイアール三洋エレクトリック(同東京都港区)など、日本や東南アジアで冷蔵庫や洗濯機事業を手掛ける10社程度。売却金額は100億円程度で、ハイアールに一定期間、日本と東南アジアで「SANYO」ブランドの使用も認める。計約2000人に上る従業員の大半はハイアールに雇用される見通し。
パナの一つの戦略として売却することが決定したということですが今後の展開でブランド力を活かしてどこまで展開していくことができるのかが一つの焦点になってくるのではないかと思っております。

イオン、自前検査の国産牛を7月28日から販売 他社追随か⇒http://headlines.yahoo.co.jp...n-bus_all
放射性セシウムで汚染された稲わらを食べた牛の肉が流通した問題を受け、イオンは27日、検査済みの国産牛肉を28日から関東地区の「イオン」「マックスバリュ」の全115店で販売すると発表した。

国による安全確保の態勢が構築されるまで、対象とする牛に関して全頭検査する方針で、他の流通大手も追随する可能性がある。

対象となるのは、同社のプライベートブランド(PB)「トップバリュ」の国産黒毛和牛。全国5カ所の第三者機関でゲルマニウム半導体検出器などを用いて放射性物質の量を検査する態勢を整えており、食品衛生法上の暫定基準値を下回った牛の肉だけを店頭に並べる。検査にかかるコストは同社が負担し、価格に転嫁したり、東京電力に請求したりする考えはないと言う。

トップバリュの国産黒毛和牛は、同社の扱う国産牛の約6割を占めており、この比率を高めていく考え。月間の出荷量は250トン程度だが、同社は今後、これを2倍近くに拡大し、取り扱い店舗も全国の約1000店に広げる方針だ。

同社の総合スーパー事業を担うイオンリテールの村井正平社長は、27日に都内で開いた会見で「国産牛肉への店頭での不安を払拭するには、いくらコストがかかっても、全頭検査を行うしかない」と強調した。

こういった形で自社でチェックしていくことで安心安全な食品を提供していくということでしょうね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1589:タムロン【7740】、サンリオ【8136】短期15%超えの大爆発!直近仕込み銘柄も好調!

2011/07/27 (Wed) 18:04
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
27日の東京株式市場で日経平均株価は反落した。終値は前日比50円53銭
(0.50%)安い1万0047円19銭だった。米連邦債務の上限引き上げを
巡って米議会の協議が難航するなか、26日の米株式相場の下落を
嫌気した売りが先行した。
外国為替市場で円相場が1ドル=77円台後半に高止まりしたことが
重荷となり、幅広い銘柄が安く推移した。企業の好業績期待は
投資家心理を支え、1万円の大台は維持して底堅さをみせた。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

3銘柄

本日は昨日の米国市場が続落したことを受けて、日本株も小幅に
売られる展開となる中、昨日配信の3銘柄中1銘柄が寄り付きより力強く
右肩上がりに上昇し、3%弱の上昇達成!残りの2銘柄は惜しくも
利食い達成とはならなかったものの仕込みとしては絶好。
明日から期待の持てる配信となった。

【最近の配信結果】
●7月7日(木)に配信致しましたあさひ【3333:終値 1,445円】が
上昇を続け、本日 1,585円をつけました。
配信株価より110%の上昇を記録しております。

●7月14日(木)に配信致しましたタムロン【7740:終値 1,787円】が
上昇を続け、本日 2,047円をつけました。
配信株価より115%の上昇を記録しております。

●7月19日(火)に配信致しましたサンリオ【8136:終値 2,948円】が
上昇を続け、本日 3,455円をつけました。
配信株価より117%の上昇を記録しております。

●7月19日(火)に配信致しました京王ズHD【3731:終値 42,150円】が
上昇を続け、本日 43,200円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月21日(木)に配信致しましたタクマ【6013:終値 399円】が
上昇を続け、本日 425円をつけました。
配信株価より107%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(7月分、8月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1588:地デジ移行でCATV好調、JCOM過去最高益

2011/07/27 (Wed) 10:22
突然の豪雨や雷雨が列島を襲っておりますがにわか雨にもしっかりと対応できるように準備をしておく必要がありますね。

さて今日はJCOMのニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp...m-bus_all
ケーブルテレビ(CATV)最大手のジュピターテレコム(JCOM)が26日発表した2011年6月中間連結決算は、売上高にあたる営業収益が前年同期比3・6%増の1840億円、営業利益は同21・4%増の399億円、税引き後利益は同1・3%増の204億円と、いずれも半期ベースで過去最高となった。

7月24日の地上デジタル放送への移行に関連し、アナログテレビを買い替えなくても地デジを視聴できるCATVへの加入が増えた。6月末の加入世帯数は、1年前に比べ5%増の約352万世帯と、初めて350万世帯を超えた。

地デジ移行でこういったところでも恩恵が出ているということで今後の成長も期待できるといったところではないでしょうか。

ベアリングでカルテルか 大手4社強制調査 公取委
http://headlines.yahoo.co.jp...-san-soci
自動車や工作機械の部品に使われるベアリング販売をめぐって価格カルテルを結んでいた疑いが強まったとして、公正取引委員会は26日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、日本精工(東京都品川区)やNTN(大阪市)など大手メーカー4社の関係先約20カ所を強制調査した。

公取委が強制調査に踏み切ったのは、平成20年1月に調査を開始した亜鉛メッキ鋼板カルテル以来、6件目。公取委は捜査当局への刑事告発を視野に、押収資料の分析を進め、価格カルテルの実態解明を目指す方針。

ほかに調査を受けたのは、ジェイテクト(名古屋市)、不二越(富山市)と、それぞれの関係部門や子会社。

関係者によると、各社は16年ごろから、原料の鋼材の高騰をきっかけに、自動車用ベアリングや産業用ベアリングの値上げ幅や販売額を、事前の話し合いで調整するなどの価格カルテルを結んでいた疑いが持たれている。関係者によると、4社のシェアは8割に達していて、公取委は国民生活に大きな影響を及ぼしかねない悪質なカルテルと判断、強制調査に着手した。

ベアリングは回転する軸を支えて摩擦を防ぐために使われる部品。自動車のほか、家電製品や鉄道、航空機、医療機器など幅広い分野で使用されている。市場規模は4千億?5千億円で、公取委がこれまでに調査対象とした中では最大規模。
こういったところでカルテルが行われているという疑いがあるようですがしっかりと競争社会の中でクリーンな取引を求めたいところですね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1587:19日配信のサンリオ【8136】が短期15%の爆発!スナイパー銘柄は今月も絶好調!

