FC2ブログ

プロフィール

sss

Author:sss

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

MASTER FXメルマガ
MASTER FXメルマガ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2039:炎上、なりすまし対策…ネット選挙に商機も

2013/04/21 (Sun) 20:21
週末は天気も悪く真冬日といった気温でしたが早くまた暖かくなってすごしやすい時間になってほしいものですね。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

1日1クリックお願いします

さて今日はネット選挙のニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130420-00000324-yom-bus_all

インターネットを利用した選挙運動を解禁する改正公職選挙法が19日可決・成立したことを受けて、IT(情報技術)業界は、夏の参院選に向けたサービス提供に向けて動き出した。

 サイト制作代行の「ガイアックス」は、ネット関連業務を一手に請け負うスタッフを派遣する。スタッフは選挙事務所に常駐し、ホームページの更新やフェイスブックなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の運用や、ネット上で批判が殺到する「炎上」対策に当たる。

 ガイアックスは、ネット選挙が解禁されても、候補者は、二の足を踏んで、あまり利用しない消極派が半数を超えるとみる。同社は「参院選は選挙区が広い。ネットを活用しないのは致命的」と呼びかける。

 NTTコミュニケーションズは、簡易投稿サイト「ツイッター」での炎上対策を売り込む。日本語で書き込まれたすべての発言を24時間監視、顧客の政党・候補者に関する発言が急増したら、検出日時や数、内容の分析を顧客に知らせる。タイムリーな説明や反論に役立ててもらう。

 ネット選挙で最大の懸念は、第三者が候補者をかたる「なりすまし」だ。サイトやメールが本人のものであることを示す電子証明書を発行する「GMOグローバルサイン」は、政党や議員、候補者向けに発行を始めた。サイトには公式サイトであることを示す専用シールを掲載する。

 政党や候補者などが送るメールにもシールが付き、受信者が配信元を確認できる。GMOは利用を促すため、サイト用は全党に無料で提供する。

こういった形で各社アベノミクスの恩恵を受ける企業も多く今後どういった形で波及していくのか業績に貢献していけるのかしっかりとおっていきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
スポンサーサイト

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

≪前の記事 ◆16日配信のタイセイ【3359】配信わずか4営業日で株価1.5倍達成!その他20%~30%上昇銘柄続出!
≫次の記事 株式週間展望=決算発表にらみ強調展開―為替前提レート判断材料に、自動車・不動産が物色の柱

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。