FC2ブログ

プロフィール

sss

Author:sss

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

MASTER FXメルマガ
MASTER FXメルマガ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2041:川崎重工業と三井造船に経営統合案、先行きは流動的=関係筋

2013/04/22 (Mon) 21:00
今日は雨も上がり日中は春らしい陽気でしたがまだまだ風も冷たかったりしますのでしっかりと体調管理をしていくことが大事ですね。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

1日1クリックお願いします

今日は川崎重工と三井造船のニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130422-00000009-reut-bus_all

川崎重工業<7012.T>と三井造船<7003.T>に経営統合案が浮上していることがわかった。実現すれば連結売上高は2兆円規模となり、三菱重工業<7011.T>に次ぐ造船・重機会社の設立となる。ただ、関係筋によると、当事者内でも経営統合に慎重な意見が根強く、交渉の先行きは不透明だ。

複数の関係筋によると、両社は経営統合に入るか否かを検討している。交渉入りの可否を判断するにあたり、両社ともそれぞれ複数のファイナンシャルアドバイザー(FA)を起用している。ただ、正式なアドバイザリー契約は結んでいない。主要取引銀行とは検討を重ねてきた。

川崎重工は、三井造船の子会社、三井海洋開発<6269.T>などが持つ洋上の石油・ガス精製技術が今後のエネルギー開発戦略に欠かせないとみているもよう。三井造船も、規模の拡大により建材などの調達コスト削減や技術開発を強化できるとみられる。

ただ、造船・重工業界は中核の造船事業において、韓国・中国勢の増産により需給過剰状態で、新規の受注が振るわない厳しい経営環境にある。そのような中、造船への依存度が高い三井造船との統合効果について疑問視する見方は根強い。一方、次世代のエネルギー開発技術を強化するために、統合メリットは大きいとの見方もある。

22日付の日本経済新聞朝刊は、両社が統合交渉に入ることが明らかになったと報じた。合併を軸に持ち株会社方式など経営統合の方式を幅広く検討し、早ければ来年度中にも統合するという。

川崎重工は一部報道に対し、「当社が発表したものではなく、またそのような事実もない」とのコメントを発表した。三井造船は「当社として発表したものではない」としている。

こういった形で真偽のほどはまだはっきりしないものの老舗企業の統合ともなれば業界に与える影響も大きいでしょうからしっかりと今後の動きには注視していきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
スポンサーサイト

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

≪前の記事 ◆ありがとうございます!残り3名でメルマガ締め切ります! タイセイに続き、サイネックス、BBタワーも配信後短期で1.5倍達成!
≫次の記事 ◆16日配信のタイセイ【3359】配信わずか4営業日で株価1.5倍達成!その他20%~30%上昇銘柄続出!

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。