FC2ブログ

プロフィール

sss

Author:sss

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

MASTER FXメルマガ
MASTER FXメルマガ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2064:株式週間展望=円安基調受け強調展開―日経平均1万5000円視野、政策関連テーマ浮上も

2013/05/12 (Sun) 22:42
GWも終わってそろそろ休みボケも抜けてきたのではないでしょうか。五月病にならないように気持ちを切り替えて仕事に打ち込んでいきたいものですね。

さて今日は週明けの株式市場の動向をチェック!


 来週(13-17日)の株式相場は円安を背景に強調展開が続くと予想する。10日の為替市場で約4年1カ月ぶりに1ドル=101円台まで円安が進行。9日に発表された米国の新規失業保険申請件数で労働市場が改善していることが確認され、これまで関門となっていた1ドル=100円の壁を一気に突破、ドル買い・円売りの流れに拍車が掛かっている。10日の日経平均株価は416円高の1万4607円と急反発、08年1月4日以来の高値となり、2008年6月の戻り高値1万4489円を上回るとともに、07年7月高値から09年3月安値までの押し幅の3分の2戻し(1万4526円)も達成した。5月のSQ(特別清算指数)1万4601.95円もクリアしたことで、テクニカルは上値指向を示唆している。

 昨年11月からのアベノミクス相場では円相場が対ドルで約21円下落、日経平均は約5900円上昇した。あくまで単純計算ながら「1円円安で約280円上昇」の威力がある。当面円安が進むとなれば、日経平均は1万5000円台を目指す展開となろう。スピード警戒感は強いものの、企業の好決算を受け日経平均のPERは9日時点で18倍台まで低下、割高感は薄れており、全般の下支え要因となる。外国人投資家の買いも予想され、日経平均の下値メドは1万4200円どころを想定する。

 もちろん、為替動向を左右する米経済指標の発表が来週も相次ぐ。13日の4月小売売上高、15日の4月鉱工業生産・設備稼働率、16日の4月住宅着工件数、消費者物価などが注目されるが、景気の好調を示す内容が出れば、いわゆる金融緩和の出口戦略が意識されドル買い・円売りの連想が働こう。国内機関投資家の外債投資の思惑も、円安の背景となってきそうだ。ただ、米国の出口戦略は米国株式市場にとっては、必ずしもプラスに働くとは限らない点には注意しておきたい。

 一方、国内では13年3月期決算発表が15日でほぼ一巡する。大成建設 <1801> 、大林組 <1802> など大手ゼネコンやメガバンクの決算が注目される。決算終了で買い手掛かりは減るものの、既発表決算の内容分析から好業績株の見直し買いが期待される。また、6月に向け政府の成長戦略がクローズアップされる時期でもあり今後、政策関連のテーマ株物色にも勢いが出てきそうだ。

 このほか、13日には4月の中国の鉱工業生産高・小売売上高が発表される。中国の景気鈍化が日本株市場にも影響を与えてきただけに、今後の動向を占う上で関心が集まっている。

こういった形で101円台をつけた円安の同行をうけて今後の輸出関連を含めて幅広く物色していきたいものですね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
スポンサーサイト

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

≪前の記事 ◆お待たせしております、あと2日後(5月15日)に10名限定で有料メルマガ募集再開致します!
≫次の記事 ◆勝率100%記念!5月15日(水)より10名限定で有料メルマガ再募集致します!

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。