プロフィール

sss

Author:sss

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

MASTER FXメルマガ
MASTER FXメルマガ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

1827:株式週間展望=突破口は政策関連株、景気後退入りの「先を読む」―不動産・建設がけん引

2012/09/30 (Sun) 12:19
今年も残すところ三ヶ月といったところまできましたね。台風の接近などで各地で被害も出ていますのでしっかりと自分自身で対策を講じていくことが必要不可欠です。

さて今日は週明けの株式市場の動向をチェックしていきましょう!

<日経平均も“粘り腰”に>

 突破口は、政策関連を軸とする内需株――。名実とも10月相場に入る来週(10月1-5日)は、株式市場を覆う膠(こう)着ムードを乗り切るこうした相場的な“処方せん”にマーケットの注目度が一段と高まるだろう。9月28日に経済産業省が発表した8月の鉱工業生産指数(速報値)は前月比1.3%低下し、2カ月連続のマイナス。基調判断も「弱含み傾向」(従来は「横ばい傾向」)に修正され、景気後退局面入りの可能性が高まってきた。こうなると、デフレ色の強まりや政権交替期待とも相まって、先読みを争う株式市場では今後、追加の金融緩和策を含む政策先取りの動きが強まっていく。政策に乗る銘柄にウエートをかけることが、パフォーマンスを上げる近道だ。

 景気減速や政治的緊張でマーケットに渦巻く「中国不安」に加え、28日に発表された日本の8月・鉱工業生産指数(速報値)は事前の市場予想平均の前月比0.4%減を超える1.3%減(前年同月比では4.3%減)と2カ月連続でマイナスを記録し、国内景気の変調懸念が強まってきた。

 同時に公表された製造工業生産予測調査の9月分は前月比2.9%の低下。10月も同プラス・マイナスゼロ予想と修復せず、エコノミストの間からは「国内景気の後退局面入りは確定的」との声が上がっている。

 また、同日に総務省が発表した9月の東京都区部の消費者物価指数は生鮮食品を除くベースで前年同月比0.4%下落。8月の全国の消費者物価指数は同0.3%下落した。全国の指数のマイナスは、これで4カ月連続となり、デフレ色は弱まるどころか、再び鮮明になっている。

 こうした“負の数値”は、ただでさえ、10月以降の相場見通しに対して「警戒論が優勢」(9月28日付、株式新聞1面)である投資家心理をいっそう冷え込ませかねない、との見方は有力だ。

 しかし、相場を展望する上で注意したいのは、足元の景気・物価動向=株価動向ではなく、たえず一歩も二歩も先を読みながら相場が動き続ける、という点だ。足元の状況が厳しくとも、仮に数カ月先に実態好転の光明が見えるなら、貪欲なまでに材料の“先食い”に走る。

 1日朝に発表の日銀短観(9月調査分)では、企業マインドの悪化が改めて浮き彫りになるだろう。しかし、よほどネガティブな数値でない限り、既に株価はそれをかなり織り込んでいる。もし、「知ったら終(しま)い」(相場格言)という相場反応が起こるなら、それは景気立て直しに向けた政策効果の先取りを示唆するもの。

 9月19日午後の発表後、わずか半日で「賞味期限切れ」になって再下降した日経平均だが、75日移動平均線どころで下げ止まったのは、デフレ脱却と大胆な金融緩和策を主張している安倍晋三・元首相が26日の自民総裁選で第25代総裁として選ばれ、事実上、次の総選挙後の「首相」最有力候補となったことも大きい。

 確かに、中国問題はもちろん、くすぶり続けるギリシャ、スペインなど南欧問題、米国のいわゆる「財政の崖(がけ)」問題など気掛かり材料はある。が、来週は国内の景気対策に絡む銘柄やセクターで突破口を模索する強めの動きが出てくるだろう。

 業種別日経平均で08年6月当時の水準に達している建設と、今年3月高値に接近した不動産がリード役。復興と金融緩和関連という二枚看板で光るシンボルセクターでもある。これを通信、食品、小売がフォローする内需主導の展開か。日経平均は粘り腰を発揮しそうだ。

こういった形で政策関連と諸外国の動向をみながらの取引になることは言うまでもありませんのでしっかりとリスクヘッジを行いながらセクター毎に狙いを定めて投資していくことが必要不可欠ですね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
スポンサーサイト

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1826:◆24日に配信したココカラファイン【3098】が短期7%の上昇達成!

2012/09/28 (Fri) 15:45
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本日の市場概況】
28日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、大引けは前日比79円71銭
(0.89%)安の8870円16銭だった。
9月月間では30円高だった。欧州債務問題への不安後退を手掛かりに
高く始まったが、中国の景気減速や反日運動に対する懸念から徐々に
売り優勢となった。
午後に入り外国為替市場で1ドル=77円台前半まで円高・ドル安が進むと、
トヨタなど輸出関連株中心に売りの勢いが強まった。
週末とあって目先の利益を確定する売りや手じまい売りも増えたという。
午後に日経平均は下げ幅を100円強に広げる場面もあった。

寄り付き前に経済産業省が発表した8月の鉱工業生産指数速報値は
前月比1.3%低下と事前の市場予想(0.4%低下)を下回る内容で、
予測調査も9月は2.9%低下。
「織り込み済み」として売り材料視する動きは限られたが「7~9月期
決算の内容の悪さに対する確信度を強める内容」といい、投資家の
手控え気分を誘った。在庫削減ペースの鈍さを指摘する声もあった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

2銘柄

本日は昨日の米国市場が反発に転じたものの、日本株は日中領土問題や
為替が円高に進んでいることが嫌気されて朝方から売り物が出やすく
大引けにかけて下げ幅を広げる展開となる中、昨日配信の2銘柄は惜しくも
利食い達成とはならなかったものの仕込みとしては絶好。
週明けから期待の持てる配信となった。


【今日のPick Upスナイパー銘柄】
本日のPick Up銘柄はありません。

昨晩のダウが上昇したものの日経平均は円高、中国の景気減速懸念、領土問題
と懸念される材料が多く下落しており、来週早々に日銀短観の発表も控えて
いることから週明けは積極的な買いは控えられるとみています。

本日上場したメディアフラッグ【6067】が上場初値で2120円と売り出し
価格900円から2倍以上の値をつけたこともあり、短期筋の物色の矛先は
直近IPO銘柄、新興市場に流れる可能性があります。

あとは、医薬品、食品、小売などの内需関連も引き続き買われる動きと
なるでしょう。

※無料メルマガをご覧の方はここからの売買は自己責任でお願いします。


爆発前の優良株を知りたい方は是非有料メルマガへのお申し込みを
お待ちしております!
全力でサポート致します。

▼▼▼▼
http://kabuocool.com/






【最近の配信結果】
●9月11日(火)に配信致しましたセブン&アイHD【3382:終値 2,352円】が
上昇を続け、本日 2,440円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。


●9月13日(木)に配信致しましたリョーサン【8140:終値 1,407円】が
上昇を続け、本日 1,438円をつけました。
配信株価より102%の上昇を記録しております。


●9月20日(木)に配信致しましたパル【2726:終値 4,260円】が
上昇を続け、本日 4,560円をつけました。
配信株価より107%の上昇を記録しております。


●9月24日(月)に配信致しました京成電鉄【9009:終値 709円】が
上昇を続け、本日 724円をつけました。
配信株価より102%の上昇を記録しております。


●9月24日(月)に配信致しましたココカラファイン【3098:終値 2,651円】が
上昇を続け、本日 2,770円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(9月分、10月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!


       ▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
           http://kabuocool.com/

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー


メルマガバックナンバーコメント(0)

1825:◆数日前に無料メルマガでも取り上げたキョーリン製薬HD【4569】が短期10%の上昇達成!

2012/09/27 (Thu) 17:44
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本日の市場概況】
27日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、終値は前日比43円17銭
(0.48%)高の8949円87銭だった。
後場中ごろ過ぎ、午後の取引が始まった上海株式市場で総合指数の
上昇率が一時3%を超えたことを受け、東京市場でも主力の輸出関連株への
買いや株価指数先物への買い戻しが優勢になった。
それまで前日終値近辺でもみ合っていた日経平均は、上げ幅を50円超まで
拡大した。
このところ中国関連との位置付けで下落が続いていたコマツが、6日ぶりに
反発した。

前日の欧米株式相場が欧州債務問題への懸念で下落したことや、円相場が
1ドル=77円台後半で高止まりしていることも響き、朝方の日経平均は
62円安まであった。
ただ75日移動平均(8858円)前後では底堅さがみられたほか、中国関連株の
一角が値ごろ感の買いで下げ止まったため、短期的な底入れ期待が
広がったという。
市場では「9月中間期末をあすに控え、株価を押し上げておきたいとする
ドレッシング(お化粧)買いへの思惑も支えになったようだとの声も聞かれた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

0銘柄

本日は昨日の米国市場が44ドル安の続落となり、日本株も朝方は売り物が
堅調見られたが、値ごろ感から割安株が物色され大引けにかけてプラ転し、
徐々にその上値を伸ばす展開となった。
昨日の配信は0銘柄。


【今日のPick Upスナイパー銘柄】
本日のPick Up銘柄は24日に配信したココカラファイン【3098】です。

こちらは本日、配信後から高値をいったん付けて配信後より3%の上昇を
達成し、そこから値を戻す形で前日より小幅安となっていますが、円買いが
進む間はこのような内需関連が物色される動きは続くと思われます。

本日も為替が小幅ではありますが、日中領土問題やスペインの財政不安など
外的要因から円買いが進み77円台でもみ合いが続いていますし、その間は
景気敏感株は避けて堅調な内需に投機的な資金は動きやすいでしょう。

※無料メルマガをご覧の方はここからの売買は自己責任でお願いします。


爆発前の優良株を知りたい方は是非有料メルマガへのお申し込みを
お待ちしております!
全力でサポート致します。

▼▼▼▼
http://kabuocool.com/



【最近の配信結果】
●8月27日(月)に配信致しました日本テレビ放送網【9404:終値 1,114円】が
上昇を続け、本日 1,136円をつけました。
配信株価より102%の上昇を記録しております。


●9月7日(金)に配信致しました大正製薬HD【4581:終値 6,250円】が
上昇を続け、本日 6,540円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。


●9月11日(火)に配信致しましたセブン&アイHD【3382:終値 2,352円】が
上昇を続け、本日 2,407円をつけました。
配信株価より102%の上昇を記録しております。


●9月18日(月)に配信致しました東京都民銀行【8339:終値 736円】が
上昇を続け、本日 770円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。


●9月20日(木)に配信致しましたパル【2726:終値 4,260円】が
上昇を続け、本日 4,400円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。


※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(9月分、10月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!


       ▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
           http://kabuocool.com/

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー


メルマガバックナンバーコメント(0)

1824:JAL【9201】見切り売り。色んな情報に左右されて買った方、ご愁傷様です。

2012/09/25 (Tue) 17:00
本日はJALについての問い合わせが多いので、ここで書きたいと思います。

19日に再上場を果たした日本航空(JAL)ですが、本日大量の見切り売りが出て8.74%もの下落をしました。

19日に高値の3,905円で高値掴みをさせられてしまった方からするとわずか5営業日で15%の下落です。
いろんな情報操作に翻弄された方、ご愁傷様でございます。

スナイパートレードのトレーダーたちは、JALなんか見向きもしてませんでした。

直近高値を付けて下がることは予見していましたし、個人的には空売りを仕掛けたかったのですが、
残念ながら貸借銘柄出ないので空売りが出来ない残念な銘柄でした。


今日は、なぜJALは買うべきでなかったのかについてお話ししようと思います。

まず、大きな要因として上がる要因よりも下げる要因の方が多かったからです。

国策?どこぞのブログにもそんなことが書いてありました。


はてどんな国策でしょう?(笑)

私には全く分かりません。

徹底的な人件費や販管費の削減、不採算路線の見直しで急回復したことは確かに評価に値します。
それによりわずか2年8カ月で再上場を果たすことが出来ました。


しかし、これが国策の一つと言うのであればどこの企業もやっていることです。


反対に、LCCが乱立している中、割高路線で戦うJALがいかに明確な経営再建策を打ち出し
魅力的な投資対象先としていかにアピールするのか?

それが今後の大きな課題となるでしょう。


IPOを申し込んだ方は情報に左右されながらも
きちんと自分の腹に落として申込みされたんですよね?

それで、自分の想定していた値動きにならずに下げてしまった。
自分なりに根拠があって買ってその逆の動きになってしまったのであればそれは仕方のないことです。


「ただ単にみんながJALの再上場に盛り上がってるから買った?」
「エセ投資顧問が推奨してるから買った?」


あなたバカですか?と言いたいですね、ホントに。


前期は確かに1800億円の利益を叩き出しており、今期の会社計画も増益見通しです。
ただ、日中領土問題による予約のキャンセルが出てきており、下方修正が出てもおかしくはないでしょう。

また、上記の問題がなかったとしてもLCCとの競争激化は避けられず、成長性からしても
魅力的な投資対象先としてはとても思えません。


これすら知らない人が情報に左右されてIPOを申し込む。。。

失笑されても仕方ありませんよ。
もっと勉強して下さい。

むしろ、この不景気の中、両手を上げてJALの再上場を喜び、投資または利用する人間がいるのか
甚だ疑問です。
現に私も別にサービスはどうでもいいので格安航空会社を使いますね。


JALを買うくらいならば、本日マザーズに上場したAPカンパニー【3175】にIPOを申し込んでいた方が
ずっと賢いですよ。

経常利益を見ても毎年倍々で成長していますし、今期も間違いなく増益でしょう。
当然ながらいずれ過渡期は訪れますがそれまでは積極的な買いがみられると思いますよ。


それを見越したかのように、こちらは公開価格(2350円)に対して、40.6%上回る
3305円の初値を付けましたからね。


勉強したくなければIPOや上場初値買いなんかに手を出してはいけません。

それは単なるギャンブルになってしまいますよ。


では、JALはいつが買いのタイミングなのか?

それは、今回の下落が落ち着けば、JALは大型株にあたるため日経平均と連動しやすい動きになる
でしょう。

その時が買いのタイミングです。

とりあえず今はある程度の個人の売り物を吐き出さないと新たな買いが入りにくいと思いますので
それまでは静観で問題ないでしょう。

テーマ : 注目銘柄 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1823:◆為替77円台突入、輸出関連株の持ち高調整を。

2012/09/25 (Tue) 16:00
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本日の市場概況】
25日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反発。
終値は前日比22円25銭(0.25%)高い9091円54銭だった。
3月期決算企業の4~9月期配当権利付き最終売買日で、権利取り狙いの
買いが優勢だった。
ただ、午後に円相場が上げ幅を拡大したことやJAL株に見切り売りが
膨らんだことは相場の重荷となり、おおむね前日終値(9069円)を
挟んでもみ合う展開だった。

取引時間中として2営業日ぶりに9100円台に乗せる場面もあった。
外部環境が不透明なことから、カルビーや味の素が年初来高値を更新する
など内需・ディフェンシブ株に投資資金が向かった。
もっとも、午後になると円相場が上昇し輸出株の上値を抑制した。
JALが8%超下落したことで「需給が悪化し、相場の売り圧力となった」
(岡三証券の石黒英之日本株式戦略グループ長)との声も聞かれた。
終値ベースのJALの時価総額は6156億円とANA(6118億円)に迫った。
欧州の銀行監督一元化の開始時期についてドイツのメルケル首相と
フランスのオランド大統領の意見が割れていると伝わり欧州債務対策が
滞っているとの懸念から米株が1カ月ぶりに続落したことも日本株に波及した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

3銘柄

本日は昨日の米国市場が小幅続落となったが、日本株はここ3日間の続落と
3月決算の中間配当を狙った買いが先行し、小幅反発する展開となる中、
昨日配信の3銘柄中1銘柄が寄り付きより右肩上がりに上昇し2%の上昇
達成!
残りの2銘柄は惜しくも利食い達成とはならなかったものの仕込みとしては
絶好。
明日から期待の持てる配信となった。


【今日のPick Upスナイパー銘柄】
本日のPick Up銘柄は14日に配信した東洋インキSCHD【4634】です。

こちらは本日大きく続伸し配信後からすでに5%の上昇を果たしていますが、
テクニカル面からいうと一目均衡表の雲を突き抜けてきており、新たな
買い場が生まれて8月半ばに付けた直近高値の306円を上抜いても
おかしくない展開が期待できそうです。

ファンダメンタルからしてもPER10倍、PBR0.6倍と非常に割安感もあり、
6月初旬の株安から徐々に上値を切り上げているところも魅力的ですね。

タイトルにも書きましたが、為替が77円台に突入し、日本株には嫌な流れ
に入ってきております。
業種別で見ても明らかに外的要因に左右される銘柄は売られており、
その逆で小売、食品、医薬品などの内需が堅調に動きだしています。
ただ単に理由もなく安いからと言って突っ込んだ買いを入れると痛い目を
みます。
日銀の金融緩和が思いの外振るわず上値の重い展開が続いていますが、
世界情勢を見ながら相場の流れを読み解き、いま何を仕込めばいいかを
もう一度冷静に判断しましょう。
※無料メルマガをご覧の方はここからの売買は自己責任でお願いします。


爆発前の優良株を知りたい方は是非有料メルマガへのお申し込みを
お待ちしております!
全力でサポート致します。

▼▼▼▼
http://kabuocool.com/



【最近の配信結果】
●9月7日(金)に配信致しました大正製薬HD【4581:終値 6,250円】が
上昇を続け、本日 6,490円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。


●9月11日(火)に配信致しましたセンコー【9069:終値 328円】が
上昇を続け、本日 340円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。


●9月12日(水)に配信致しましたテレビ朝日【9409:終値 111,100円】が
上昇を続け、本日 118,800円をつけました。
配信株価より107%の上昇を記録しております。


●9月14日(金)に配信致しました東洋インキSCHD【4634:終値 274円】が
上昇を続け、本日 288円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。


※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(9月分、10月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!


       ▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
           http://kabuocool.com/


テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー


メルマガバックナンバーコメント(0)

1822:ハウス食品「のっけてジュレ」大ヒットの作り方

2012/09/24 (Mon) 23:06
昼間も過ごしやすい気候になってきましたが、体調管理には十分に留意していくことが大事ですね。

さて今日はジュレのニュースをピックアップ!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120924-00007230-president-bus_all

ハウス食品「のっけてジュレ」は、震災で最需要期の販売がかなわなかったという逆風の中で、1年間で8億円を売り上げた。玉石混淆のソース市場の中で、なぜこれほど消費者の支持を得られたのだろうか。

■競合商品に対する不満点にヒントがあった

 伝統的な製品ジャンルという縦割り思考ではなく、別の製品ジャンルのものと「結合」したり、これまでなかった新しい用途に「応用」したりすることによってミュータント(新種)を生み出すことができる。これらが水平思考で、成功例には「食べるラー油」や「山スカート」など枚挙にいとまがない。水平思考によって、閉塞状態に陥っていた既存市場は活性化のチャンスを得ることができる。

 ソースやドレッシングなどの分野でも水平思考の取り組みは実行されており、高業績を挙げる製品が出てきている。ハウス食品の「のっけてジュレぽん酢」は、その典型例といえる。昨年2月21日発売以来1年間で、約8億円の売上高を達成した。この数字は当初目標としていた7億円を優に上回っており、3月に起こった東日本大震災の影響で最需要期の4カ月間の販売がかなわず、事実上のスタートが8月であったことを考えると、「見事」と評してよい水準と思われる。

 それでは、「のっけてジュレぽん酢」とはどのような製品なのだろうか。

 一言でいえば、「ジュレ」というゼリー状のソースである。このソースはぽん酢を名乗りながらもその用途は多岐にわたり、トンカツ、サラダ、冷奴など、数多くの和洋の料理にマッチする。ハウス食品では、これのひな型となる業務用の「ゼリーソース」を2006年に開発していて、それを一般家庭向けに応用したのだ。

 「ゼリーソース」の開発の経緯には、業務用ならではの理由がある。例えば居酒屋で出てくる「突き出し」は、前もって大量に仕込んでおかねばならない。必然的に仕込み時点から消費時点までのタイムラグが発生する。仕込み時点で食材に通常の液体調味料(醤油やぽん酢等)をかけてしまうとそれの鮮度や味覚が格段に落ちてしまう。このような問題を解決するためにゼリーソースはつくられた。

 つくり上げたのは、R&D部門である。ハウス食品には、ソマティックセンターという研究の専門部署があり、基礎研究と製品開発研究の人員を約300名も擁している。ここの業務用ゼリーソース開発の人員が、後に一般消費者向けの「のっけてジュレぽん酢」の開発にも携わったのだ。

 ただし、06年当時はまだ、一般家庭向けにこの製品を出していこうという意図はなかったそうだ。というのは、家庭での食事の際に調味料を使うのは食べる直前が普通で、居酒屋の突き出しのようにつくり置きして長時間放置しておくことはほとんどないからだ。

 それではなぜ家庭向けにこのような特殊な調味料を出していこうと考えたのだろうか。それは、同社のお家事情が影響している。

 ハウス食品では、1995年から「冷しゃぶドレッシング」という液体調味料を市場化している。この製品は最盛期に年間15億円ぐらい売れるヒット作だったが、次第にその成果も陰りを見せてきた。液体調味料事業を何とかしなければならないという大きな課題を意識するようになったのだ。

 この冷しゃぶドレッシングには、用途の限定という問題点があった。いうまでもなくこの製品は冷やしたしゃぶしゃぶ専用の調味料だ。このような極端な用途限定型製品は不況期には好まれない。最初は物珍しさで購買されたものの、次第にポン酢で済ませてしまう消費者が増えてきたのだ。

 そこで汎用性の高いポン酢に取り組もうということになったのだが、この分野にはミツカンの牙城がそびえていて、真っ向勝負は難しい。そこで業務用で実績のあったゼリーソースに白羽の矢を立て、その利点を生かしながら汎用性の高い調味料ができないものかと思案を巡らせ、「のっけてジュレぽん酢」が誕生した。

 ハウス食品マーケティング本部香辛食品事業部開発マネージャーの栗本宜長氏は開発当時の事情をこう語る。「ポン酢の不満点というのを調べてみると、(液体なので)下に全部落ちてしまって、例えばサラダなんてビチョビチョになるんですよ。同時にゼリーソースのほうも何とか家庭用にできないかという課題がありましたので、それで(ぽん酢とゼリーソースとを)合体したのです」。

