FC2ブログ

プロフィール

sss

Author:sss

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

MASTER FXメルマガ
MASTER FXメルマガ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2087:ソフトバンクのスプリント買収案、米当局が安全保障対策を承認

2013/05/30 (Thu) 20:01
今日は日本代表対ブルガリアの親善試合ということもあってサッカーファンが街にあふれそうですね。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

1日1クリックお願いします

今日はソフトバンクのニュースをピックアップ!
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130529-00000073-biz_reut-nb

ソフトバンク<9984.T>は、201億ドル規模の米スプリント・ネクステル<S.N>取得計画で、買収に伴う安全保障面での対策で米当局と合意した。両社が29日、明らかにした。

発表によると、米外国投資委員会(CFIUS)は両社に対し、同案件の審査を完了するとともに、安全保障上の懸念は解決されたとの認識を示した。

合意の内容については明らかにしていない。

買収完了には複数の米当局の許可が必要で、CFIUSによる承認はその最初の一歩となる。今後は連邦通信委員会(FCC)の審査が必要になる。

関係筋がロイターに明らかにしたこところによると、当局との合意では、特定の状況において、スプリントの通信機器購入に関し、米政府が拒否権を有するほか、政府はスプリントの取締役会メンバーを含む4人からなる委員会を創設し、安全保障上の合意を順守しているかどうか監視する。

またスプリントが米高速無線通信事業会社クリアワイヤ<CLWR.O>の経営権を握り、ソフトバンクが2016年末までにスプリントの経営権を握った場合、ソフトバンクは、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)<HWT.UL>の機器をスプリントとクリアワイヤの通信網から取り除くことでも合意した。

ソフトバンクは昨年10月、スプリントの株式70%を取得することで合意。ただその後4月には、米衛星放送サービス会社ディッシュ・ネットワーク<DISH.O>がスプリントに255億ドルの対抗案を提示し、ソフトバンクによるスプリント買収は、米国の安全保障の脅威になるとして一連の広告キャンペーンを打ち出している。


こういった形でソフトバンクの今後の展開が盤石の態勢へと段階的にシフトしていっているのではないかと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
スポンサーサイト

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

≪前の記事 株式週間展望=為替横目に下値模索―米雇用統計など重要指標続々、目先は低位の材料株
≫次の記事 外食のロイヤル、若手社員の基本給引き上げ 最大5%

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。