2011/07/26 (Tue) 18:06
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
26日の東京株式市場で日経平均株価は反発。終値は前日比47円71銭
(0.47%)高い1万0097円72銭で引けた。
企業決算に対する期待感が相場を支えたものの、高止まりしている
円相場への警戒感は拭えず上値の重さが目立った。
東証1部の売買代金は概算で1兆0830億円、売買高は同16億4113万株と
低調だった。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

2銘柄

本日は昨日の米国市場が反落したものの、決算の期待感から日本株は小幅に
買われる展開となる中、昨日配信の2銘柄は惜しくも利食い達成
とはならなかったものの仕込みとしては絶好。
明日から期待の持てる配信となった。

【最近の配信結果】
●6月28日(火)に配信致しましたベルーナ【9997:終値 509円】が
上昇を続け、本日 550円をつけました。
配信株価より108%の上昇を記録しております。

●7月7日(木)に配信致しましたレーザーテック【6920:終値 1,149円】が
上昇を続け、本日 1,210円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

●7月13日(水)に配信致しました沢井製薬【4555:終値 8,140円】が
上昇を続け、本日 8,480円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。

●7月14日(木)に配信致しましたKDDI【9433:終値 558,000円】が
上昇を続け、本日 584,000円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

●7月15日(金)に配信致しました科研製薬【4521:終値 1,106円】が
上昇を続け、本日 1,136円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月19日(火)に配信致しましたサンリオ【8136:終値 2,948円】が
上昇を続け、本日 3,400円をつけました。
配信株価より115%の上昇を記録しております。

●7月21日(木)に配信致しましたダイキン工業【6367:終値 2,733円】が
上昇を続け、本日 2,807円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月21日(木)に配信致しましたタクマ【6013:終値 399円】が
上昇を続け、本日 412円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(7月分、8月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1586:夏だけど・・・早くも「冬の」節電商戦

2011/07/26 (Tue) 09:40
熱帯夜が戻ってきていますが節電の夏をうまく乗り切って夏ばてしないようにしていきたいものですね。

さて今日はユニクロのニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp...n-bus_all
都心では30度を超えていますが、ユニクロでは早くも冬の定番商品を発売しました。

ユニクロが25日に発売したのはあったか下着「ヒートテック」。保温効果を高めた冬の人気商品で、去年は8000万枚を売上げましたが、今年は3週間早い投入となりました。

「ちょっと早めに用意した方がいいかなとは思っています」(買い物客)

「秋冬の暖房の節電などで皆さまの役に立てばと思っています。今なら色・サイズとも全てそろっていて豊富な中から選んでいただけるので、お客さまにゆっくりご覧いただける」(ユニクロ銀座店・中村裕子さん)

売り場では節電意識の高い買い物客が早くもまとめ買いする姿もみられました。

一方、新潟県のこの工場では、休日返上で増産態勢に入っている商品がありました。扇風機・・・ではなく石油ストーブです。派遣社員やパートを増やして対応しているといいますが、点火のチェックをしている従業員はさすがに暑そうです。

「(増産態勢には)6月の上旬から例年より2?3か月早く入っている。節電へのお客さまの意識が高まったためだと考えている」(今町コロナ・高橋俊雄工場長)

この工場では、すでに去年の1.5倍近い注文が入っているといいます。こうした動きは石油ストーブだけではありません。化学製品の工場で急ピッチで生産が進むのは、湯たんぽです。

「5月ごろから夏の節電対策を飛び越して商談が増えている。節電暖房の商品としては湯たんぽは欠かせない商品」(タンゲ化学工業・丹下明則社長)

通常、年間70万個の湯たんぽを生産しているといいますが、今年の冬に向けてラインをフル稼働させています。

「去年に比べ1.5?2倍の売り上げになりそうだと聞いている」(タンゲ化学工業・丹下明則社長)

さらに、こんな商品の注文も増えているといいます。

「こちら大判の大きなブランケットになっているんですが、まず前に袖がついていますので、そのまま前から袖を通していただきまして、このように全身すっぽり大きなブランケットにくるまることができます」(株式会社カルジック・渡辺一功取締役)

袖が付いた特大のフリース生地のブランケット、その名も“スランケット”。自宅でくつろぐ時や肌寒い場所でのデスクワークでも、羽織るだけで暖かいといいます。

「昨年は約6万枚の販売実績があるが、今年は約2倍の10万枚強を見込んでいる」

こういった形で既に冬を見越しての準備を進めているユニクロがどういった成果を上げていくのかしっかりと今後も追っていきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1585:日新電機【6641】、サンリオ【8136】短期10%超の上昇達成!正確な情報で会員様は今月も大きく稼いでいます!

2011/07/25 (Mon) 18:07
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
25日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反落し、終値は
前週末比82円10銭(0.81%)安の1万0050円01銭だった。
欧米債務問題への警戒感からドルやユーロに対して円高が進んだことが、
輸出関連株の重荷となった。
日経平均が前週末までの3日続伸で240円強上げた反動もあって、
利益を確定する目的売りが優勢。「足元で株価上昇が目立ったため、
海外の懸念要因の先行きや決算内容を見極める前に慌てて買う
タイミングではない」(MU投資顧問の野田清史チーフファンドマネジャー)
と手控え気分も強く、東証1部の売買代金は概算で9596億円と、
6月13日以来1カ月半ぶりの低水準だった。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

3銘柄

本日は先週末の米国市場が反落したことを受けて、、日本株も小幅に
売られる展開となる中、昨日配信の3銘柄中1銘柄が寄り付きより
右肩上がりに上昇し、利食い達成!残りの2銘柄は惜しくも利食い達成
とはならなかったものの仕込みとしては絶好。
明日から期待の持てる配信となった。

【最近の配信結果】
●7月13日(水)に配信致しました沢井製薬【4555:終値 8,140円】が
上昇を続け、本日 8,420円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月13日(水)に配信致しました東和薬品【4553:終値 4,625円】が
上昇を続け、本日 4,880円をつけました。
配信株価より106%の上昇を記録しております。

●7月14日(木)に配信致しましたKDDI【9433:終値 558,000円】が
上昇を続け、本日 579,000円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。