 発売に際して、用途の広さをアピールするため、トンカツ、サラダ、冷奴への使用例をパッケージに載せた。テレビCMでもその用途を明確にするため、タレントの大沢あかねがこれをトンカツにかける映像にしている。

 また、暗に脂っこさを中和してくれるメリットを訴えている。トンカツのような揚げ物の場合、脂っこさやカロリーが気になるところだが、「のっけてジュレ」は液体ソースのように流れ落ちてしまうことがなく、食材によく絡むので中和度が高い。加えてパッケージに「ノンオイル」をうたっているのでカロリーも気にならない。

 さらに慣習的にトンカツソースは、茶色や黒色の液体が多く、ダークでハードな印象を受けるが、「のっけてジュレ」の場合、キラキラと黄金色に輝いているので華やかで、オシャレで、ビジュアル面でも女性に好感を持ってもらえる。

 ジュレの透明感とゼリー独特の物性を生かすため、テレビCM(大沢あかねバージョン)でも、ジュレが遠くから飛んできてトンカツにかかるようなイメージに演出した。このダイナミックなCMは、今流行のCGではなく、実際に飛ばしたものだというから驚きだ。幾度も撮り直しをしたそうで、同社によるジュレの特性へのこだわりの強さを感じさせるエピソードといえる。

 同様にパッケージ・カラー面でも伝統的調味料のぽん酢との区別性を意識した取り組みを行っている。通常ポン酢といえば、液色を反映して黒っぽいパッケージという印象である。しかし、「のっけてジュレぽん酢」の場合、あえてパッケージを純白にした。ここにはハウス食品のコーポレートイメージを踏まえたメッセージ性が生きている。カレーであまりにも有名な同社はパッケージを白色にすることで、洋風のイメージを前面に押し出し、区別化を果たしたのである。

こういった形でヒット商品を生み出すことが企業の今後の生き残りにもかかわってくるのではないかと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1821:◆中国の動きをにらみつつ、俯瞰的に相場を読んでいきましょう。

2012/09/24 (Mon) 17:27
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本日の市場概況】
24日の東京株式市場で日経平均株価は反落。
終値は前週末の終値と比べ40円71銭(0.45%)安い9069円29銭だった。
円高が投資家心理を冷やし、自動車株や精密機器株が売られた。
中国の景気減速を背景に鉄鋼株や海運株が大幅安となった。
緩和マネーが相場を支えるとの思惑から積極的に下値を探る動きは限られ、
大引けにかけて膠着した展開が続いた。

日中国交正常化40周年の記念式典について中国側は日本側に中止を伝え、
大企業のトップらでつくる日中経済協会は訪中団の派遣取りやめを決めた。
反日デモはひとまず沈静化しているが、一部の日系の中国工場で
操業停止が続いている。
日中間の政治面での緊張が両国経済に悪影響を及ぼすとの懸念が広がり、
建設機械など中国関連の位置付けの銘柄が売られた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

0銘柄

本日は先週末の米国市場が小幅安となり、日本株も直近の上昇一服感や
中国の地政学リスクの影響から輸出関連株を中心に売りが出やすい展開
となった。
昨日の配信銘柄は0銘柄。


【今日のPick Upスナイパー銘柄】
本日のPick Up銘柄はありません。

週明けの相場展開ですが、反日デモがひとまず沈静化はしているものの
工場が閉鎖状態の日系企業がまだあったりしている状態です。
その影響で中国に生産拠点を持つ企業を中心に売りが出やすい一日と
なりました。
それに加えて為替もドルに対して円高方向に向かっていますし、いまは
26日に控える自民党の総裁選に力が入っているため77円台に突入したとしても
介入はまずないでしょう。

また明日には3月決算企業の権利確定日を控えており、週半ばまでは
こう着感の強い相場展開が考えられます。

となると、3月決算以外の食品、小売、卸、医薬品などの内需ディフェンシブ
が物色される傾向にあるでしょう。

爆発前の優良株を知りたい方は是非有料メルマガへのお申し込みを
お待ちしております!
全力でサポート致します。

▼▼▼▼
http://kabuocool.com/





【最近の配信結果】
●9月12日(水)に配信致しました島津製作所【7701:終値 540円】が
上昇を続け、本日 571円をつけました。
配信株価より106%の上昇を記録しております。


●9月12日(水)に配信致しましたキョーリン製薬HD【4569:終値 1,781円】が
上昇を続け、本日 1,867円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。


●9月12日(水)に配信致しましたテレビ朝日【9409:終値 111,100円】が
上昇を続け、本日 118,500円をつけました。
配信株価より107%の上昇を記録しております。


※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(9月分、10月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!


       ▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
           http://kabuocool.com/

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー


メルマガバックナンバーコメント(0)

1820:株式週間展望=材料難に一進一退か―9月SQ値維持なら10月高期待、食品・通信・小売に物色

2012/09/23 (Sun) 10:08
週末はあいにくの雨ですが、この雨でより秋めいていくんじゃないかと思っております。恵みの雨も大事ですからね。

さて今日は週明けの株式市場の動向をチェックしていきたいと想います。

今週(18-21日)の日経平均株価は、日銀が追加金融緩和を発表した19日に、一時9300円に接近する場面があった。しかし、市場の反応は長続きせず、週後半には出尽くし感が広まった。当局の意に反し為替が円高にフレたこともあり、週末の終値は前週比49円安の9110円に着地。一進一退の状況は来週(24-28日)も続く可能性が高い。

 日米欧の3極が相次ぎ追加金融緩和に踏み切ったことで、日本株市場に資金が還流しつつある。9月に入り出来高が増え、東証1部の売買代金は足元で1兆円を上回る水準を維持。マーケットが収縮しつつ指数が8600円レベルまで突っ込んだ8月後半とは真逆の状況となった。

 しかし、ここへきて上値が重い。最後に日銀が緩和策を発表し、一連のビッグイベントを通過。再び手掛かり難の色合いを帯び、相場の上昇をけん引してきた外国勢の買い戻しにも一服感が出てきている。来週は大きな材料を想定しにくいだけに、需給主導で居所を探る展開が予想される。

 今週の日経平均の高値は、ギリシャの総選挙直後にあけた5月7日のチャートの下げの「マド」(9345-9206円)の中間に位置する。戻り売りの圧力も大きいゾーンだ。欧州問題が目先に一段と後退する期待は薄く、「マド」埋めまでには、まだいくらか助走が必要と考えられる。

 一方、積極的な売りにつながる要素もこれといって見当たらない。為替介入の可能性を踏まえれば、円高も一定の水準で歯止めが掛かろう。

 日経平均の下値メドとしてはフシ目の9000円や、200日移動平均線(21日現在9014円)が意識されるが、先行きを占う意味では9月SQ(特別清算指数)値9076円(TOPIX<東証株価指数>は751ポイント)がより重要だ。12年9月中間期末配当の権利落ち日に当たる26日以降もSQ値を上回ることができれば、経験則として10月相場が上値を試す望みが増してくる。

 指数の下方リスクは中国の反日問題だが、ひとまず沈静化へ向かっている。また、同国の経済については、すでに底入れしたとの見方に変更はない。

 物色の傾向は、配当の権利取りが絡む来週前半には、薬品株や銀行株に集まる公算。また、これまでのような、下落率の大きいセクターから順に買い戻される環境にはなりにくいとみられ、むしろ、業績が堅調な食品や通信、主要企業の上期決算が出始める小売などに分がありそうだ。また、個別では、株価水準に魅力があるキヤノン <7751> を狙いたい。


こういった形で株式市場も配当や決算情報などで動きがあることは言うまでもありませんのでしっかりとリスクヘッジをしながら利益確定をしていく事が大事ですね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1819:◆為替が重い時は内需ディフェンシブ銘柄を物色して下さい。

2012/09/21 (Fri) 17:03
今週も1週間お疲れさまでした。

今週は何といっても日銀の金融緩和が発表されました。具体的には、資産
買い入れ等の基金をこれまでの70兆円から80兆円へ10兆円程度増額する
というものでした。
参照:http://www.boj.or.jp/announcements/release_2012/k120919a.pdf

短期国債と長期国債にそれぞれ5兆円程度の買い入れを行うということで
株に何が関係するの?と思う方もいらっしゃるかと思います。
ここで少しこの国債と株の関係について解説します。


国債が買われるということは、国債の流通価値が上がります。

これは為替と同様に円高になればドル安になるのと同じ原理ですね。
そして国債が買われるということは国債価格が上昇しますが国債を買うことで
付く利息は変わりませんので実質的な最終利回りが下がります。

例)
国債の価格:100円(額面100円) 利率:5% 最終利回り:5%(5円)

買われる

国債価格:102円(額面100円) 利率:5% 最終利回り:3÷102=2.94%(5円-(100円-102円)=3円)

つまり、国債が買われることにより、金利を引き下げることが出来るわけです。
金利が下がれば為替が動きます。


円金利が下がるということは、円を売って他の通貨で資産を持とうとする
動きが出てきます。つまり円安への誘導(日銀の狙いはコレ)
円安の流れになれば輸出関連セクターを中心に株高の動きが見込めます。

しかし、今回日銀から発表されたECBを発端とする緩和策は、正直後手後手に
回ってしまいました。


しかもECB、FOMCともに景気が回復するまで無限に金融緩和を行っていくという発表の中、
日銀は慌ててと言うか、それにつられてやむなくと言うかそのような表現しか言いようのない、
70兆円から80兆円の増額という限定的な緩和策ですので何とも市場参加者へのインパクトが
薄れてしまってもしょうがないでしょう。


為替を見ても19日昼過ぎの発表当日に一時的に79円を超える動きを見せましたが、
その後は円高方向にじわりじわりと進んでいる状態です。

おかげで今日は為替の影響を受けにくい食料品、や小売、医薬品をメインに内需株に
物色が入りだしました。
これはまったくの読み通りです。


昨日配信した小売の2銘柄【8×××】が寄り付きより2%の上昇を
してくれましたし、【2×××】に関しても小動きで非常に仕込みやすい展開となりました。

この動きは、ダウが上がっても為替が重いままあれば来週も続くとみています。

今週は有料会員様に配信する銘柄は比較的に多くはなりましたが、相場全体の流れを読みながら
資金が流入するであろうセクターを見極めて配信していますので
しっかりとついてきていただければと思います。

それでは週末ごゆっくりお過ごしください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

爆発前の優良株を知りたい方は是非有料メルマガへのお申し込みを
お待ちしております!
全力でサポート致します。

▼▼▼▼
http://kabuocool.com/

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1818:◆スナイパートレード配信結果速報!

