FC2ブログ

プロフィール

sss

Author:sss

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

MASTER FXメルマガ
MASTER FXメルマガ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2088:株式週間展望=為替横目に下値模索―米雇用統計など重要指標続々、目先は低位の材料株

2013/06/02 (Sun) 13:04
今日は天気もよく過ごしやすい週末でしたからしっかりと活用して、梅雨の晴れ間を大事にしていきたいと思います。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

1日1クリックお願いします

さて今日は週明けの株式市場の動向をチェックしていきましょう!

週末5月31日の東京株式市場は、FRB(米連邦準備制度理事会)による金融緩和解除懸念が和らいだことを背景に米国株が上昇したことや、為替相場が円安に振れたことで、日経平均株価は反発した。もっとも、市場に安堵(ど)感はなく、今後も為替相場など外部要因に神経質な展開が続きそうだ。特に来週(6月3-7日)は、米5月雇用統計はじめ重要スケジュールが多く、波乱含みの中で下値模索局面が続こう。

 名実とも6月相場入りとなる来週の東京株式市場は、中・長期上昇トレンドの中での調整局面が継続しそうだ。昨年の衆院解散が事実上決定した11月14日からその後の高値まで日経平均は80.3%上昇した。半年間での上昇率は東証再開の1949年以降4番目に高い水準だ。このため相応の値幅調整と日柄調整は必要だ。値幅的には1万3500円がボトム圏。取引時間内の今年高値1万5942円(5月23日)からその後の取引時間内の安値1万3555円(5月30日)までの調整率は約15%。5月22日に10.06%あった日経平均の25日線カイ離は、27日に25日線を割り込み、30日にマイナス5.74%の大幅逆カイ離となった。日柄的には、6月14日のメジャーSQ(特別清算指数)あたりが分岐点になりそうだ。それまでは低位の材料株が幕あいつなぎ的に物色人気を集めよう。自動車株など為替感応度の高い外需株は押し目狙い。

 来週の東京株式市場はひとつの正念場を迎える。6月1日に発表される中国5月製造業PMI(購買担当者指数)の結果を受けた週明け3日の相場展開が気掛かりだ。5月23日の暴落のきっかけとなったのが、HSBC発表による中国の5月PMIだったからだ。速報値で49.6(4月は50.4)と景気の好不調の分岐点とされる50を7カ月ぶりに割り込み、これを受け、1万6000円を目前にしていた日経平均は1143円安と崩落。HSBC発表で出尽くしたとみるのが一般的だが、不安定な相場環境の中では売り直されるということもしばしばあるため要警戒。

 最大の注目点は7日に発表される米5月雇用統計。4月は非農業部門雇用者数が前月比16.5万人増と市場予想を上回り、3月の改定値も13.8万人増(速報値8.8万人増)に上方修正された。市場はこれを好感し、円安加速とともに日本株も急伸した。5月も雇用情勢が良いにこしたことはないが、金融緩和の出口戦略の材料になりかねず、マーケットがどう反応するか注視したい。雇用統計に先立って5日に発表される、5月ADP(オートマチック・データ・プロセッシング)雇用統計による民間部門雇用者数の結果も要注目だ。

 米国の景況感を判断する上で注目される5月ISM(米サプライマネジメント協会)製造業景況指数の発表は3日。4月は50.7で景気の良しあしの分岐点50は上回ったものの2カ月連続で低下。5月の市場予想は50.5とさらに低下する見通しだ。

 海外スケジュールでは、このほか米5月ISM非製造業景況指数(5日)、ECB(欧州中央銀行)理事会(6日)、米・中首脳会談(7日)、中国5月消費者物価・生産者物価・鉱工業生産・都市固定資産投資・小売売上高(7日)などが注目される。国内では、法人企業統計(3日)、5月都心オフィス空室率(6月)。

 今後も日本株の物色の柱として期待される自動車株に影響を与える米5月新車販売台数の発表(3日)も興味深い。4月は季節調整済み年率換算で1488万台とフシ目の1500万台を半年ぶりに割り込んだ。5月の市場予想は1510万台に増加する見通し。トヨタ自動車 <7203> はじめ大手メーカーなどの場合、北米売上高が今期増益計画の原動力になっており、その販売動向が注目される。

こういった形で株式市場も調整ぎみですがしっかりと指標発表に注視しながら取引をしていくことが必要不可欠ですね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
スポンサーサイト

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

≪前の記事 ◆本日より6月分 有料メルマガ会員 募集再開致します!
≫次の記事 ソフトバンクのスプリント買収案、米当局が安全保障対策を承認

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。