FC2ブログ

プロフィール

sss

Author:sss

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

MASTER FXメルマガ
MASTER FXメルマガ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2091:日本酒とワイン「冷やし」提案 ビールに流れる夏需要取り込め

2013/06/04 (Tue) 19:43
今日は日本代表とオーストラリアのワールドカップ最終予選ということで日本中が注目しているのではないでしょうか。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

1日1クリックお願いします


今日はビールのニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130604-00000503-fsi-bus_all

暑さが本格化するこれからの季節を前に、酒類メーカー各社は「冷たさ」を強調したアルコール飲料の売り込みに奔走している。これまで氷点下に冷やしたビールなどが話題の中心だったが、最近では日本酒を氷で割って飲んだり、常温で楽しむ赤ワインを冷やしたりする“冷やし”を提案、今やブームになりつつある。ビールなどに流れがちな夏場需要を取り込む戦いが熱を帯びてきた。

特に力を入れているのが日本酒業界。関西の灘・伏見・伊丹の酒造会社11社で組織する「日本酒がうまい!推進委員会」は5月、夏の新しい日本酒の飲み方として「日本酒ロック」を提案した。日本酒ロックは、グラスいっぱいの氷に日本酒を注いで飲むスタイル。冷酒よりさらに冷たく、のどごしやキレの良さを楽しめる。これを夏の新定番として普及させようと、各社はロックにあう大吟醸などをラインアップ。夏場にビールへ流れがちな日本酒ファンや女性にアピールしていく。

 同委員会に加盟する月桂冠(京都市伏見区)は、「氷でうまい酒」「氷原酒」など氷をテーマにした商品を並べる。「ウイスキーがハイボールで需要を拡大したように、日本酒も新たな飲み方の提案で新市場を創出できる」(同社)と意気込む。1970年代のピークに比べ約3分の1まで減少する日本酒市場復権へ鼻息も荒い。

 一方、ワインなど洋酒も負けてはいない。アサヒビールは4日、イタリアのワイン製造カルタン社と共同で開発した“冷やして飲む赤ワイン”「エスティヴォ・コロラート」を発売。赤ワインには、温かい状態でおいしく感じる温旨酸が多く含まれていることから、常温で飲む愛飲家が多い。コロラートは、軽快な果実味のあるイタリア北部の土着品種「スキアーヴァ」を使用しており、冷やすことでさわやかな味わいを楽しめるように工夫した。

 国内ワイン大手のメルシャンは昨年3月、冷やしても常温でもおいしい赤ワインのブレンド技術を使った「エブリィ」シリーズを発売した。初年度で10万ケース(1ケースは12本)を売り上げるヒット商品となり、「冷やして飲む」新しいスタイルに手応えをつかんだ。

 サントリーワインインターナショナルも2011年、カリフォルニアワイン「カルロ ロッシ」を氷で割った飲み方“ロッシ ロック”を提案。昨年末までに全国約1万5000の飲食店で取り扱われ、冷やしワインブームの火付け役となった。気象庁の6~8月予報では、全国的に高温傾向が続くとされる。それだけに、今夏のアルコール飲料の冷やしブームは大いに盛り上がりそうだ。

こういった形でこれからビール商戦がどういった形で各社顧客を取り込んでいけるのか試行錯誤を繰り返していくといったところですが、多岐にわたるユーザーの好みをどれだか把握してマーケティングしていくことができるかが勝負のカギではないでしょうか。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/
スポンサーサイト

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー


池田のひとり言コメント(0)

≪前の記事 イチからわかる「シェールガス革命」
≫次の記事 日本郵便、郵便局屋上で太陽光発電 まず286局で実施

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。