FC2ブログ

プロフィール

sss

Author:sss

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

MASTER FXメルマガ
MASTER FXメルマガ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2098:携帯電話苦戦のパナソニック、ITCN株を全売却 事業再構築か

2013/08/16 (Fri) 23:31

パナソニックが、携帯電話販売店の運営などを手がけるアイ・ティー・シーネットワーク(ITCN、東証1部)の保有株を全株、同社に売却したことが16日分かった。ソニーと韓国サムスン電子の2機種を優遇販売するNTTドコモの「ツートップ」戦略で、パナソニックの携帯電話事業は苦戦中。ドコモショップなどを運営するITCNへの出資メリットが小さくなった。

 ITCNは昨年10月、パナソニックの当時の子会社を吸収合併し、その買収代としてパナソニックにITCN株の20%を渡していた。

 パナソニックの子会社、パナソニックモバイルコミュニケーションズが関東財務局に提出した大量保有報告書によると、今年8月9日の市場外取引で、ITCNがパナソニック側の持ち株全株を引き取った。パナソニックの売却額は約90億円。

 同社は、携帯電話事業を再構築し、余分な保有資産を売却することで財務体質の改善も狙う。
.

【関連記事】
NTTグループ、iPhoneをネット販売 SIMフリー版で格安
“サムスン帝国”凋落の予兆 稼ぎ頭のスマホ失速、韓国経済への影響懸念
日の丸スマホ、苦境あらわ ガラケー開発戦略が裏目に…見えぬ反転攻勢
幸之助が泣いている…パナ「水道哲学」行き着く先は「脱家電」の皮肉
パナソニック戦略に株主興味なし?「ゴーン待望論」経営陣へ痛烈批判も
スポンサーサイト

池田のひとり言コメント(0)

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。