2012/09/21 (Fri) 16:57
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本日の市場概況】
21日の東京株式市場で日経平均株価は反発。
終値は前日の終値と比べ23円02銭(0.25%)高い9110円ちょうどだった。
週末で持ち高調整の動きが広がり、精密機器や電力株に買い戻しが入った。
アジア各国・地域の株式相場の上昇が投資家心理を下支えし、食料品や
陸運など内需・ディフェンシブ株が物色された。
世界景気の減速と円相場の高止まりを背景に上値を買い上がる動きは限られ、
大引けにかけて伸び悩んだ。

日米欧の重要日程を通過し、「材料出尽くしの空気が広がっている」
という。投資家は様子見姿勢を強め、積極的な売買は手控えられた。
東証1部の売買代金は概算で1兆0270億円と、5営業日連続で1兆円を
上回ったものの、前日に比べ約2600億円減った。売買高は16億0958万株だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

2銘柄

本日は昨日の米国市場が小動きだったが、日本株は昨日の大幅安の反動も
あって、寄り付きより徐々に値を上げる展開の中、昨日配信の2銘柄
中1銘柄が寄り付きより右肩上がりに上昇し2%の上昇達成!
残りの1銘柄は惜しくも利食い達成とはならなかったものの仕込みとしては
絶好。
週明けから期待の持てる配信となった。



【今日のPick Upスナイパー銘柄】
本日のPick Up銘柄は今月12日に配信したキョーリン製薬HD【4569】です。

すでに有料会員様の利食い達成ポイントは超えていますが、本日配信後の
高値を付けて上昇しており、安くなった内需株に物色買いが入ってきている
模様です。
為替が重い場合は、それに連動して景気敏感株、輸出関連セクターはヘッジ
の売りが出やすい傾向がありますから、今回のように日銀の金融緩和によって
一瞬円安方向に進み、再度円高方向へ進みだした場合は上記のセクターを
空売りして内需ディフェンシブを買うようにしてみて下さい。

さて、キョーリンですが、ぜんそく薬の新剤を年内に承認申請をしており、
これが下りればもう一段高上値を目指す勢いがつくのではとみています。
また、テクニカル面からみても75日線を支持線として反発し、本日きれいに
25日移動平均線を超えて上伸してきており、週明けから一段高も
あり得るとみています。

※無料メルマガをご覧の方はここからの売買は自己責任でお願いします。

爆発前の優良株を知りたい方は是非有料メルマガへのお申し込みを
お待ちしております!
全力でサポート致します。

▼▼▼▼
http://kabuocool.com/





【最近の配信結果】
●9月7日(金)に配信致しました大正製薬HD【4581:終値 6,250円】が
上昇を続け、本日 6,450円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。


●9月11日(火)に配信致しましたセブン&アイHD【3382:終値 2,352円】が
上昇を続け、本日 2,405円をつけました。
配信株価より102%の上昇を記録しております。


●9月12日(水)に配信致しましたキョーリン製薬HD【4569:終値 1,781円】が
上昇を続け、本日 1,828円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。


※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(9月分、10月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!


       ▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
           http://kabuocool.com/

メルマガバックナンバーコメント(0)

1817:MS創業者ゲイツ氏、米長者番付でV19 フェイスブックCEOは急落

2012/09/20 (Thu) 22:03
日に日に秋の足音が聞こえてきているようにも感じますね!

さて今日は毎年恒例の長者番付のニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120920-00000508-san-bus_all

米経済誌フォーブスが19日発表した2012年版の米資産家上位400人の番付によると、ソフトウエア最大手マイクロソフト(MS)創業者のビル・ゲイツ会長が19年連続で首位を守った。

 ゲイツ氏の資産総額は660億ドル(約5兆1700億円)だった。2位は著名投資家ウォーレン・バフェット氏で460億ドル、3位はソフトウエア大手オラクルのラリー・エリソン氏の410億ドルで、3位までは5年連続で同じ顔ぶれになっている。

 一方、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は94億ドルで、前年の14位から36位に急落した。同社の大株主でもあるザッカーバーグ氏は、上場以来の株価低迷が響いた格好だ。

こういった形でビルゲイツの凄さそしてザッカーバーグの栄枯盛衰とも言うべき社会の流れが見え隠れするといった形でしょうか。それでもなお、上位に食い込むザッカーバーグの凄さは今後も未来を予見させるものではないでしょうか。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1816:◆6日配信のNTT【9432】が自社株買いを発表し、本日大幅高!短期9%の上昇達成!

2012/09/20 (Thu) 19:39
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本日の市場概況】
20日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落した。
終値は前日比145円23銭(1.57%)安い9086円98銭となった。
前日の米国株式相場は上昇したものの、円相場が強含んだことや
中国経済の先行き不透明感が嫌気され輸出関連のほか景気敏感株を
中心に売りが出た。
前日の日銀の追加緩和を好感した上げ分を1日で帳消しにした格好となった。

前日の米国市場では住宅関連の経済指標が市場予想を上回り株式相場が
上昇した。一方で外国為替市場では日銀が追加緩和に踏み切ったものの、
効果は限定的との見方から円買いが強まった。
朝方の東京市場では追加緩和による円高修正が1日で終わったことを
嫌気して売りが先行。
前日までに4カ月ぶりの高値圏にあったこともあり「利益を確定する
売りが出るのは当然」との見方があった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

4銘柄

本日は昨日の米国市場が小動きだったが、日本株は高値警戒感から利益確定
売りの押され一時150円以上下げる大幅安となる展開の中、昨日配信の4銘柄
は惜しくも利食い達成とはならなかったものの仕込みとしては絶好。
明日から期待の持てる配信となった。



【今日のPick Upスナイパー銘柄】
本日のPick Up銘柄は今月7日に配信した大正製薬【4581】です。

本日配信後の高値を付けた後はマイナスに転じてしまいましたが、
今期は増収減益ながらも骨粗鬆症薬が本格化し、増配を見越しており
テクニカル面からみても一目均衡表の雲を突き抜けてきていることもあり、
まだまだ上昇余地があるようにみえます。

※無料メルマガをご覧の方はここからの売買は自己責任でお願いします。

爆発前の優良株を知りたい方は是非有料メルマガへのお申し込みを
お待ちしております!
全力でサポート致します。

▼▼▼▼
http://kabuocool.com/




【最近の配信結果】
●9月4日(火)に配信致しました東洋ゴム工業【5105:終値 215円】が
上昇を続け、本日 222円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。


●9月6日(木)に配信致しましたNTT【9432:終値 3,570円】が
上昇を続け、本日 3,890円をつけました。
配信株価より109%の上昇を記録しております。


●9月7日(金)に配信致しました大正製薬HD【4581:終値 6,250円】が
上昇を続け、本日 6,440円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。


●9月11日(火)に配信致しましたセンコー【9069:終値 328円】が
上昇を続け、本日 338円をつけました。
配信株価より102%の上昇を記録しております。


※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(9月分、10月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!


       ▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
           http://kabuocool.com/

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー


メルマガバックナンバーコメント(0)

1815:日本企業「脱中国」拍車もジレンマ 無視できぬ巨大市場の魅力

2012/09/19 (Wed) 22:19
変わりやすい天気が続いておりますが、雨具の準備は怠らないようにしていくことが大事ですね。

さて今日は中国市場のニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120918-00000002-fsi-bus_all

日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化に抗議する中国の反日デモは、満州事変の発端となった1931年の柳条湖事件から81年の18日、厳重な警備の中、北京の日本大使館前や上海の日本総領事館近くなど少なくとも125都市で行われた。

反日デモの広がりを受け、トヨタ自動車やイオンなど日本企業では現地工場の操業や営業を停止する動きが相次いだ。すでに生産拠点を他のアジア地域に分散する動きもあるが、13億人を抱える中国は世界最大の消費地だけに、日本企業は今後の対応に苦慮している。

 トヨタ自動車は「従業員の安全確保を優先した」(広報担当者)ため、中国国内の一部工場を18日に続き、19日も操業停止する。ソニーは中国の7工場のうち2工場の18日の操業を休止。パナソニックも休止している青島市や珠海市の工場再開が未定だ。

 神戸製鋼所は18日、山東省や四川省などの4工場と上海にある営業拠点を休業した。19日以降の対応は未定だが、不要不急の中国出張や現地の日本人社員の外出を原則禁止したという。

 小売店でもカジュアル衣料チェーンのユニクロは18日、北京市内を中心に60店を一時もしくは終日休業とした。

 18日を乗り切れたことで、マツダが18日から21日まで操業を停止するとしていた江蘇省南京の工場を19日に再開する方針を決定。ソニー、セブン&アイ・ホールディングスも19日から一部の工場や店舗の再開を予定するなど、事業の正常化を探る動きも出始めた。だが、製造業では、すでに政治リスクや人件費の高騰などを見越して、中国に生産拠点が集中するリスクを避ける動きも相次いでいる。

 パナソニックは約450億円を投じて、マレーシアに太陽電池の新工場を建設し、12月に生産を開始する予定だ。ユニクロもバングラデシュやカンボジアなどに生産拠点を分散し、中国生産の比率を下げる方針を打ち出している。

 大和総研の熊谷亮丸チーフエコノミストは「リスク分散のため、生産拠点を中国以外に移す動きは加速する。非製造業も中国進出には極めて慎重になるだろう」と指摘する。反日デモの拡大が、日本企業の「脱中国」に拍車をかける可能性もある。

 ただ、巨大市場としての中国の重要性は変わらない。ユニクロは中国を軸としてアジアでの販売拡大を計画しており、中国戦略について「現時点で方針に変更はない」(幹部)という。

 生産拠点として中国の魅力が薄れつつある製造業も事情は同じ。市場に近い場所で生産する「消費地立地」の観点から中国は無視できず「リスクが顕在化しても、中国から手を引くわけにはいかない」(大手電機幹部)というジレンマを抱えている。

こういった形で中国の市場としての価値がこういった形のジレンマを生み出しているということでしょうね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1814:◆7日配信のサンケン電気【6707】が短期10%の上昇達成!

2012/09/19 (Wed) 18:03
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本日の市場概況】
19日の東京株式市場で日経平均株価は反発。終値は前日比108円44銭
(1.19%)高の9232円21銭で、5月2日(9380円)以来、約4カ月半ぶりの
高い水準を付けた。
日銀はきょうまで開いた金融政策決定会合で、資産買入等基金の総額を
70兆円から80兆円に拡大するなどの追加金融緩和を決定した。
前引けで17円高まで伸び悩んでいた日経平均は、追加緩和を好感した
断続的な買いによって一段高となり、後場中ごろには164円高まであった。
前日は反日デモの影響を懸念して売られていた中国関連株の戻りも
目立ち、ファストリが3%高と大幅に反発した。

緩和の恩恵を受けやすいとされる銀行や保険など金融株、不動産株が
軒並み高となった。
円相場が1ドル=79円台まで下落したことを受け、自動車や電機など
主力の輸出関連株も一段高となった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

3銘柄

本日は昨日の米国市場が小動きだったが、本日昼過ぎに日銀が資産買い入れ
基金の増額を発表したことが好感され後場から上伸する展開となる中、
昨日配信の3銘柄中1銘柄が寄り付きより力強い動きで右肩上がりに
上昇し4%弱の上昇達成!
残りの2銘柄は惜しくも利食い達成とはならなかったものの
仕込みとしては絶好。
明日から期待の持てる配信となった。



【今日のPick Upスナイパー銘柄】
本日のPick Up銘柄は今月6日に配信した新明和工業【7224】です。

本日配信後の高値を付けた後はマイナスに転じてしまいましたが、今期は
増益幅を大きく拡大しており、本日再上場を果たしましたJAL【9201】関連
ということもあり、まだまだ上昇余地があるようにみえます。
テクニカル面からもPER5倍台、PBRも0.5倍と非常に割安感があり、見直し買い
が入れば、年初来高値を試してもおかしくはないかと思います。


※無料メルマガをご覧の方はここからの売買は自己責任でお願いします。

爆発前の優良株を知りたい方は是非有料メルマガへのお申し込みを
お待ちしております!
全力でサポート致します。

▼▼▼▼
http://kabuocool.com/



【最近の配信結果】
●9月6日(木)に配信致しました新明和工業【7224:終値 378円】が
上昇を続け、本日 402円をつけました。
配信株価より106%の上昇を記録しております。


●9月6日(木)に配信致しました住友商事【8053:終値 1,022円】が
上昇を続け、本日 1,135円をつけました。
配信株価より111%の上昇を記録しております。


●9月7日(金)に配信致しましたサンケン電気【6707:終値 245円】が
上昇を続け、本日 269円をつけました。
配信株価より110%の上昇を記録しております。


●9月7日(金)に配信致しました大正製薬HD【4581:終値 6,250円】が
上昇を続け、本日 6,420円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。


●9月10日(月)に配信致しましたジーテクト【5970:終値 1,747円】が
上昇を続け、本日 1,815円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。


●9月11日(火)に配信致しましたセンコー【9069:終値 328円】が
上昇を続け、本日 335円をつけました。
配信株価より102%の上昇を記録しております。


●9月12日(水)に配信致しました島津製作所【7701:終値 540円】が
上昇を続け、本日 566円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。


●9月12日(水)に配信致しましたテレビ朝日【9409:終値 111,100円】が
上昇を続け、本日 118,500円をつけました。
配信株価より107%の上昇を記録しております。


●9月13日(木)に配信致しましたカネカ【4118:終値 380円】が
上昇を続け、本日 401円をつけました。
配信株価より106%の上昇を記録しております。


●9月13日(木)に配信致しましたリンテック【7966:終値 1,432円】が
上昇を続け、本日 1,498円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(9月分、10月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!


       ▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
           http://kabuocool.com/

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー


メルマガバックナンバーコメント(0)

1813:セコム、東電からデータセンター事業を500億円で買収

2012/09/18 (Tue) 21:41
今日は雨が降ったり変な天気でしたが、秋の空模様といった形で少しずつ朝晩の冷え込みなども含めてあきめいてきていますね。

そんな中で東電のニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120918-00000521-san-bus_all

セコムは18日、東京電力のデータセンター事業運営子会社の株式の過半数を、約500億円で買収する方針を固めた。東日本大震災後に需要が急増している、企業の重要データのバックアップ事業を拡充する目的で、東電は大型資産の売却にメドをつけ、合理化の目標達成に弾みをつける。

 セコムが買収するのは、東電子会社の「アット東京」(東京都江東区)で、都内で複数のデータセンターを運営している。年間売上高は約250億円で、東電がグループで株式の約8割を保有している。東電は売却後も同社株の約3割を引き続き保有する方向で最終調整しており、月内にも合意する見通し。

 セコムはセコムは都内に複数のデータセンターを開設、警備事業で持つ企業の契約基盤を生かした事業拡大を目指しており、東電からの事業買収で、規模は大幅に拡大する。昨年の震災以後、企業の事業継続計画(BCP)の一環で、保有する重要データのバックアップを目的とする需要が急増していることに対応する。

 東電は原子力損害賠償支援機構と共同で策定した総合事業特別計画に、2011年度から3年間で総額で7000億円超の資産を売却する方針を盛り込み、グループ会社株など保有資産の売却を進めていた。セコムとは原子力発電所の警備事業で協力関係にある。

こういった形でセコムが買収に動き出したことで今後東電がどういった形で事業展開していくのかおっていきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1812:◆10日配信のプレス工業【7246】が配信後わずか5日で短期で13%の上昇達成!

2012/09/18 (Tue) 15:53
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本日の市場概況】
18日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反落した。
終値は前週末比35円62銭(0.39%)安の9123円77銭と、きょうの
安値圏で引けた。
満州事変の発端となった柳条湖事件から81年目を迎え中国各地で
反日デモが広がるなど地政学的リスクの高まりが投資家心理を冷やした。
もっとも、日銀の金融政策決定会合の結果発表をあすに控え、
一方的に下値を売り込む動きは乏しかった。

中国での販売・生産比率が相対的に大きいファストリや日産自が商いを
伴って売られ、相場の重荷となった。
特にファストリは1銘柄で日経平均を52円押し下げた。
「日中関係の悪化は長期的な課題となりそうで、中国への収益依存度の
高い銘柄の持ち高を見直す売りは続く可能性がある」という。
日経平均は前週末にかけての3営業日で約350円上昇したこともあり、
日銀の会合結果発表を控えて持ち高を調整する目的の売りも出た。
外国為替市場で円相場は対ドルで前週末に比べ下落したものの、
地政学的リスクの高まりが要因との見方も多く、輸出株の支えとは
ならなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

3銘柄

本日は昨日の米国市場が小幅に値を下げたことや中国の反日デモ警戒、
明日の日銀政策金利決定会合を控えている要因から中国関連株を中心に
売り込まれ日経平均を押し下げる展開となる中、昨日配信の3銘柄中
1銘柄が寄り付きより力強い動きで右肩上がりに上昇し2%の上昇達成!
残りの2銘柄は惜しくも利食い達成とはならなかったものの
仕込みとしては絶好。
明日から期待の持てる配信となった。



【今日のPick Upスナイパー銘柄】
本日のPick Up銘柄は今月7日に配信したサンケン電気【6707】です。

半導体の不振で直近大きく売り込まれていましたが、電源ユニットは、
不振のテレビ向けから付加価値高い医療用等にシフトしテコ入れしており
業績寄与。
スナイパートレードの会員様に配信してからはすでに5%の上昇をはたして
いますが、今期大きく業績も回復が見込まれており、まだまだ上値余地は
あるような気がします。

※無料メルマガをご覧の方はここからの売買は自己責任でお願いします。

爆発前の優良株を知りたい方は是非有料メルマガへのお申し込みを
お待ちしております!
全力でサポート致します。

▼▼▼▼
http://kabuocool.com/




【最近の配信結果】
●9月4日(火)に配信致しました国際石油開発帝石【1605:終値 438,000円】が
上昇を続け、本日 504,000円をつけました。
配信株価より115%の上昇を記録しております。


●9月6日(木)に配信致しました住友商事【8053:終値 1,022円】が
上昇を続け、本日 1,128円をつけました。
配信株価より110%の上昇を記録しております。


●9月7日(金)に配信致しましたサンケン電気【6707:終値 245円】が
上昇を続け、本日 256円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。


●9月7日(金)に配信致しました大正製薬HD【4581:終値 6,250円】が
上昇を続け、本日 6,380円をつけました。
配信株価より102%の上昇を記録しております。


●9月10日(月)に配信致しましたプレス工業【7246:終値 322円】が
上昇を続け、本日 364円をつけました。
配信株価より113%の上昇を記録しております。


●9月10日(月)に配信致しましたジーテクト【5970:終値 1,747円】が
上昇を続け、本日 1,794円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。


●9月12日(水)に配信致しました島津製作所【7701:終値 540円】が
上昇を続け、本日 565円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。


●9月12日(水)に配信致しました日立化成工業【4217:終値 1,133円】が
上昇を続け、本日 1,179円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。


●9月12日(水)に配信致しましたテレビ朝日【9409:終値 111,100円】が
上昇を続け、本日 114,000円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(9月分、10月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!


       ▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
           http://kabuocool.com/

テーマ : 明日の注目銘柄 - ジャンル : 株式・投資・マネー


メルマガバックナンバーコメント(0)

1811:再生エネに参入ラッシュ=主力は太陽光・風力発電―原発事故受け注目高まる

2012/09/16 (Sun) 23:35
今日は日本競馬の至宝ともいうべきオルフェーヴルが凱旋門賞の前哨戦のフォア賞で快勝して日本のホースマンの夢を一心に背負って、本番へとステップアップしていくといったような一日に個人的に感じています。

さてそんな中で今日は再生エネルギーのニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120916-00000054-jij-soci

太陽光発電など再生可能エネルギーへの参入ラッシュが続いている。東京電力福島第1原発事故を契機に導入の機運が高まり、7月には再生エネルギーで起こした電気を長期間にわたって電力会社に購入させる「固定価格買い取り制度」も始まった。相次ぐ多様な業種からの進出をてこに、将来は「脱原発」の穴を埋める電力供給源に育つか注目されている。
 経済産業省によると、買い取り対象となった設備の合計出力は、7月1日の制度開始から1カ月間で約56万7000キロワット。このうち4割をメガソーラー(大規模太陽光発電所)、2割を風力発電が占め、主戦場になっている。
 石油元売りのJX日鉱日石エネルギーは、2013年1月に仙台製油所西地区(宮城県多賀城市)でメガソーラー事業を開始する。東日本大震災の津波で大きな被害を受け、移転したタンクローリー用出荷施設の跡地に発電所を建設。JXは「停電時には、起こした電力で地元住民が携帯電話の充電などをできるようにしたい」と地域貢献拠点としての活用も検討している。
 また、日用品大手ユニ・チャームは福島、静岡、香川3県で、住宅メーカーのエス・バイ・エルは茨城、山口両県で、それぞれ自社工場の屋根を使ったメガソーラー事業を計画している。
 地域活性化を狙う自治体のメガソーラー誘致も盛んだ。ソフトバンクグループなどは鳥取県の協力を受け、長く塩漬けになってきた米子市の干拓地で、13年7月に出力3万9500キロワットと国内最大級の施設を稼働させる。ソフトバンクの孫正義社長は「狭い日本で未利用地が放置されるのはもったいない」と強調している。
 丸紅も茨城県の公募に手を挙げ、同県神栖市の鹿島港沖で、17年ごろの開始を目指して洋上風力発電事業をスタートさせる予定。
 ただ、再生エネルギーの電力供給への貢献度はまだまだ低い。7月末の買い取り対象設備の合計出力は、7月に再稼働した関西電力大飯原発3号機(福井県おおい町)の半分以下。しかも、太陽光は夜間は発電できず、風力の発電量は気象条件に左右されて安定しない。再生エネルギーが存在感を発揮するには、時間がかかりそうだ。 

震災以降、再生エネルギーににわかに注目が集まっており今後どういったエネルギー政策を打ち出していくのか日本全体で考えていく必要性があると思っております。

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1810:地方で確実に進行する“お土産革命”

2012/09/14 (Fri) 22:57
季節は秋といった感じで朝晩は過ごしやすい気温になってきましたね。

さて今日は一風変わったニュースをピックアップ!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120914-00000302-nipponcom-soci

◆定番の焼き直しでは売れない土産物

あふれんばかりの土産物が、地方空港や駅構内で売られている。日本人の土産好きは、一つの文化かもしれない。

日本の観光土産市場は、実に2兆5000億円(観光物産総合研究所調べ)。これほど大きなマーケットだけに、新規参入組も続々といった感がある。ただし、卓越したアイデアなどはそう出るものではない。ひとつヒット作が生まれると、似たような他社商品がぞろぞろと並ぶことになる。最近の例では、カレー味のあられやせんべい。北海道で火がつき、またたく間に関東や関西でも同様な商品が売られるようになった。

しかし、2兆5000億円の膨大な市場を冷静な目でみると、実は先行きが明るいとも限らない。観光物産総合研究所によると、売り上げはここ数年は横ばい。消費者のサイフのひもが固くなって、定番商品の目先を変えたような土産物では、もう見向きもされなくなっている。

ところが―。まさに目先を変えただけに見えなくはない土産商品が、いま旋風を巻き起こしている。その理由を調べていくと、これは土産業界の革新にもつながるのではと思えてくる大きなヒントが見える。まずその話から。