●7月14日(木)に配信致しましたアスクル【2678:終値 1,168円】が
上昇を続け、本日 1,205円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月15日(金)に配信致しました日新電機【6641:終値 729円】が
上昇を続け、本日 802円をつけました。
配信株価より110%の上昇を記録しております。

●7月19日(火)に配信致しましたサンリオ【8136:終値 2,948円】が
上昇を続け、本日 3,315円をつけました。
配信株価より113%の上昇を記録しております。

●7月20日(水)に配信致しましたエーアイティー【9381:終値 1,026円】が
上昇を続け、本日 1,055円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(7月分、8月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1584:放射線量計の特殊電池が品切れ 使えず“宝の持ち腐れ”

2011/07/25 (Mon) 10:11
今日は久しぶりに暑くなりそうな天気ですが節電も心がけて自分なりにうまく夏を乗り切れるようにしていきたいものですね。

さて今日は特殊電池のニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp...-san-soci
■生産工場が被災、需要は100倍

東京電力福島第1原発事故で、個人でも持つ人が増えた放射線量計。しかし肝心の電池が容易に手に入らず、使いたくても使えないという事態が深刻化している。線量計用の電池は特殊で、量販店に出回る量はもともと少なかった。そこに電池の製造工場が被災し、稼働を一時停止。需要と供給の不均等が続いているのだ。このままでは線量計が“宝の持ち腐れ”になりかねない。

21日、福島市内の大手家電量販店の電池コーナー。東京から出張に訪れたという住宅関連会社勤務の男性(35)は、線量計に使われる「CR2450」という規格のリチウム電池を探していた。

だが、店頭にない。従業員に尋ねたが「在庫切れです。取り寄せなら早くても1週間かかる」と説明された。男性は「会社に被曝(ひばく)量を報告しなければならないが…。福島市中を回ったけれど、どこにもなかった」と落胆した。

福島県では線量計用の電池不足が著しい。福島市の別の家電量販店従業員は「入荷できても、1人で50個、100個と買っていく人もいる」と話す。

なぜ、こうした事態が起きているのか。

東京都内の電池総合商社では震災前、線量計用電池の取引は月1000個程度だったが現在は月約10万個分の問い合わせが来ている。需要が100倍に膨らんでいる計算だ。

「CR2450」の電池は、主に医療機器や家電製品内部など特殊な用途に使われ、一般市場への販売ルートが確立されていなかった。しかし、原発事故で個人や一般企業でも線量計を導入する事例が続出。線量計メーカーが増産しているが需要に応じきれず、専用電池の供給も追いつかなくなっているのだ。

生産力の低下も大きな要因となっている。電池総合商社によると、近年は電池需要が低迷し、各メーカーは自主生産から下請けなどに生産を委託するOEM(相手先ブランドによる生産)に切り替えてきた。

しかし、「CR2450」をOEMで各メーカーに供給してきた電池工場と、電池を一つずつ包装するパッケージ工場がともに福島県内にあり、東日本大震災で被災。生産設備の点検などで、電池工場は6月まで生産を再開できなかった。パッケージ工場の生産力も復旧半ばだ。

総合商社は、「わが社にも(一般市場には出回らない)パッケージ前の電池の在庫はあるが、パッケージされた電池は在庫切れ。そのパッケージ前の電池でも、福島に行く各県警やテレビ局などが大量に買っていく」と明かす。

その上で「現在、福島の電池工場では月約3万個が作られているが、大半は業務用で、一般向けは2000?3000個程度ではないか。今後も電池が容易に手に入らない事態は続くだろう」との見通しを示している。

こういった形で放射能の影響で電池不足という厳しい状況が続いていますが在庫を確保すると共にしっかりと生産体制も整えていくことが急務ということでしょうね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1583:為替週間見通し:米連邦債務上限問題が大詰め、雇用や住宅情勢の指数にも注目

2011/07/24 (Sun) 10:07
涼しい朝もこれから減っていくのではないかと思っておりますが夏は夏らしく暑くあるべきなのかもしれないですね。

さて今日は為替相場の動向をチェックしていきましょう。

■米国ソブリン・リスク懸念でドル続落
ドル・円は、79円32銭から78円22銭まで下落した。今週のドル・円は、米国の財政赤字削減や連邦債務上限(14兆2940億ドル)引き上げを巡るオバマ米政権と米国共和党指導者による協議が難航したことで、79円32銭から78円22銭まで下落した。

日本の6月の貿易収支が+707.37億円となり、4月と5月の貿易赤字から貿易黒字に転換したこと、80円を割り込んでも日銀による円売り介入が行われなかったこと、米格付け会社ムーディーズが、米連邦債務上限が引き上げられ、デフォルト(債務不履行)が回避されたとしても、米国の格付け見通しをネガティブとする可能性がある、と警告したこともドル売りに拍車をかけた。

■米連邦債務上限引き上げ協議を見極める展開
今後のドル・円は、8月2日に期限を迎える米国の連邦債務上限引き上げ協議の進展を見極める展開となる。米連邦債務上限の引き上げの期限は8月2日となっているものの、オバマ米大統領は、広範な財政赤字削減策に関する法案可決に向け、議会が時間を要する場合には、数日間の連邦債務上限引き上げ措置を受け入れる方針を表明している。米東部時間23日の午前11時より、民主、共和、両党の上下両院の指導者は、ホワイトハウスで会合を予定している。

29日に発表される米国4-6月期の国内総生産(GDP)速報値は、前期比年率+1.9%程度で、1-3月期の前期比年率+1.9%に続き、景気の足踏み状態が続くことが予想されている。

【米連邦債務上限引き上げ】
8月2日の期限に向けた米国の財政赤字削減や連邦債務上限の引き上げを巡る与野党協議は、民主党は増税を主張し、共和党は歳出削減を主張し、平行線を辿ったままで、「ロシアンルーレット」(ウォーレン・バフェット氏)の様相を呈し始めている。米連邦債務上限の引き上げ期限切れは、米国債のデフォルト(債務不履行)懸念、格下げ懸念から、ドルの上値を重くする。リスクシナリオとして、米連邦債務上限の引き上げが合意された場合、ドルの買い戻しとなる。

