FC2ブログ

プロフィール

sss

Author:sss

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

MASTER FXメルマガ
MASTER FXメルマガ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2056:株式週間展望=海外イベントにらみ、もみ合い―好決算銘柄が相場を下支え、「成長戦略」テーマ物色も

2013/05/04 (Sat) 19:12
GWも後半に入り、自分なりに楽しんでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

1日1クリックお願いします

さて今日は週明けの株式市場の動向をチェックしていきましょう。

2日の株式市場では4連休を控え見送りムードが強まるなか、前日のNY株式安や1ドル=97円台前半への円高進行を受け輸出関連株に売りが先行、日経平均株価は105円安の1万3694円と4日続落となった。4連敗は昨年11月5-13日の7日続落以来で、今回のアベノミクス相場では初めて。「波乱説」が浮上する5月相場に警戒ムードも台頭するところ。もっとも、この日も大きな悪材料が出て売り込むといった動きにはなっておらず手じまいが中心。後半戦に突入する企業の決算発表では着実な業績好転が予想され、押し目買いを誘う要因となる。調整があっても一時的となろう。

 来週(7-10日)の株式相場は高値圏でもみ合う展開を予想する。国内企業の良好な決算発表が下支えとなる一方、米国景気の先行きに不透明感が出始めており、米経済指標をにらみ全般は神経質にならざるを得ない。日経平均は1万3500-1万4000円を想定する。

 日本時間2日夕方時点では、利下げ観測の出ている2日のECB(欧州中央銀行)理事会、3日の米4月雇用統計の結果は出ていない。1日のFOMC(米連邦公開市場委員会)後の声明では資産買い取りの増減の可能性に言及したものの、今後の金融政策を占う上では雇用統計に焦点が集まりやすい。ただ、すでに発表された4月のADP(オートマチック・データ・プロセッシング)雇用統計が市場予想を下回ったほか、米4月ISM(米サプライマネジメント協会)製造業景況指数も低水準にとどまったことで、政府発表の雇用統計に関しては、改善期待のハードルがやや低くなった感がある。

 こうした海外イベントに左右されやすい局面ながら、国内では企業の決算発表が後半戦に突入、物色面では最大の注目材料となる。これまでは好決算銘柄に対し良好な反応を示す一方、保守的な見通しを発表した銘柄が売られる展開が続いてきた。来週は7日にLIXILグループ <5938> 、三井物産 <8031> 、三菱地所 <8802> 、8日にはトヨタ自動車 <7203> 、10日に新日鉄住金 <5401> 、日産自動車 <7201> など業界大手の決算発表が控える。

 為替前提を含めた企業による業績予想とアナリストによる市場の事前予想とのカイ離が株価の変動要因となり、実際の発表を見てからの反応が焦点。その意味では、主力企業の発表が相次ぐ来週は、より個別対応の色彩が濃くなってこよう。新興市場の活況に象徴されるように、値幅取りを狙った資金は中・小型株に流入。逃げ足も速いため、好決算銘柄に関しても、機動的な対応が求められる。中・長期スタンスなら押し目買いを徹底したい。
 一方、6月に向けいわゆるアベノミクスの「3本の矢」の1つである成長戦略が物色テーマとして見直されてくる局面も予想される。バイオ関連を筆頭に国土強靭(きょうじん)化、農業、育児、観光、エネルギーなどのテーマに沿う銘柄が折に触れ物色されており、こうした材料株にも引き続き目を配りたい。

 スケジュール面では9日の4月の都心オフィスビル空室率、中国の4月消費者・生産者物価、10-11日のG7(主要7カ国)財務相・中央銀行総裁会議などが注目される。

こういった形で業績予想を含んだ形でしっかりと見据えながらしっかりと取引をしていくことが必要不可欠ですね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
スポンサーサイト

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

≪前の記事 ◆日経平均14,000円台回復!EAJ【6063】が本日も続伸で株価2.3倍達成!
≫次の記事 1~3月期の営業益半減=客数減、円安で輸入食材費増加―マクドナルド

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。