◆“こわけ”で挑む富山の土産革命

「越中富山幸のこわけ」。JR富山駅や富山空港の売店を中心に売られている、かわいらしい包みの土産物である。手のひらに収まるような小さなサイズで、このシリーズで合計20品目。鯛の姿をかたどったカマボコ、ぶり大根寿し、しろえび姿干しなどのほか、和三盆を使った繊細な和菓子もラインアップされている。大半の商品が、ワンコインで買える500円前後の低価格。しかも富山という観光県でもない地域で、さして宣伝をしていないにもかかわらず、昨年2月の発売以来、1年で売り上げは3000万円にのぼった。今年5月には最高益を出したともいう。

小さな包みの“こわけ”だから、同僚や友人の顔を思い浮かべながら「この人にはこれを」と選ぶこともできるし、自分向けのちょっとした土産にするにも価格的に抵抗がない。

この「幸のこわけ」、革新的なところは2つある。

1つめは、ラインアップされている商品は、ひとつ残らず、もともとあった商品であるという点。地場のメーカーが古くから作り、販売してきたものだ。新規に開発して、人々の耳目を集めようとしたものではない。取ってつけたような、急ごしらえの開発商品とは違う。ただし、富山在住、富山出身の人間が見ても「あ、この店の商品なら薦められる」と納得できるものばかりをラインアップしているところがミソ。それら商品を、小さなパッケージにまとめ(つまり500円前後で買えるようなサイズにしてある)、包みには共通の意匠(デザイン)を施している。

◆“ます寿司”を欠番にした厳しさ

2つめは、ここに並ぶ商品は「峻別(しゅんべつ)されたもの」である点。審査委員たちの討議や試食を繰り返したうえで、「幸のこわけ」に加えられる。これが形ばかりのものでないことは、次のエピソードが示している。

富山といえば、ますの寿司(すし)が有名。当然、「幸のこわけ」もラインアップに加えようと、各社に打診した。それに応じたメーカーのます寿司は、試作段階ではおいしかったが、量産を始めて店頭に並べた品物は、審査委員の眼にかなう水準ではなかった。そこでどうしたか。商品は店頭から全部回収。再度の試作を依頼したが、味がやはり良くない。結果、そのメーカーには撤退を命じ、以来、ますの寿司は「幸のこわけ」の中で“欠番”となっている。一度出した商品に、ここまで徹底して駄目を出すことは、できそうでできないことだろう。

この「幸のこわけ」、プロジェクトを推進しているのは、県の出先機関・富山県総合デザインセンターである。自治体(の出先機関)が、地場産業を護送船団式にリードするならともかく、メーカーを峻別して、ときには駄目出しをして撤退させる……というのは、かなり挑戦的な取り組みだ。

◆プロジェクト推進は県の出先機関

このプロジェクトを推進する小幡豊、窪英明の両氏に話を聞くと、理由は明快だった。ひとつは「自分たちが本気で人に贈りたいものを選ばなくては意味がない」。出先機関とはいえ、県が絡むプロジェクトで、これはできそうでできないことだろう。実際、「ウチの社も入れろ」などという横やりもあったとも聞く。

もうひとつは「これまでの行政のやり方を刷新したかった」ことだ。2014年度末、富山へは北陸新幹線が開通する。それを受けて新しい土産物を開発せよ、という指示が県庁内で飛び交っているらしい。しかし、民間とは違う行政は多くが「やっては、やめて」の繰り返し。地場の民間企業は振り回されるだけだし、そもそもそれでは実効は上がらない。そうした悪弊を打破し、腰を据えて、もともとある実力派商品に光を当てたかったという、プロジェクト担当者の言葉は重く響く。

県庁内には「『幸のこわけ』がヒットしたのだから、別の部署でも似たようなプロジェクトを立ち上げよ」「『幸のこわけ』のロゴマークを自由に使えるようにせよ」といった声もあるらしい。だが、それをしては、土産業界の革新にも地場産業の支援にもつながらないと、私は思う。古い物にも魅力はあるし、峻別こそが大事―。「幸のこわけ」プロジェクトからは、いくつもの教訓が見えてくる。

◆漁師を救った徳島の“生きている海苔”

もうひとつ、今回紹介したい事例が「生きている海苔」。これは徳島県の食品衛生検査会社スペックが発売した商品である。

文字通り、生きた状態の生海苔(なまのり)を味わえるというもので、価格は1パック1050円。現時点ではメールオーダーして取り寄せる冷凍食品の形をとっているので、厳密には現地で購入する土産とは言い難いが、私はこの商品が徳島の新しい名産品になると踏んでいる。駅や空港に注文カウンターなどを設ければ、面白い存在になるだろう。

徳島は海苔漁が盛んだが、近年、海苔の価格下落と、漁のコスト高騰で、状況は厳しさを増している。

苦境にある海苔漁師を救おうと、3年前にスペックの社長である田中達也氏が、新しい海苔の商品開発にと立ち上がった。同社はもともと検査会社で、食品開発や製造販売に携わるのは、これが初めてだった。それでもプロジェクトを進めたのは、地元漁師を助けたいとの一心だったと聞く。

◆「門外漢」が生海苔の保存技術を編み出す

昨冬の終わりごろ、私は徳島を訪れ、海苔漁師の家で、採れたばかりの生の海苔を味わった。海苔を丼にどさっと入れ、そこに橙(だいだい)を絞り、砂糖と醤油を無造作にかけて、ひと混ぜしただけ。その味は―いつもの海苔とはまったくの別物。磯の香り、などという言葉では足りない。海をそのまま食べている、そんな味だった。

「これを商品化したい」と、スペックの田中社長は考えた。ところが海苔漁師は一笑した。海苔は採って半日もすれば変質してしまい、駄目になるからだった。(だから、海苔は海苔漁師の手で収穫されたら直ちに板海苔に加工し、出荷する)。

名だたる大手メーカーや大学の研究所が、生海苔の保存技術を開発しようと、数十年も試行錯誤を繰り返したが、成功したところは皆無。にもかかわらず、社員20人強、しかも食品加工の門外漢であるスペックが、どうして技術を獲得できたのか。

◆成功の秘訣は、「宝物は足許にある」

答えはあっけないほど簡単で、「考えられるマトリックスをすべて試したからだ」という。冷凍する温度、冷凍する速度、そして冷凍する海苔の含水量。それら3つの変数から導かれるマトリックスをひとつ残らずテストしたら、成就した、という。

大手メーカーや大学との違いは、そこだけだった。そこだけだが、同社は愚直なまでに実験を繰り返したわけである。このところ、各地の中小企業が大手メーカーにあっと言わせる商品を作り出す事例が多いのは、こうした違いによるものなのだと、私は思う。背水の中小企業は、先の見えない実験でも、ときに突き進む決断を下すものだ。

「たかが海苔に1000円も出すの」と驚く人もいるに違いない。私も実際そうだった。だが、この「生きている海苔」、ほかでは決して味わえない存在だ。発売から1年余りだが、徳島名産品としての地位を築きはじめ、一般消費者のほか、すでに京都や東京の名料理店からの引きもあるという。

今回の2つの商品に共通しているのは「宝物は足許にある」ということである。新たな名産品をこしらえて町おこしをするのに、大物コンサルタント、有名シェフなどの招へいは必須ではない。ヒットする土産物が育つ芽は、ちゃんとハナから、そこにあるからだ。


こういった形で様々な手法でコンテンツを作り出すことが必要不可欠なのではないかと改めて感じさせられますね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1809:◆4日に配信の国際石油開発帝石【1605】が短期11%の上昇達成!

2012/09/14 (Fri) 15:44
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本日の市場概況】
14日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に3日続伸。
終値は前日比164円24銭(1.83%)高の9159円39銭で、終値ベースで
8月23日(9178円)以来の高値を付けた。
米連邦準備理事会(FRB)が前日まで開いた米連邦公開市場委員会
(FOMC)で、住宅ローン担保証券(MBS)の追加購入や、
事実上のゼロ金利据え置き期間の延長を柱とした量的緩和第3弾
(QE3)の実施を決定。
景気の下支え期待から前日の米ダウ工業株30種平均が206ドル高と急伸し、
東京市場でも金融や輸出、素材株などを中心に全面高となった。
円相場が対ドルで1ドル=77円台後半で高止まりしたことは特に警戒されず、
後場は上げ幅を200円近くまで拡大する場面があった。

米QE3をきっかけに投機マネーの動きが活発化し、リスク資産への
資金流入や仕掛け的な株価指数先物買いが上げに弾みを付けたという。
アジア株式相場の全面高も買い安心感を誘った。
市場では「欧米当局が強力な金融緩和と株高誘導の姿勢を鮮明にしたことで、
株価水準は押し上がった印象が強いが、実体経済とのかい離や対ドルでの
円高リスクは気掛かり」との声があった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

3銘柄

本日は昨日のFOMCのQE3発表が好感されたことで米国市場で200ドル超の
上昇が好感され、日本株も寄り付きより買い先行、一時9,200円台回復を
試す動きも見られる買い優勢の展開の中、昨日配信の3銘柄は惜しくも
利食い達成とはならなかったものの仕込みとしては絶好。
週明けから期待の持てる配信となった。



【今日のPick Upスナイパー銘柄】
本日のPick Up銘柄は今月6日に配信したNTT【9432】です。

直近大きく売り込まれていましたが、本日の日経平均の上伸が手伝って
75日線を上抜けてきました。
会員様はすでに利食いポイント達成となっていますが、本日上伸スタート
という動きで週明けからも期待が持てる動きとなっています。
今期は増配見通しで目立つような業績の押し上げ材料は特にありませんが
非常に堅調な動きで再度3,800円オーバーを試すことも考えられます。

※無料メルマガをご覧の方はここからの売買は自己責任でお願いします。

爆発前の優良株を知りたい方は是非有料メルマガへのお申し込みを
お待ちしております!
全力でサポート致します。

▼▼▼▼
http://kabuocool.com/




【最近の配信結果】
●8月31日(金)に配信致しましたヤフー【4689:終値 26,930円】が
上昇を続け、本日 29,930円をつけました。
配信株価より111%の上昇を記録しております。


●9月4日(火)に配信致しました国際石油開発帝石【1605:終値 438,000円】が
上昇を続け、本日 486,500円をつけました。
配信株価より111%の上昇を記録しております。


●9月6日(木)に配信致しました住友商事【8053:終値 1,022円】が
上昇を続け、本日 1,116円をつけました。
配信株価より109%の上昇を記録しております。


●9月6日(木)に配信致しましたNTT【9432:終値 3,570円】が
上昇を続け、本日 3,650円をつけました。
配信株価より102%の上昇を記録しております。


●9月7日(金)に配信致しましたサンケン電気【6707:終値 245円】が
上昇を続け、本日 253円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。


●9月7日(金)に配信致しましたタケエイ【2151:終値 1,535円】が
上昇を続け、本日 1,639円をつけました。
配信株価より107%の上昇を記録しております。


●9月10日(月)に配信致しましたプレス工業【7246:終値 322円】が
上昇を続け、本日 356円をつけました。
配信株価より111%の上昇を記録しております。


●9月10日(月)に配信致しました住友倉庫【9303:終値 341円】が
上昇を続け、本日 353円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。


※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(9月分、10月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!


       ▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
           http://kabuocool.com/

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


メルマガバックナンバーコメント(0)

1808:“スポーツ家電特需”薄れる効果 五輪不発、地デジ先食い影響

2012/09/12 (Wed) 23:06
今年はどんな秋になるのかなと考えたときにやっぱり食欲の秋になることは間違いなさそうです。

さて今日は五輪特需不発のニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120911-00000012-fsi-bus_all

8月のデジタル家電製品全体の販売額は前年同月に比べ23.6%落ち込んだことが、市場調査会社BCNが11日集計した全国家電量販店の店頭販売データで明らかになった。

薄型テレビの販売が前年同月比54.0%減ったことが響いた。昨年の家電エコポイント制度終了や地上デジタル放送への移行に伴う需要の先食いで、期待されていたロンドン五輪による特需は埋もれてしまった格好だ。

 BCNの道越一郎アナリストは「五輪に限らないが、スポーツイベントによるデジタル家電の特需は近年、ほとんど見られなくなってきている」と指摘する。デジタル家電製品の販売額は昨年8月以降、13カ月連続で前年割れとなった。薄型テレビの販売不振が今夏も続いているからだ。

 これに対し、テレビやデジタルカメラに取り付ける周辺機器の販売は堅調に推移している。特に、ミラーレス一眼人気を背景に、デジタルカメラの交換レンズの販売本数は、7月に前年同月比43.0%、8月に28.9%それぞれ増加するなど好調が続く。平均単価も5万円弱の水準が続き、安定している。

 今後のデジタル家電市場について、道越氏は「薄型テレビやスマートフォン(高機能携帯電話)を基盤とした新たな展開によって回復するだろう」と分析している。

こういった形で不発に終わった特需分をどういった形で利益をあげていくのかしっかりと分析しながら投資していきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1807:◆先月31日に配信のヤフー【4689】が短期9%の上昇達成!

2012/09/12 (Wed) 17:47
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本日の市場概況】
12日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発した。
前日の終値と比べ152円58銭(1.73%)高い8959円96銭で高値引けし、
8月30日以来、9営業日ぶりに8900円台を回復した。
前日の米株式相場の上昇と堅調だった7月の機械受注統計が支えとなり、
内需・ディフェンシブ株を中心に買いが入った。
朝方は輸出関連株の一角が円高・ドル安を嫌気した売りに押される場面が
あったが、午後にユーロが対円で強含み、円高・ドル安も一服感が
広がったため、売り先行で始まった銘柄は徐々に買い戻しが優勢になった。

内閣府が朝方発表した7月の機械受注統計で、民間設備投資の先行指標となる
「船舶・電力除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比4.6%と、
QUICK集計の市場予想の中央値(1.6%増)を上回った。
発表を受け、機械株などが買い戻された。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

2銘柄

本日は昨日の米国市場が69.0ドル高となる13323.3ドルとなる年初来高値を
更新したことが好感され日本株も150円を超える大幅高となる展開の中、
昨日配信の2銘柄は惜しくも利食い達成とはならなかったものの
仕込みとしては絶好。
明日から期待の持てる配信となった。



【今日のPick Upスナイパー銘柄】
本日のPick Up銘柄は今月6日に配信した新明和工業【7224】です。

8月半ばより日経平均が下落基調に入りましたので配信自体を少なく控えて
おりましたが、今月に入りECBのドラギ議長の国債買い入れに対する発言が
好感されて、ユーロが買われ始めました。
それをきっかけに新明和工業を配信し、本日付で6%の上昇を
達成しております。
業績やテクニカル面からみても9月初旬にいったん押したところから再度
下値を切り上げて上昇トレンドを形成するのではないかとみています。

ただ、何度も言うようですが、無料メルマガをご覧の方はここからの
売買は自己責任でお願いします。

爆発前の優良株を知りたい方は是非有料メルマガへのお申し込みを
お待ちしております!
全力でサポート致します。

▼▼▼▼
http://kabuocool.com/


【最近の配信結果】
●8月31日(金)に配信致しましたヤフー【4689:終値 26,930円】が
上昇を続け、本日 29,430円をつけました。
配信株価より109%の上昇を記録しております。


●9月4日(火)に配信致しました国際石油開発帝石【1605:終値 438,000円】が
上昇を続け、本日 456,500円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。


●9月6日(木)に配信致しました新明和工業【7224:終値 378円】が
上昇を続け、本日 400円をつけました。
配信株価より106%の上昇を記録しております。


●9月6日(木)に配信致しました住友商事【8053:終値 1,022円】が
上昇を続け、本日 1,080円をつけました。
配信株価より106%の上昇を記録しております。


●9月7日(金)に配信致しましたタケエイ【2151:終値 1,535円】が
上昇を続け、本日 1,633円をつけました。
配信株価より106%の上昇を記録しております。


※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(9月分、10月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!


       ▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
           http://kabuocool.com/

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー


メルマガバックナンバーコメント(0)

1806:新型iPhone、米GDP最大0.5%押し上げ=JPモルガン

2012/09/11 (Tue) 23:00
日本代表のサッカーも盛り上がって日本全体も活気づけばいいなと思っております。

さて今日はアップルのニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120911-00000040-reut-bus_all

JPモルガンのチーフエコノミスト、マイケル・フェローリ氏は、米アップル<AAPL.O>が今週発表する見込みの新型「iPhone(アイフォーン)」は、同社の利益だけでなく米経済全般を押し上げる可能性があるとの見方を示した。

型iPhoneの売上高は、第4・四半期米国内総生産(GDP)を前期比年率で0.25─0.5%ポイント押し上げる可能性があるという。

同氏は顧客向けリサーチノートで「いわゆるリテール・コントロール法で計算すると、iPhone5の売り上げは第4・四半期GDPを32億ドル、年換算で128億ドル拡大させる可能性がある。これは0.33%ポイントの押し上げとなり、これにより2%にとどまっている当社の第4・四半期米GDP予想の下振れリスクが限定される」と指摘した。

JPモルガンのアナリストは、第4・四半期のiPhone5の販売台数は約800万台と予想。販売価格は600ドル程度とみている。

フェローリ氏は、0.25─0.5%ポイントはかなり大きな数字で、懐疑的になる必要があるとする一方、最近の材料はこの予想と合致していると指摘した。

こういった形でGDPを押し上げているというのはものすごい事実だと思いますし、今後どういった影響を与えていくのかしっかりと追っていきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1805:パナソニックの格付けを「Baa1」に引き下げ=ムーディーズ

2012/09/10 (Mon) 22:09
秋の装いも少しずつ感じる中で体調管理だけはしっかりとしていく事が必要不可欠ですね。

さて今日はパナソニックのニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120910-00000070-reut-bus_allムーディーズ・ジャパンは10日、パナソニック<6752.T>のシニア無担保長期債務格付け・長期発行体格付けをA2からからBaa1に2段階引き下げたと発表した。格付けの見通しは安定的。

ムーディーズによると、今回の格付けアクションは、パナソニックの収益性の低迷とレバレッジの大幅な上昇を踏まえた措置。今後、収益性、レバレッジの改善は見込まれるものの、多くの最終製品市場で需要低迷、過当競争が続いていることから、改善ペースは緩やかなものになるとみている。

こういった形で日本企業の格付けが変動していく影響が今後どういった形で市場に影響を与えていくかしっかりと追っていきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1804:米FRB、ツイストオペで短期国債78億ドル売却

2012/09/10 (Mon) 10:30
[ニューヨーク 7日 ロイター]米連邦準備理事会(FRB)傘下のニューヨーク連銀は
7日、公開市場オペにより短期国債78億ドルを売却した。

応札額は898億6100万ドルだった。
米国債ポートフォリオの短期債を減らして長期債を増やす「オペレーション・ツイスト」の一環で、
2013年2月から2014年2月までに償還を迎える国債を売却した。

参考URL
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPJT819710820120907

んー、またまたツイストオペです。

これでまた日本株には明るい兆しが遠退く可能性が出てきました。

先週7日に8月の米国雇用者数が発表されましたが予想より大きく下落し
9.6万人(予想:13.0万人)だったことも影響したのでしょう。


去年の年末から今年の2月までなんて20万人を超えてましたからね。
それも手伝って今年の相場は1月~3月にかけて大きく上昇したのですが、それと比較すると
その半分ですから今の米経済状況をネガティブと捉える市場参加者の方が多いでしょう。


この影響から米国は7日にツイストオペを発表し、長期金利を引き下げて、景気好転のために
とにかくお金を使ってもらおうと必至です。


ツイスト・オペについて分からない人のために説明すると、

ツイストオペレーション(ツイストオペ)とは、短期国債を売る代わりに、それと同量の長期国債を買うことを言います。
この逆も同じです。

この政策のメリットは、短期債を売り長期債を買うことで長期金利を押し下げる効果があります。

また、短期債と長期債の両方を反対売買しますので、バランスシートも変化しません。
個人には住宅ローン金利などの長期金利の引き下げが期待できます。

長期国債が買われるということは、長期金利が下がることを意味します。
これは国債と金利の関係ですね。「国債価格が上がれば金利は下がる」ってやつです。

米国金利が下がるということは、世界のお金の流れはドル売りとなりますので、金利のいいところに
お金は逃げていきます。

それが日本だったりユーロだったりするわけですから、しばらくは円買いが進み、円高の恐れがあります。

特に為替の影響を受けやすい輸出関連銘柄に大きくポジションを傾けている方は少し調整するのも
一つだと思います。

先を見据えて動きましょう。

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1803:株式週間展望=神経戦も日本株出遅れ修正へ―米雇用情勢がQE3占う、好需給株、政策関連に注目

2012/09/09 (Sun) 18:50
週末天気も思ったほど崩れなかったので有意義な週末を過ごす事が出来た方も多いのではないでしょうか。

さて今日は週明けの株式市場の動向をチェックして行きたいと想います。

7日の東京株式市場で日経平均株価が191円高の8871円で高値引けとなり、大幅に続伸した。6日のECB(欧州中央銀行)理事会での南欧国債買い入れ合意で欧州不安が後退、米ADP雇用統計の改善もあり6日の欧米株式が大幅に上昇したことが支援となった。円高が一服したことでトヨタ自動車 <7203
銘柄情報

【7203】トヨタ自動車(株)

関連ニュース
銘柄別掲示板
ポートフォリオに追加
> 、ソニー <6758> 、東芝 <6502> といった主力株に買いが入り、東証1部の売買代金も1兆円を上回った。来週(10-14日)も海外で重要イベントが控え神経質にならざるを得ないものの、日本株は国際比較で見た出遅れ感が徐々に意識されてきそうだ。

 6日のECB理事会では南欧国債の買い入れで大筋合意。償還期間1-3年の国債を無制限に購入するもので、スペインなどの信用不安を払しょくする狙い。条件として資金繰りに陥った国がESM(欧州安定化メカニズム)に支援を要請することを求めている。この決定で欧州不安は一歩後退した形だが、ESMをめぐっては12日にドイツ憲法裁判所が、その合憲性審査の結果を発表する予定。ESM設立の前提ともなる決定であり、金融市場にとっても手控え要因となる可能性がある。

 一方、米国の雇用情勢も大きなポイント。6日発表の8月ADP雇用統計が事前予想を上回り、これも同日の米国株式上昇の背景となった。7日発表の8月雇用統計に対するマーケットでの事前予想もハードルがやや上がった。東京時間7日夕方時点では、市場予想の平均は非農業部門雇用者数の増加が前月比で12万-13万人と7月の16万3000人からは減少する見込み。実際の8月実績をみて12-13日のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、QE3(量的緩和策第3弾)が実施されるかどうかに市場の関心が集中する。