【米国の雇用情勢&住宅市場情勢】
8月5日に発表される米国7月の失業率は、9.3%(6月9.2%)、非農業部門雇用者数は、8万人程度の増加(6月+1.8万人)が予想されている。26日発表の米国7月の消費者信頼感指数での雇用指数、29日発表の7月のシカゴ地区購買部協会「雇用」指数などで、米国の7月の雇用情勢を見極める展開となる。26日発表の新築住宅販売件数、S&P/ケース・シラー住宅価格指数では、米国の住宅市場の情勢を見極める展開となる。

【中国人民銀行:追加利上げ・人民元切り上げの可能性】
中国の6月の消費者物価指数は前年比+6.4%となっており、中国人民銀行による追加利上げ、人民元切り上げ観測が高まっている。中国人民元の対ドル相場は、2005年7月21日の切り上げ以降の高値を更新し続けていることで、人民元の切り上げの可能性には警戒すべきか。

【投機筋のオプション・トリガーへの売り仕掛け】
ドル・円は、78円割れにオプション・トリガーが控えており、米国のソブリン・リスクに対する懸念が高まった場合は、ドル売り仕掛けの可能性が高まることになる。

こういった形依然として円高地合いも強く株価の重しになってくるのではないかと思っておりますが為替の動きにも注意しながら動いていきましょう。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1582:株式週間展望=企業決算で「停滞」を打破、円高対応が焦点に

2011/07/23 (Sat) 17:04
久しぶりに旧友との再開を果たし、昔話に花を咲かせこれからのことに想いを馳せ熱いトークを繰り広げていくことができたと思っております。

さて今日は週明けの株式市場の動向をチェックしていきたいと思っております。

欧州リスクをひとまず回避した来週(25?29日)は、正念場を迎えた米国の債務問題が次の大きなポイント。米国の債務は既に現行の法定上限に達し、8月2日までに上限引き上げが認められない場合、債務不履行(デフォルト)に陥る恐れがある。仮にデフォルトとなった場合、米債券、ドル、米国株式が売られ、世界的な金融パニックという状況も想定される。しかし、米国をはじめとした金融マーケットを見る限り、こうした最悪の事態を想定している動きとはなっていない。期限ぎりぎりまでの交渉が続くにせよ、ひとまず「決着」を前提としたシナリオで市場が織り込みにかかっているといえよう。

こうした前提条件の下で来週の日経平均株価は1万円を挟み上下200円での推移を予想する。今週は200日移動平均線(22日現在9910円)を割り込んだものの短期間で復帰、引き続き相場の下値支持ラインとして意識される。また、上値は7月のオプションSQ(特別清算指数=1万225円)に相当する水準。

一方、来週から今3月期決算企業の第1四半期決算の発表が本格化する。前半のピークは29日で、この日までに全銘柄の4割強が発表する見込み。東日本大震災によって寸断されたサプライチェーンの復旧も想定以上に進み、生産活動の正常化も前倒しとなっている。今回はいわば震災後の影響を見る上での最初の決算。保守的な数値を公表した企業も多く、第1四半期の好決算に加え、中間期・通期の上方修正に踏み切る企業が出えてくる公算がある。26日の信越化学工業 <4063> 、日本電気硝子 <5214> 、27日の日産自動車 <7201> 、ファナック <6954> 、28日のパナソニック <6752> 、コマツ <6301> 、29日の日立製作所 <6501> など主力企業の発表に関心が集まる。

ただ、夏場の電力不足に加え、円高の定着が企業活動の足かせとなってきた。欧州リスクの後退もユーロ高・ドル安を通じ、円高・ドル安につながり、米債務問題が解決しても、米景気の回復が緩慢なら円高基調が続く公算がある。為替前提は保守的な企業でも1ドル=80円で、現在の78円台は収益圧迫要因となることは念頭に置きたい。今回の決算で経営者から年後半の見通し、円高対応がどう示されるかが焦点となろう。

東京株式市場は売買代金が1兆円前後と薄商いが続き、主力銘柄への手控え感から低位の材料株を物色する動きが強まった。しかし、その持続性には疑問符が付く銘柄も多く、深追いは禁物。来週はこうした材料株物色を交えながらも、好決算・割安株へも視線を移したい。

こういった形で企業決算を追い風にして市場の活性化につなげていってくれればと思っておりますが円高が依然として重しとなっておりますので今後の動向にはしっかりと注視しながらの取引となっていくと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1581:14日配信のタムロン【7740】短期14%の爆発!スナイパー銘柄は今月も順調です!

2011/07/22 (Fri) 18:10
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
22日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、終値は前日比
121円72銭(1.22%)高い1万0132円11銭だった。
8日(1万0137円)以来、2週ぶりの高値。欧州連合(EU)が
ギリシャへの追加支援を決め投資家心理が改善。
欧米のほかアジアの株式相場も上昇し世界的な株高の流れが
日本株にも波及した。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

2銘柄

本日は昨日の米国市場が大きく続伸したことを受けて、、日本株も朝から
終始買い優勢の展開となる中、昨日配信の2銘柄は惜しくも
利食い達成とはならなかったものの仕込みとしては絶好。
週明けから期待の持てる配信となった。

【最近の配信結果】
●6月21日(火)に配信致しました日揮【1963:終値 2,116円】が
上昇を続け、本日 2,465円をつけました。
配信株価より117%の上昇を記録しております。

●7月13日(水)に配信致しました東和薬品【4553:終値 4,625円】が
上昇を続け、本日 4,850円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

●7月14日(木)に配信致しましたタムロン【7740:終値 1,787円】が
上昇を続け、本日 2,032円をつけました。
配信株価より114%の上昇を記録しております。

●7月14日(木)に配信致しましたKDDI【9433:終値 558,000円】が
上昇を続け、本日 577,000円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月14日(木)に配信致しましたアスクル【2678:終値 1,168円】が
上昇を続け、本日 1,194円をつけました。
配信株価より102%の上昇を記録しております。

●7月15日(金)に配信致しました日新電機【6641:終値 729円】が
上昇を続け、本日 754円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月19日(火)に配信致しましたサンリオ【8136:終値 2,948円】が
上昇を続け、本日 3,035円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(7月分、8月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1580:電気料金、9月も値上げ=燃料高で7カ月連続―東電など

2011/07/22 (Fri) 10:36
今朝も涼しい朝でしたがこれからまた暑くなっていきそうですから節電対策も含めてこの夏の対策と楽しみ方を自分なりに模索していきたいと思っております。