 米国の失業率は8%台で推移しており、大統領選を控える中で雇用問題は最重要課題。失業率が低下していくには15万-20万人程度の雇用者増が必要とされており、この数値とのカイ離も金融政策を決定する上で注目される。ただ、バーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長は、以前から必要なら追加金融緩和の用意があると発言しており、景気回復を示す統計が出た場合でも、含みを残すことで株式市場にとっても下支え要因となってきそうだ。QE3実施となった場合、日米金利差から為替市場でドル安・円高が進む可能性がある。こうなると18-19日に予定されている日銀金融政策決定会合での追加緩和策への期待が高まる公算が大きい。

 海外イベントを横にらみしながらの神経質な展開が予想されるものの、NYダウがリーマン・ショック後の高値を更新するなど海外市場に比較し日本株の出遅れが顕著。7日の市場ではボリュームもアップし、買い戻しが中心ながら反騰ムードが徐々に高まっている。10月にも政権移行が予想される中国で景気刺激策への期待から上海総合指数に底打ち感が出始めていることも支援材料となる。日経平均株価では25日移動平均線(8951円)を回復すると200日線(8985円)への復帰も期待される。ただ、14日には先物・オプション9月限のSQ(特別清算指数)算出も控え、先物市場での思惑的な売買には注意しておきたい。

 物色面では3月高値期日銘柄やカラ売りをのみ込んだ好需給銘柄などに注目。また、太陽エネルギー、地熱発電など再生エネルギー関連も折に触れ人気化する可能性がある。民主党代表選挙(21日)、自民党総裁選挙(26日)など政治の季節を迎え、政策に絡んだ材料株が動く公算もある。

こういった形で指標発表を背景として円高が続伸する可能性が懸念されておりしっかりとリスクヘッジしながらの取引を心掛けていく事が大事だと言う事ですね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1802:「ガリガリ君リッチコーンポタージュ」販売休止 赤城乳業公式に

2012/09/06 (Thu) 23:08
今日は急な雨で真っ暗な空に驚かされた一日でしたね。

さて今日はガリガリ君のニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120906-00000059-it_nlab-inet

赤城乳業は9月6日、「ガリガリ君リッチコーンポタージュ」の販売休止を明らかにした。現在の納品分をもって休止する。

 「ガリガリ君リッチコーンポタージュ」は9月4日に販売されたばかりで、わずか3日での緊急措置となる。赤城乳業によると、予想を大幅に上回る売れ行きにより商品供給が間に合わない状況のため、一時的に販売を休止するとのこと。販売再開に関しては現在検討中。

 なお、ネットに拡散した一部小売向けへのリリースによると、9月6日の納品分から休止する模様。つまり本日店頭にある分だけとなる。

こういった形で真意は定かではないもののこういったヒット商品が出ることはひとつニッチ菜産業でもマーケティング次第ではヒット商品を生み出すことができる次代なのかもしれないですね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1801:シャープの短期債務を投機級に格下げ ムーディーズ

2012/09/05 (Wed) 21:57
秋の夜長とはよくいったものですが、気温差で体調も崩しやすくなるので体調管理には注意していきましょう。

さて今日はシャープのニュースをピックアップ!
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20120905-00000520-biz_san-nb

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスの日本法人、ムーディーズ・ジャパンは5日、シャープの短期債務格付けを投資適格級の「prime3」から投機級の「not prime」に引き下げたと発表した。

シャープの流動性資金に不安があることを理由に挙げた。  シャープは台湾の精密機器メーカー、鴻海(ホンハイ)精密工業から出資を受けることで合意していたが、シャープの株価が急落したことを受け、出資額を再調整している。ムーディーズは当初の出資額が大幅に減額される可能性があると指摘した。

こういった形で依然として出口の見えないシャープの動向が今度どういった形で展開されていくのかしっかりと追っていくと共に日本企業の今後の競争力を含めた世界シェアでの動きにもしっかりと注視していきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1800:音楽業界サバイバル 「タワーレコード」の戦略とは

2012/09/04 (Tue) 23:09
少しずつですが秋らしい気候になってきたと感じる日が増えてきているように感じますね。

さてそんな中で今日は音楽業界のニュースをピックアップ!
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120904-00000509-san-ent

CD生産額がピーク時の半分以下へと落ち込む中、音楽ソフト販売のタワーレコードは、「現状でも世界最大規模」(同社)とされる旗艦店の渋谷店を11月にリニューアルし、CDの在庫を10万枚増やし80万枚とする。嶺脇育夫社長(45)は「ライブ」をキーワードに、リアル店最高峰を目指す考えだという。CD不況、そして音楽不況の下であえて“逆襲”に出る同社の戦略には、音楽産業のサバイバル(生き残り)のヒントがあるようだ

「音楽産業は過渡期にある。その中で今回を最後のチャンスととらえ、CDショップはどうあるべきか提案したい」

 タワーレコードは今年、新宿店と梅田大阪マルビル店も全面改装。大型店を集中的にリニューアルしている理由について、嶺脇社長はこう話す。音楽ソフトがよく売れていた時代には「見やすく」「買いやすく」を心掛ければ十分とされていた。だが、渋谷店は訪れた人の感覚に直接働きかけることで、音楽の魅力をより強く訴える店にする方針だ。そのためにインストアライブなどを行う催事スペースを各階に設け、地下1階は有料イベントも可能なライブスペースにする。ストリーミング配信の「ドミューン」と協力し、このスペースからライブや番組配信も行う予定だ。

 さだまさしの大ファンで、最近はAKB48のCDも買うという経済アナリストの森永卓郎さん(55)は「僕は一人のアーティストが好きになるとずっと買い続けるタイプなので、アーティストに会えるのは、店で買う大きな動機になると思う」と話す。音楽ソフトは、どこで買っても内容は同じで、値段も同一。それゆえ、アマゾンなどのインターネットの通販サイトが人気だ。

 嶺脇社長は「在庫は増やすが、それでも通販サイトには勝てない」と現実を認めた上で、「リアル店舗では音が流れているし、臭いもあれば目にも訴えることができる。ネットより情報量はずっと多い。店に入れば何かの出会い、何かの発見ができるよう工夫する」と語る。ネットの強みを取り込みつつも、リアル店舗の強みを生かしてより多彩な情報提供をするという。

 タワーレコードは自社レーベルを持ち、眠っている音源をCD化する“発掘”にも力を入れている。「よそで手に入らないCDを扱っているということは強力な来店の動機付けになる。売り上げの多い少ないだけでは測れない価値がある」と嶺脇社長。前出の森永さんは、タワーレコードが在庫を増やすことを最も評価する。「街のCDショップが減り、ヒットチャート上位の作品を上位にいる間しか扱わない店が多い。そこに行けば欲しいものが買えるという安心感があるのはうれしく、逆に、それをやらなければお客さんは来ないのでは」

 嶺脇社長は、レコード・CD店が伝統的に大切にしてきた価値観を守ることも強調する。「店員にとって何が一番うれしいかというと、自分がいいと思ってプッシュしたものが売れ、それが広がること。僕自身、その喜びは経験している。ファンには自分の好きなアーティストを推薦している店で買いたいという感情がある。そして両者の気持ちは共鳴し合う。これが大きい」。ショップ発のヒットを出すことが目標だそうで、「レコード屋が音楽ファンじゃなくなったら終わり」と言い切った。

 日本レコード協会によると、CDなどの生産額は平成10年に6074億円でピークを記録したあと年々減少を続け、23年は2818億円と市場は半分以下に縮小した。代わりに伸びが期待される有料音楽配信も、22年以降は売り上げの前年割れが続いている。CDショップの数も減っている。日本レコード商業組合の加盟店数は平成4年の約3200店をピークに、今年4月現在で約650店にまで落ち込んだ。タワーレコード以外では、HMVが全国43店舗をショッピングモールのテナントを中心に展開。親会社のローソンの店舗内のマルチメディア端末を利用してCDを発注できるサービスを行うなど、販売チャンネルの多様化を図っている。

こういった形でニッチな産業の中でもどういった形で結果を出していけるかが焦点であり、伝統を重んじそして企業としての理念を大事にすることの大切さを教えられているのかもしれないですね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

1799:株式週間展望=依然重苦しい展開―8月米雇用統計が焦点、QE3実施なら日本当局の施策に注目

2012/09/01 (Sat) 22:22
今日は突然の豪雨など変わりやすい天気でしたが、少しずつ秋の様相をこれから呈していくのではないかと思っております。

さて週明けの株式市場の動向についてチェックしていきたいと思います。

今週(8月27-31日)は現地31日の米ジャクソンホールにおけるバーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長の講演を控え、為替相場が1ドル=78円50銭絡みでこう着。方向感を打ち出せない中、日経平均株価は8900円を割り込み、東証1部の売買代金は連日1兆円を割り込んだが、来週(9月3-7日)も同様に重苦しい相場展開が続くと予想する。

 売買代金の1兆円割れは8月15日以来、都合13日連続。これは昨年12月12日から今年1月17日まで20日連続1兆円を割って以来のこと。当時はタイの大洪水が収束に向かい始めて一息ついたところ、ギリシャの無秩序なデフォルト(債務不履行)への懸念が膨らみ、欧州債務問題が再燃していた。

 それに対し、今回は現地8月22日に公表された7月31日-8月1日のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事録に絡み、QE3(量的金融緩和第3弾)への期待がにわかに高まったが、その後の経済指標が全体的に好転する中、関心はバーナンキ議長のジャクソンホールでの講演に集中。ドル・円相場がこう着状態となる中、東京株式市場では方向感が打ち出せず、3月高値の期日が近づいていることもあり、全般に軟調な展開となった。

 こうした流れを受けた来週だが、米国では現地4日の8月ISM製造業景況指数、6日の8月ADP雇用統計および8月ISM非製造業景況指数、そして7日の8月雇用統計と、重要な経済指標の発表が控えている。特に7日に雇用統計が控えていることを考えると、ジャクソンホールの講演でバーナンキ議長がQE3に含みを持たせることはあっても実施を明言するとは考えにくく、QE3への言及は12-13日のFOMC待ちとの見方が31日の市場に根強い。また、6日のECB(欧州中央銀行)理事会への期待感もあるが、9月12日にはドイツ憲法裁判所によるEMS(欧州安定化メカニズム)の合憲性の判断を控えており、今週と同様に方向感を打ち出せない状況が続きそうだ。

 ただ、QE3について、過去2回の量的緩和時には円高が進んだが、2度あることが3度あるかどうか。三匹目のどじょう狙いの動きは相当、為替相場に織り込まれているとみられ、日本も量的緩和、円売り介入で対抗すれば円高を十分阻止できる可能性がある。日銀が量的緩和のカードを温存し続けているのもこの対応のためと考えたい。

 再生可能エネルギーや耐震補強など社会インフラ関連、食品、医薬品、小売、通信など内需株主導の動きは続きそうだが、円高修正となった場合、輸出ハイテク株中心の主力株が想定外に上昇する公算もあり、臨機応変な対応が望まれよう。

こういった形で米雇用統計などの指標発表を踏まえながらの取引になりますのでしっかりとリスクヘッジをしていくと共に早め早めの動きが肝心になってくると思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/ http://kabuocool.com/

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。