さて今日は電気料金のニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp...j-bus_all
東京電力など電力10社の電気料金が9月も値上げされることが21日、分かった。値上げは中部電力が6カ月、他の9社は7カ月連続。火力発電の燃料となる原油や液化天然ガス(LNG)の価格変動を料金に反映させる燃料費調整制度に基づく措置。標準家庭の電気料金は、東電では8月に比べ約90円上昇し、6773円前後となる。
このほか、中部電力が70円強の上げ幅となる見通し。他の電力会社も20?50円台の料金引き上げを行うとみられる。

こういった形でエネルギー不足の問題もあり火力発電など電力供給を確保する為には致し方ないことなのかもしれませんがそれ以外の方法をしっかりと模索していってほしいものですね。

ユーロ圏首脳会議 1090億ユーロの第2次ギリシャ支援で合意⇒http://headlines.yahoo.co.jp...u-bus_all
ユーロ圏加盟国は21日に開いた首脳会議で、総額およそ1090億ユーロのギリシャに対する第2次支援で合意した。このうち民間部門は債券買戻しプログラムなどを通し、差し引き370億ユーロの寄与を行う。

首脳会議で採択された最終声明によると、民間部門の寄与は、2011年から2014年までの期間の信用増強にかかるコストを含めた場合「差し引き370億ユーロになると見込まれる」としている。

声明によると、債券買戻しプログラムによる貢献は126億ユーロ。2011─2014年の総額は500億ユーロになる。2011─2019年の民間部門の純寄与額は、1060億ユーロとなる。

ユーロ圏首脳はまた、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)のギリシャへの融資金利の引き下げと返済期限の延長でも合意。声明によると、EFSFによる融資の金利は3.5%近辺に引き下げらる。また返済期限はこれまでの7年半から、最短で15年、最長で30年に延長される。
こういった形でギリシャの支援がどういった形で落ち着いていくのかで世界経済の安定そして成長に繋がってくると思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1579:直近配信のタムロン【7740】、KDDI【9433】、日新電機【6641】短期爆発!

2011/07/21 (Thu) 18:05
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
21日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続伸し、終値は前日比
4円49銭(0.04%)高の1万0010円39銭だった。企業業績や日本経済の
下期回復を期待した押し目買いで底堅く推移。
円相場の先行き不透明感から、ファストリや金融、ネット関連など
業績好調な内需株の一角に消去法的な買いが向かった。
米半導体大手インテルが今年の設備投資計画を上方修正したことを
手掛かりに、値がさの設備投資関連株も買われ相場を支えた。
全般に様子見姿勢が強く、日中の値幅(高値を安値の差)は52円にとどまった。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

3銘柄

本日は昨日の米国市場が小動きだったことを受けて、日本株も買い材料
乏しく小動きする展開となる中、昨日配信の3銘柄中1銘柄が寄り付きより
力強い動きで右肩上がりに上昇し2%の利食い達成!
残りの2銘柄は惜しくも利食い達成とはならなかったものの
仕込みとしては絶好。
明日から期待の持てる配信となった。

【最近の配信結果】
●6月21日(火)に配信致しました日揮【1963:終値 2,116円】が
上昇を続け、本日 2,407円をつけました。
配信株価より114%の上昇を記録しております。

●6月23日(木)に配信致しましたエムティーアイ【9438:終値 118,700円】が
上昇を続け、本日 142,400円をつけました。
配信株価より119%の上昇を記録しております。

●7月14日(木)に配信致しましたタムロン【7740:終値 1,787円】が
上昇を続け、本日 1,862円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。

●7月14日(木)に配信致しましたKDDI【9433:終値 558,000円】が
上昇を続け、本日 574,000円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月14日(木)に配信致しました日新電機【6641:終値 729円】が
上昇を続け、本日 750円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(7月分、8月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1578:6月のコンビニ売上高 たばこ牽引、8カ月連続増

2011/07/21 (Thu) 10:17
台風の影響も都内では大きくなかったのでよかったですが今日までは涼しげな一日になりそうですね。

さて今日はコンビニ業界のニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp...i-bus_all
日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した6月のコンビニエンスストア主要10社の既存店売上高は、前年同月比9.0%増の6755億円で、8カ月連続のプラスになった。品薄感のあるたばこのまとめ買いに加え、暑い日が続き、下旬にかけてソフトドリンクやアイスクリームが売れた。

来店客数は同2.7%増の11億5434万人で3カ月連続のプラス、平均客単価は6.1%増の585.2円で、7カ月連続のプラスだった。

商品別では、たばこや日用品などの非食品が同28.6%増で、5月の22.9%増に続き、2割を超える大幅な伸び。牽引(けんいん)したのは日本たばこ産業が出荷量を限定しているたばこで、「自動販売機で品薄になり、コンビニでまとめ買いする人が増えた」(同協会)ようだ。

おにぎりや弁当などの食品は、コンビニ各社の値引きキャンペーンが貢献し、5.5%増。飲料や菓子などの加工食品は、アイスクリームなどのシーズン商品が売れ始め、前月の0.6%減から0.1%増に転じた。ただ、飲料各社が震災の影響で新商品の発売を相次いで見送ったことから、気温の割にアルコール類は低調だった。

7月に入ってからは、猛暑日やサマータイムの普及で「アルコールや総菜が好調に推移している」(大手コンビニ)という。
こういった形でたばこの品不足や猛暑日が増えていることも関連して売上高増加に繋がっているということで今後もこの動きは続いていくのではないかと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1577:ニッポ電機【6657】大幅続伸で短期28%の上昇達成!

2011/07/20 (Wed) 18:05
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
20日の東京株式市場で日経平均株価は反発した。終値は前日の終値と
比べ116円18銭(1.17%)高い1万0005円90銭だった。
11日以来6営業日ぶりに1万円の大台を回復した。欧米株高で
投資家心理が改善し、主力の輸出株が買い戻されたことに加え、
企業業績の回復期待を背景に内需関連株にも買いが入った。
東証1部では72銘柄が年初来高値を更新し、3月1日(76銘柄)以来の
多さだった。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

2銘柄

本日は昨日の米国市場が大きく反発したことを受けて、日本株も
朝から終始買い優勢の展開となる中、昨日配信の2銘柄は
惜しくも利食い達成とはならなかったものの仕込みとしては絶好。
明日から期待の持てる配信となった。

【最近の配信結果】
●6月20日(月)に配信致しました新興プランテック【6379:終値 809円】が
上昇を続け、本日 923円をつけました。
配信株価より114%の上昇を記録しております。

●6月21日(火)に配信致しました日揮【1963:終値 2,116円】が
上昇を続け、本日 2,385円をつけました。
配信株価より113%の上昇を記録しております。

●6月23日(木)に配信致しましたエムティーアイ【9438:終値 118,700円】が
上昇を続け、本日 141,600円をつけました。
配信株価より119%の上昇を記録しております。

●7月7日(木)に配信致しましたあさひ【3333:終値 1,445円】が
上昇を続け、本日 1,517円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

●7月8日(金)に配信致しましたニッポ電機【6657:終値 462円】が
上昇を続け、本日 591円をつけました。
配信株価より128%の上昇を記録しております。

●7月13日(水)に配信致しました沢井製薬【4555:終値 8,140円】が
上昇を続け、本日 8,350円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月13日(水)に配信致しました東和薬品【4553:終値 4,625円】が
上昇を続け、本日 4,835円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

●7月14日(木)に配信致しましたタムロン【7740:終値 1,787円】が
上昇を続け、本日 1,855円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。

●7月14日(木)に配信致しましたKDDI【9433:終値 558,000円】が
上昇を続け、本日 572,000円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(7月分、8月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1576:サッポロが豪クーパーズと生産・販売提携、オセアニアで本格展開へ

2011/07/20 (Wed) 13:01
今日は台風が関東にも接近する可能性があるという事で台風情報にはしっかりとチェックしていく必要がありますね。

さて今日はサッポロのニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp...u-bus_all
サッポロホールディングス<2501.T>傘下のサッポロインターナショナル(東京都渋谷区)は19日、オーストラリア国内第3位のビールメーカーであるクーパーズブルワリー(南オーストラリア州アデレード)との提携を発表した。

クーパーズ社は、サッポロブランドのビールのライセンス生産、販売を行う。提携エリアはオーストラリア、ニュージーランドなどオセアニア全域で、サッポロは提携により、オセアニア市場でビール事業を本格展開する。

8月からクーパーズ社のアデレードにある工場において、サッポロブランドのライセンス生産を開始。10月から販売を行う。本格参入となる2012年は16万ケース(355ミリリットルで24本換算)の販売を計画。2016年には50万ケースに拡大し、オセアニア市場における日本ビールブランド首位を目指す。

持田佳行サッポロインターナショナル社長(サッポロHD常務)は会見で「サッポロが世界でターゲットとしているエリアは北米とアジア。これから拡大を目指すアジアにおける環太平洋を形成するエリア、オーストラリアに製造拠点を持つことは、アジアの戦略にとって意味がある」と述べた。

サッポロはこれまで、スリーマン社の買収などを通じて強化した北米事業、新工場を建設しているベトナムを中心としたアジア事業が国際展開の2本柱だった。今回、クーパーズ社との提携により、オセアニア市場でビール事業を本格的に展開する。

オーストラリアのビール市場は186万キロリットルで、輸入を含むプレミアムビール構成比は約18%。オーストラリア国内では、プレミアムビールカテゴリーの構成比が2002年以降の8年間で約2倍に伸びているという。クーパーズ社のクーパー社長は「2016年には22%まで伸びるとみている」との見通しを示した。

サッポロが展開する「サッポロプレミアム」は日本で販売している「黒ラベル」に近い商品で、プレミアムビールのカテゴリーに入る。販売やマーケティングは、クーパーズ社の子会社、プレミアムビバレッジズが行う。

クーパーズ社は1862年に創業。プレミアムビールに強いビールメーカーで、2010年の売上高は1億7900万豪ドル(約152億円)、売上数量は6万3500キロリットル。

サッポロは、新経営構想の中で、2010年12月期に253億円だった国際酒類事業を16年には420億円に拡大する計画を掲げている。

オセアニア市場については、日本の大手ビールメーカーが酒類・飲料ともに積極的に拡大を図っている。キリンホールディングス<2503.T>はライオンネイサン・ナショナルフーズで展開。アサヒグループホールディングス<2502.T>は今月、ニュージーランドの飲料会社チャーリーズ・グループの全株式に対し公開買い付け(TOB)を行うと発表。ピー・アンド・エヌ・ビバレッジズ・オーストラリア(P&N)についても、ミネラルウオーター類と果汁飲料事業を取得することを発表している。

買収合戦のニュースを取り上げましたがこういった形でサッポロが提携するという事で今後の市場開拓へと繋がるとともに国内へのアピールにも繋がってくるのではないかと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1575:7月初旬に配信のオーデリック【6889】、ニッポ電機【6657】が逆行高!20%オーバーの爆発!

2011/07/19 (Tue) 18:05
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
連休明け19日の東京株式市場で日経平均株価は反落した。
終値は前週末比84円75銭(0.85%)安の9889円72銭と1日以来、
約半月ぶりの安値水準だった。
前日にかけての欧米株安や円相場の高止まりが嫌気され、自動車など
輸出関連株を中心に売られた。欧州と米国でくすぶる政府債務問題を
警戒した売りが優勢になった。
午後に外国為替市場で円高・ユーロ安が進むと日経平均は下げ幅を広げ、
きょうの安値で終えた。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

2銘柄

本日は昨日の米国市場が反落したことや、為替相場で円高に振れていること
から日本株も終始売られる展開となる中、昨日配信の2銘柄は
惜しくも利食い達成とはならなかったものの仕込みとしては絶好。
明日から期待の持てる配信となった。

【最近の配信結果】
●6月20日(月)に配信致しました新興プランテック【6379:終値 809円】が
上昇を続け、本日 899円をつけました。
配信株価より111%の上昇を記録しております。

●6月22日(水)に配信致しましたヤマダ電機【9831:終値 6,490円】が
上昇を続け、本日 7,080円をつけました。
配信株価より109%の上昇を記録しております。

●7月1日(金)に配信致しましたオーデリック【6889:終値 1,030円】が
上昇を続け、本日 1,240円をつけました。
配信株価より120%の上昇を記録しております。

●7月8日(金)に配信致しましたニッポ電機【6657:終値 462円】が
上昇を続け、本日 570円をつけました。
配信株価より123%の上昇を記録しております。

●7月11日(月)に配信致しました田中商事【7619:終値 521円】が
上昇を続け、本日 561円をつけました。
配信株価より108%の上昇を記録しております。

●7月13日(水)に配信致しました沢井製薬【4555:終値 8,140円】が
上昇を続け、本日 8,320円をつけました。
配信株価より102%の上昇を記録しております。

●7月13日(水)に配信致しました東和薬品【4553:終値 4,625円】が
上昇を続け、本日 4,775円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(7月分、8月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/

━━━━━
池田のひとり言コメント(0)

1574:中国電、三隅火力1号機を停止=関電への融通継続

2011/07/19 (Tue) 09:44
今日は台風接近ということで天災に今週は見舞われるという感じですが自分なりにしっかりと対処していく必要がありますね。

さて今日は中国電力のニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp...j-bus_all中国電力は18日、火力発電所の三隅発電所1号機(島根県浜田市、出力100万キロワット)の発電を同日午前1時15分に停止したと発表した。補給する水の量が増加傾向を示したことから、ボイラー内部での蒸気漏れの可能性が高いと判断した。中国電は電力供給について、「予備力は確保できており、現時点では安定供給に支障はない」と強調。関西電力への最大35万キロワットの融通も「可能な限り続ける」としている。
復旧について、中国電は「2週間から4週間で配管の取り換え工事ができるのではないか」と1カ月以内に再開できるとの見通しを示した。
今夏の電力需給について、中国電は供給1295万キロワットに対して最大需要1165万キロワットを見込み、予備力130万キロワット、予備率で11.2%を確保していた。今回の停止により、供給力は100万キロワット減少するが、18日までにJFEスチールとの共同出資の発電会社から22万キロワットを追加調達。このため、現在の供給力は1217万キロワットとなり、予備力52万キロワット、予備率4.5%になった。
こういった形で日本の電力事情が不安定な状況となっていますからしっかりと官民を上げてしっかりと対応していくことが必要不可欠だと思っております。

サントリーとアサヒ、NZ酒類大手巡り買収戦
http://headlines.yahoo.co.jp...m-bus_all
国内酒類・飲料大手のサントリーホールディングスとアサヒグループホールディングスが、オセアニアで広く事業展開するニュージーランドの大手酒類メーカーの買収に名乗りを上げていることが17日、明らかになった。

買収額は800億?900億円程度とみられ、8月にも決着する見通しだ。国内酒類メーカーはこれまで、海外戦略の力点を中国に置いてきたが、地元企業などとの競争激化で収益が伸び悩んでいる。今後、オセアニアなどに軸足を移す動きが本格化しそうだ。

サントリーとアサヒが買収に名乗りを上げているのはニュージーランドに本社を置く「インディペンデント・リカー」。同社株を保有するファンド関係者などによると、年間売上高は約350億円で、一部の低アルコール飲料ではオセアニアで65%と圧倒的な市場占有率を持つ。交渉先としては、日本勢2社のほか、地元企業や中国の食品メーカーなどの名も挙がっている。
こういった形で日本企業の攻勢が日本経済を活性化していくことに繋がってきてくれればと思っておりますし今後の動きには注目していきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1573:なでしこ効果「1兆円」試算も

2011/07/18 (Mon) 21:40
今朝はなでしこJapanの優勝に列島が沸いた形でしたがこれからの日本の復興にも寄与していただけるのではないかと思っております。

そして今日のなでしこJapanのニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp...n-bus_all
なでしこジャパンの快挙には、東日本大震災後の消費の自粛ムードを和らげ、「1兆円超の経済効果を生む」との試算も登場した。

「なでしこジャパンは国民に明るい希望を与えた。国内の消費マインドは上向くだろう」。第一生命経済研究所の永浜利広主席エコノミストはこう予測する。若者層を中心に自粛ムードの緩和は裾野まで広がるといい、「デパートなどでのセールもこれから。一気に消費が盛り上がるのでは」と期待する。

テレビコマーシャルの好感度調査などを手がけるCM総合研究所は「経済効果が1兆円を超える」と試算する。ユニホームなど関連グッズの売り上げ増も見込まれるからだ。

最優秀選手に選ばれた沢穂希選手らの企業CM起用による効果のほか、「海外の日本への注目が強まった」として、日本製品の売り上げが伸び、訪日観光客が増えると強気だ。

2010年のW杯南アフリカ大会は、関連収入だけで約80億ドル(約6320億円)にのぼり、波及効果も巨額で、「世界経済回復の助けになった」と評された。なでしこジャパン効果も、今後の“進撃”が期待される。

こういった形で日本の歴史的な一夜が今後の日本の復興の後押しをしていってくれるのではないかと思っております。またこれからの日本にとってもいい影響を与えていくのではないかと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1572:為替週間見通し:ドル上値重い展開か、連邦債務上限引き上げ協議を見極め

2011/07/17 (Sun) 13:41
昨日は炎天下の中で久しぶりのBBQを楽しんでぐったりしましたがいいリフレッシュが出来たと思っております。

さて今日は為替相場の動向をチェックして行きたいと思っております。

■米国ソブリン・リスク懸念でドル下落

ドル・円は、80円83銭から78円45銭まで下落した。米国の財政赤字削減や連邦債務上限(14兆2940億ドル)引き上げを巡る米国政府と与野党協議の難航が継続したこと、米格付け会社ムーディーズとスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が米国債の格下げを警告したこと、バーナンキFRB議長が追加金融緩和の可能性を示唆したことなどで、80円83銭から78円45銭まで下落した。

バーナンキFRB議長は、13日の下院証言で、メインシナリオとして、米国の景気回復見通しを受けた「出口戦略」を語り、リスクシナリオとして、景気が減速してデフレリスクが再浮上した場合、追加金融緩和を発動すると述べ、ドル売りに拍車をかけた。しかしながら、14日の上院証言では、現時点では追加金融緩和の用意は無い、と述べたことでドルは下げ渋る展開となった。

■21日の人民元切り上げ観測、22日までの米連邦債務上限引き上げ合意を見極める展開

今後のドル・円は、7月21日辺りの中国人民銀行による人民元切り上げの可能性、7月22日までの合意が求められている米連邦債務上限引き上げ協議の進展を見極める展開となる。米連邦債務上限の引き上げの期限は8月2日となっていることで、7月の最終週は米国議会での審議、採決の時間が必要なため、7月22日までの合意が求められている。

中国人民銀行は、2005年7月21日(木曜日)に、中国人民元を約2.1%(1ドル=8.28元から8.11元へ)引き上げ、固定相場制から管理フロート制へ移行する、と発表した。今年も、7月21日(木曜日)は、中国人民銀行による金融・通貨政策の発表を警戒する日柄となる。

■米連邦債務上限引き上げ

米国政府・与野党協議は、連邦債務上限(14兆2940億ドル)の引き上げ期限が8月2日に迫っていることで、7月22日までの合意を目指しており、7月最終週には米国議会での審議、採決を予定している。

米格付け会社S&Pのソブリン格付け委員長が、「米議会が月内に連邦債務上限の引き上げで合意しても、米国が今後3ヶ月以内に『AAA』の格付けを失うリスクが著しく高まっている」と警告していることで、ドルの上値が重い展開が予想される。リスクシナリオとして、米連邦債務上限の引き上げが合意された場合、ドルの買い戻しが優勢となる。

■中国人民銀行:追加利上げ・人民元切り上げの可能性

中国の6月の消費者物価指数は前年比+6.4%となっており、中国人民銀行による追加利上げ、人民元切り上げ観測が高まっている。中国人民元の対ドル相場は、2005年7月の切り上げ以降の高値を更新していることで、切り上げ6周年記念日の7月21日(木曜日)には要注意か。

■投機筋のオプション・トリガーへの売り仕掛け

ドル・円は、78円割れにオプション・トリガーが控えており、米国のソブリン・リスクに対する懸念が高まった場合は、ドル売り仕掛けの可能性が高まることになる。

こういった形でドル円の動きには注意が必要ですがリスクヘッジは今まで以上に慎重になる必要性があると共にレバレッジ規制への対処もそろそろ必要になってくるのではないかと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1571:株式週間展望=先高期待、押し目は買い、決算発表前で小動きか

2011/07/16 (Sat) 10:45
今日は私にとっては恒例のBBQに参加していきたいと思っております。夏の風物詩としてわいわい楽しむ事も一つのリフレッシュになると思っております。

さて今日は週明けの株式市場の動向をチェックしていきたいと思っております。

来週は7月最終週から本格化する今3月期第1四半期(4?6月)決算を控え、小動きとなりそう。欧米のデフォルト(債務不履行)リスクが想定外に高まらないことを前提に日経平均株価のレンジは9900?1万200円を予想する。

ギリシャ問題が一息ついた矢先に起こった南欧債務危機問題のイタリアへの飛び火。今週12日には1ユーロが一時110円を割り込み、一方でドルも現地13日にバーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長が議会証言で追加の金融緩和に含みを残したことにより、14日には1ドル=78円45銭まで円高が進んだ。

こうした流れの中、再来週から4?6月期の決算発表が本格化する。注目されるのは東日本大震災の影響を考慮に入れ、保守的に組まざるを得なかった今3月期の業績予想に対する上ブレ期待が、円高によりどの程度打ち消されるか。対ユーロの場合、保守的な企業は1ユーロ=110円を想定しており、現状はそれより円安水準にあるが、想定が1ドル=80円の対ドルでは円高の推移となっている。もちろん、短期的なら影響はほとんどないだろうが、中期にわたる懸念が出てくれば状況は変わる。ただ、その可能性は低そう。

バーナンキ氏の議会証言の背景には失業率の高止まりがあったが、その原因の一つと考えられるのが、自動車部品をはじめとする日本のサプライチェーン問題による生産の停滞。大手電子部品・機器商社によれば「自動車、家電、FA機器向けの半導体に関し、4?5月は在庫があったため対応できたが、6月からとても厳しくなった」と、それを裏付ける状況があった。しかし、「7月はさらに厳しさが増したが、8月の頭から従来通りの供給が可能になりそう」と、想定より早く7月をボトムに急回復に向かいそうな気配だ。となれば、8月に公表される7月の米景気に関する指標が悪くとも、8月への期待からドルが買われる展開があってよさそう。

これを踏まえマーケットを見ると、日経平均株価は円高進行下で200日移動平均線の9900円絡みを上回っており、下値の買い意欲の強さが改めて実感できる。日本株の先高期待の強さを示していよう。来週は現地18日の米7月NAHB住宅指数、同19日の米住宅着工、6月北米半導体製造装置BBレシオ、同20日の米中古住宅販売件数などに注目。米国株にツレ安する局面があればさらに狙い目。新高値銘柄続出の小売りや、自動車、エレクトロニクス、代替エネルギー、化学・素材、設備投資関連のほか、住宅・不動産も要マークだろう。

こういった形で買い先行といった形ですが政治リスクや円高の影響なども含めてしっかりと見ていく必要があると思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

1570:エコポイントの復活検討=省エネで電力需要抑制―政府

2011/07/15 (Fri) 21:55
日々暑い日が続いていますがしっかりと水分補給して熱中症には気をつけないとけないですね。また節電を心がけるあまり体調を崩さないようにうまくコントロールしていく必要があります。

さて今日はエコポイントのニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp...3-jij-pol
政府が検討中の電力不足対策で、3月末で終了した家電エコポイント制度の復活が検討課題に浮上していることが15日、明らかになった。節電に役立つ家電の普及を促し、電力需要の抑制につなげる狙い。対象製品の範囲や節電効果を慎重に検証した上で判断する。
玄葉光一郎国家戦略担当相は同日の閣議後記者会見で「(2011年度)第3次補正予算から、蓄電池、スマートメーター(次世代電力計)、省エネ住宅といったものの政策誘導を、経済対策を兼ねて行っていくことは極めて大切だ」と強調。その上で「具体策の一つとして、エコポイントもあり得ると思う」と述べた。
こういった形で節電対策としてエコポイントの復活が期待されているということですね。家電業界は今後また一つの節目に来ているのではないかと思っております。

たばこ57銘柄、25日に出荷制限解除
http://headlines.yahoo.co.jp...m-bus_all
日本たばこ産業(JT)は15日、東日本大震災の工場被災などのため出荷を制限していた全73銘柄中の57銘柄について、25日に制限を解除すると発表した。

8月1日の予定を前倒しした。

残り16銘柄は、8月1日に通常の出荷体制に戻すとしている。

こういった形でJTも復興への足がかりになってくるのではないかと思っております。またタバコ税の増税もありますので今後のJTの動きには気をつけていきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
池田のひとり言コメント(0)

ブログ TOP » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。